タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
AliExpressの安全な支払い方法は? 支払いまでの流れを解説

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
AliExpressで買い物したい商品があります。公式サイトも確認したのですがよくわかりませんでした。日本からの支払い方法にはどんなものがありますか?

今回は、こちらのご質問にお答えします。

 

AliExpressでの支払いに関するtweet

AliExpressは日本語で表示されているので、かもすると、タオバオや1688に比べ、なんだか安心して買えそうな雰囲気がありませんか。もし、少しでも安心して買いたい!ということであれば、コンビニ払いがおすすめですよ。クレジット情報を入力する必要がありませんからね。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長
ネット購入ならクレジットカードが便利ですけれど、リスクもありますよ!

 

それでは見ていきましょう。

 

AliExpressの支払い方法一覧

AliExpressには、次の支払い方法があります。

多くの日本人は、クレジットカードかプリペイドカードでの支払いになると思います。

後述しますが、安全に支払いをしたい方にはプリペイドカードかコンビニ払いがオススメです。

なお情報に関しては、適宜変更されるため、会員向け公式サイトのヘルプページを適宜ご確認ください。

出典AliExpress公式サイトのヘルプページ

 

クレジットカード メリット:手数料が安い、手間がかからない、後払いできる
デメリット:為替レートに影響される、使い過ぎるおそれがある、不正利用されるおそれがある
手数料:海外事務手数料 (カード会社やブランドによって異なる)
デビットカード メリット:審査不要、即時払い、手間がかからない、使い過ぎるおそれがない
デメリット:一括払いのみ
手数料:海外事務手数料 (カード会社やブランドによって異なる)
プリペイドカード メリット:審査不要、即時払い、個人情報の入力が不要
デメリット:一括払いのみ、利用不可のカードもある
手数料:海外事務手数料 (カード会社やブランドによって異なる)
電信送金(海外送金) メリット:インターネットバンキングに対応した銀行なら24時間送金可能、個人情報の入力が不要
デメリット:時間がかかる、米ドルへの換金が必要、手数料が高い
手数料:送金手数料+中継銀行手数料+為替手数料 (銀行によって異なる)
Western Union(ウエスタンユニオン) メリット:現金送金対応、日本語対応あり、オンラインで24時間送金可能
デメリット:為替レートによる負担あり
手数料:国際送金手数料(送金する金額や送金先による)
WebMoney(ウェブマネー) メリット:口座送金に対応
デメリット:ロシアの決済代行サービスで、日本語対応なし
手数料:送金手数料、為替手数料
コンビニ決済(ファミリーマート) メリット:個人情報の送信が不要
デメリット:返金処理が煩雑、返金はアリエクスプレスのウォレットへ(有効期限60日間)
手数料:毎回150円

 

利用可能なクレジットカードブランド一覧

Visa、American Express、MasterCard

 

支払いに使えない決済方法一例

PayPal、代引き、ディスカバーカード

目次に戻る▶▶

 

AliExpressの安全な支払い方法

AliExpressで支払いをする際、個人情報の流出や、クレジットカードの不正利用などに対し、不安を持つ方は多くおられます。

次に、より安全な支払い方法を紹介します。

 

詳しくみていきましょう。

プリペイドカード・デビットカード

プリペイドカードやデビットカードで支払う際は、個人情報の入力は不要です。

個人情報流出が不安な人におすすめです。

国際カードブランド付きプリペイドカードであれば、クレジットカードと同様に使用できます。

 

プリペイドカードは、チャージされた残高のみ利用できる仕組みです。

そのため、万が一不正に利用されたときでも、被害を最小限に抑えられます。

 

デビットカードは、決済時に銀行口座から直接引き落とされます。

使い過ぎる心配がないうえ、両替手数料は不要です。

デビットカードで支払うには、支払いの際、チェックアウトページで使用するカードを追加し、カード情報を保存します。

支払いのとき以外でも「アカウント」の「支払いページ」から、デビットカードの情報を追加できます。

 

コンビニ払い

2023年11月より、AliExpressの支払いがコンビニからできるようになりました。

ファミリーマートでのみ対応可能です。

決済手数料は、1回の支払いにつき150円かかります。

コンビニでの支払い後に注文をキャンセルした際は、AliExpressのウォレットにボーナスとして返金されます。

この使用期限は60日以内です。

期限切れに気を付けましょう。

コンビニ払いの登録手順は次のとおりです。

 

  1. AliExpressで商品を注文する際「コンビニ払い」を選択
  2. メッセージが受信できる携帯電話番号を入力
  3. AliExpressから届いたメールにある6桁の認証コードを入力
  4. メールアドレスを入力して送信
  5. 名前と姓を入力して「保存&確認」をタップ

 

これでコンビニ払いの登録は完了です。

登録完了後は、ファミリーマートのレジに「Mコピーサービス申込用バーコード」を提示して支払います。

もしくは、店頭のマルチコピー機に「お問い合わせ番号(支払いコード)」と「電話番号」を入力して申込券を発券したのち、レジで支払いをします。

参考「ファミリーマートでのお支払い」

 

PayPal※(2024年5月時点)日本での使用不可

インターネット上での支払い・送金を安全におこなえる、電子決済サービスです。

PayPalを利用することで個人情報は暗号化され、銀行口座やクレジットカードの情報を店舗に知られることなく、支払いができます。

ただし、支払う金額に比例して手数料が増えます。

PayPalの新規登録手順は次のとおりです。

 

  1. PayPalの公式サイトにアクセス
    「新規登録(無料)はこちら」をクリックして登録へと進みます。
  2. アカウントの種類を選択
    パーソナル(個人)アカウントとビジネスアカウントから選択します。
  3. 個人情報を入力
    メールアドレス・パスワード・氏名・住所・電話番号などを入力します。
  4. メールアドレスの認証
    入力したメールアドレスにPayPalからの確認メールが届きます。記載されているリンクにアクセスすれば、アカウントの登録が完了します。
  5. 銀行口座やクレジットカードの情報を登録

 

これでPayPalによる送金や支払いができます。

店舗がPayPalアカウントを有効にしていない場合は、ほかの支払い方法を選択しましょう。

目次に戻る▶▶

 

AliExpressから個人情報は流出するのか?

海外のECサイトを利用する際、個人情報流出を危惧する声は多く聞かれます。

AliExpressは大企業アリババグループが運営し、個人情報の暗号化による情報漏洩対策は十分です。

 

一方、2020年に、AliExpressのアカウント情報3億件を含むECサイトの顧客情報が、インターネット上で販売されました。

また、2024年にはAliExpressの個人情報利用実態に対し、韓国の調査が入っています。

個人情報流出の可能性は低くとも、万が一の事態に備えた自衛が重要です。

目次に戻る▶▶

 

AliExpressを安全に使う方法

安全といわれるAliExpressですが、気がかりな方は個人情報流出の対策をとっておきましょう。

AliExpressをより安全に使う方法を次に3つ紹介します。

 

詳しくみていきましょう。

クレジットカードの利用を避ける

第1の対策は、クレジットカードの利用を避けることです。

代金の支払いは、プリペイドカード・コンビニ払いなど、個人情報を登録せずに支払える方法を選びます。

顧客情報が流出しても、クレジットカードを不正利用されるリスクは回避できます。

 

公式Webサイトを利用する

第2の対策として、AliExpressの公式サイトの利用をおすすめします。

アプリからの利用より公式Webサイト(パソコン)からのほうが、セキュリティ面で安全です。

また、AliExpressにアクセスする際は、ネットワーク環境を考慮します。

ワイヤレスネットワークを介したデータ送信には、危険が伴います。

ユーザーIDやパスワードなどのログイン情報は、人に知られないことが重要です。

 

サブのメールアドレスでアカウントを登録する

第3の対策はサブのメールアドレスを利用することです。

AliExpressのアカウントを登録する際、サブのメールアドレスを使います。

普段頻繁に使用しているメールアドレスを登録すると、個人情報が流出したときの対応が面倒です。

「最近迷惑メールが急に増えた原因は、AliExpressへの登録なのでは?」と気に病む人もいます。

そのようなことのないよう、いわゆる「捨てアドレス」を使ったアカウント登録がおすすめです。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

AliExpressの支払いには、クレジットカードをはじめさまざまな方法があります。

安全に支払いをしたい方には、個人情報の点からプリペイドカードかコンビニ払いをオススメします。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう