【初心者向け】代行業者を「経由する」中国輸入と代行「経由しない」中国輸入

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

 

中国輸入ビジネスには、大きく分けて2つの方法があります。

1つは「代行業者を経由する」方法で、もう1つは「代行業者を経由しない」方法です。

「代行業者を経由する」方法のメリットは、検品面や仕入先や物流会社との折衝を代行してくれるということです。デメリットは、代行手数料が生じることです。

一方、「代行業者を経由しない」方法のメリットは、代行手数料は不要のため原価を抑えられることです。デメリットは、第三者による検品はなく国際送料も高めであることです。

どちらがよいということではなく、どちらの方法でも稼ぐことができ、使い分けがポイントです。

 

今回は、「代行業者」を通す中国輸入と「代行業者」を通さない中国輸入の良し悪しについて考察します。

 

 

中国輸入での2つの仕入先

空手教室の子供たち

中国輸入での仕入先は、「実店舗仕入れ(現地買付)」と「ネット仕入れ」の2つがあります。

「現地買付」とは、その名の通り、中国現地の卸市場での直接買付や中国現地の工場との商談を指します。

メリットは、未だ日本の市場に出回っていない製品(=中国国内のみ流通している製品)を発掘できる可能性があることです。

デメリットは、現地へ赴くための飛行機代や宿泊代、交通費、アテンド料をかけた割にはよい製品が発掘できないこともある。ということです。

私の持論になりますが、「現地買付」は、中国の雰囲気を味わいたい方やOEMセンスのある方、自力で開拓する力や中国輸入に対し相当の熱意がある方に向いている手法です。

 

一方、「ネット仕入れ」では、「タオバオ(天猫)」「アリババ」といった2大モールにて、インターネットを通じて買付する手法が王道です。

インターネットに繋がる環境(できればPC)さえあれば、日本にいながら、しかも旅費などの費用もかからず買付できることがメリットです。

デメリットは、現物確認を行わず(行えず)サイト上の情報を元に買付するため、粗悪品に当たることも往々にしてあることです。

 

なお、「AliExpress」や「国際版タオバオ」「国際版アリババ」といったモールであれば、代行業者を通さずとも買付~国際発送まで自己完結できますが、粗悪品のリスクを鑑み代行業者を間に挟む方も多いです。

 「現地買付」でも、交渉や注文、検品、国際発送を「代行業者」や「エージェント」が間に入るケースが多いです。
 「ネット仕入れ」のうち、AliExplessでの直接仕入の手法を好む方もいますし、代行業者を挟む手法を好む方もいます。コンサルの先生の考え方や自信の経験に左右されます。
 当社は、年に4回を目安に中国OEM工場視察ツアーを開催しています。

 

タオバオは中国版と国際版がある

中国語を習うイメージ ニーハオ

現地卸市場での買付や現地工場との交渉といった手法は、少しハードルが高くなりますし、交通費を含め相応の費用も要しますため、この記事では、「ネット仕入れ」での手法に絞って解説いたします。

前項で、「ネット仕入れ」では「タオバオ(天猫)」と「アリババ」で買付するのが王道であることを述べました。

 

「タオバオ(天猫)」と「アリババ」の名前を聞いたことがある方は多いように思いますが、それぞれ「中国版」と「国際版」があることをご存じの方はまだまだ少ないように思います。

日本で、「タオバオ」と検索してみますと下記URLが表示されます。

https://world.taobao.com/

実は”world”を含むURLは、国際版タオバオのURL(=中国以外の国と地域からアクセスしている証)です。

 

モール名中国版URL国際版URL
タオバオ(淘宝)https://www.taobao.comhttps://world.taobao.com/
アリババ(阿里巴巴=1688)https://www.alibaba.com/https://www.1688.com/
天猫(T-mall)https://www.tmall.comhttps://www.tmall.com/
 上記はトップページのURLです。「タオバオ」の商品ページのURLは、中国版も国際版も"https://item.taobao.com/*"や"https://s.taobao.com/*"です。*の部分に下部階層のアドレスが入ります。

 

国際版タオバオで直接注文せず、「代行業者」を経由する理由

車内からの景色

国際版の「タオバオ(天猫)」や「アリババ」でも、クレジットカードさえあれば日本から直接購入することができます。

実際に、コロナ禍において「タオバオ」でマスクを購入なさっている方もいましたし、個人利用を主な目的として中国にしか出回っていない製品を購入なさっている日本人も一定層います。

twitterやリアルタイム検索のアプリで「タオバオ 購入」などで検索してみますと、購入した商品についてのtweetを見ることができますので、参考として、一度見てみるのもよいかもしれません。

 

ここで疑問に思うのが、日本からでも「国際版タオバオ」へアクセスし購入できるのであれば、なぜ「代行業者」を通す手法も支持されているのか。ということではないでしょうか。

理由は、「言葉の壁」「国際発送の料金」「品質の問題」の3つです。

 

1. 言葉の壁

中国に関わらず、インターネットで物品を購入しますと、思っていた商品と違っていたり粗悪品が届いたりということは日本でも比較的よくあることです。

そのような場合、あなたは店舗へクレームをし、返品・返金・交換・補填等の依頼や交渉をすることになります。

日本でも店舗へ依頼するのは案外手間ではないでしょうか。場合によっては店舗とトラブルになることもあります。

 

そのようなトラブルは、国際貿易(=中国輸入)となりますとさらに増えるものです。

そこで、代行手数料は生じますが、「代行業者」を間に入れることで、交渉を代行してもらうことができます。

 店舗との折衝を行わない代行業者もございます。ご利用前に確認することをオススメはいたします。
 日本の中小企業や大企業が海外と取引する際、お金を払ってでも間にエージェントを入れるのは、上記のような理由が1つとしてあります。

 

2. 国際発送の料金

「タオバオ(天猫)」や「アリババ」の店舗は、商品調達や商品の売買には精通していますが、国際発送の専門業者ではありません。

そのため、国際発送できる店舗を見つけ、国際発送の依頼ができたとしても、国際送料は「代行業者」に比べ非常に高い(とんでもなく高い!)です。

 

たとえば、「タオバオ」の国際発送ができる店舗へ注文した場合、商品は、下記の流れで日本へ届きます。

タオバオ店舗 → 4px(中国の国際転送業者) → 中国通関 → 日本通関 → 日本の指定住所

「タオバオ」の決済画面で4pxを選択しますと、450gの夏物ワンピースの場合、72元前後が表示されます。

当社ですと500gまでが55元ですから、差額は17元(=250円)程度が生じることになります。

 

そして、確定ボタンを押下すると次の画面で「国際発送できません」といったオチもよくあります。

「タオバオ」はCtoC(またはBtoC)をターゲットにしたモールのため、あなたが一元さんの消費者(C)であれば「国際版タオバオ」は利用の価値はありますが、「タオバオ」に出品中のすべての商品が国際発送できるわけではないのです。

そのような理由から、ビジネスで中国輸入を実践する場合は、「代行業者」を経由することで、「タオバオ」のすべての商品を対象にリサーチすることができ、リサーチにかける時間と手間を省くことができるようになります。

 国際ルールで、取引できない品目の製品もあります。たとえば、ハイブランド品など知的財産権を侵害する製品や両国間で輸出入が禁止されている製品など。

 

3. 品質の問題

仮に、「タオバオ」の店舗より国際発送ができたとしても、品質は本当に商品ページに記載の内容の通りのものが届くのでしょうか。

また、色やサイズは同じものが届くのでしょうか。

穴あきはないのか、破損や汚れはないのか、付属品は付いているのか、個数は正しいのか、バリエーションは同じなのか。。

 

「タオバオ」の店舗は、メーカーもいますが、転売ヤーもいれば、無在庫セラーも多く存在します。

店舗の評価が高くとも、あくまで評価しているのは購入した中国人(タオバオは中国人をターゲットにしているモールです)です。

現物を確認した上で国際発送するのが無難ですし、一度国際発送してしまいますと、仮に商品に不具合があった場合、「タオバオ」の店舗に補填を求めますと先に商品の返送を求められます。そして、日本→中国の国際送料はあなたが持つことになります。

 

そのような理由から、「代行業者」へ検品を依頼することで不具合のリスクを軽減することができます。

 不具合品のリスクは、「代行業者」へ依頼すれば100%なくなるわけではございません。「代行業者」ごとのスキルによる部分が大きいですが、100%無くすことは期待なされないことをオススメはいたします。日本の大企業が利用している検品所でも不良率が1%程度は生じますし、1%であればSランクの検品所です。
 当社の検品不良率は、直近一年間のデータによりますと0.36%です。検品不良率=利用者からの不良申請の数÷期間中の注文数*100

 

alipay(アリペイ)があれば、「代行業者」を経由しない輸入できる

アリペイのロゴ

中国国内で「タオバオ(天猫)」や「アリババ」で購入する場合、決済方法は必ず支付宝(alipay、アリペイ)という電子マネーです。

クレジットカード決済でも銀行振込でもすべてalipayに紐づけて決済します。

逆に、alipayさえあれば、「代行業者」を経由せずとも「タオバオ(天猫)」や「アリババ」で自分で決済することができます。

しかし、外国人がalipayに登録するには「中国での銀行口座が2つ」や「中国国内で利用できる電話番号」が必要で、現地在住者でない限りなかなかハードルが高いです。

また、仮にalipayを作ることができたとしても、すべての店舗が国際発送に対応できるわけではないですから、売れそうな商品や利益が取れそうな商品が見つかったとしても、国際発送できないということも往々にして起こります。

 

「代行業者」を経由しない中国輸入の手法とは

世界地図にピン

では、どのような方法であれば「代行業者」を経由せず中国から輸入することができるのでしょうか。

答えは、「AliExpress」というモールを利用することです。

「AliExpress」であれば、あなたが買付を行い、あなたが国際発送まで指示することができます

 

また、世界中に発送可能なモールのため、中国語は元より英語でもやり取りすることができます。

実際にわたしの知り合いには「AliExpress」を利用した中国輸入ビジネスで、1商品で月利数百万円~数千万円を稼いでいる方もいます。

 

今回は、「AliExpress」でのリサーチ方法については詳しく触れませんが、イメージとしては、日本で売れ筋の商品や関連商品、中国で流行っている商品を「AliExpress」で試しに数点購入し、日本のアマゾンや楽天市場、メルカリなどで販売して、売れ行きがよい商品をリピートするといった輸入ビジネスではあるあるの手法です。

ただし、月利数百万円~数千万円規模になりますと、経験や目利き、資金力も必要になります。

 

また、「AliExpress」は、店舗から前述の4pxという転送倉庫(通関業、国際運送も行う)に商品を送ったのち、4pxが中国通関から日本までの運送部分を請け負う流れになります。

正直、4pxの手数料や国際送料は安くはないですし、佐川急便やヤマト運輸に比べ紛失や破損が非常に多いですので、不具合が起きにくい製品でない限り、私はあまりオススメはしていないです。

 4pxは検品はサポートしていないです。そのため、はじめて仕入れる商品は数点をサンプルとして取り寄せてから、よければ追加オーダーといった流れをオススメします。
 「AliExpress」でのリサーチに特化したGoogle Chromeの拡張機能も存在します。詳しくは、下記記事をご参照ください。

 

まとめ

釦

「代行業者を経由せず」中国から自力で輸入する場合、輸入することはできますがとてもハードルとリスクが高く、そして商品選定までの時間を要すことがわかりました。

一方、「代行業者」を経由すると、代行手数料はかかりますが、買付や検品、梱包、発送、店舗との折衝、不具合品の対応までケアしてくれます。

時間をお金で買うという感覚で「代行業者」を利用すると良いかと思います。

あなたの時間は最も高価で、価値があるものです。任せられることは「代行業者」に関わらず、どんどん任せていきたいものですね!

 

本日もお読みいただき、誠にありがとうございました^^

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう