タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
中国輸入で関税を支払う3つのタイミング|無在庫なら立替払い

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

子パンダ
1月、はじめて関税を支払いました。通関業者から請求書が届いて、振り込みしました。日本の通関に荷物が届いているのに、請求書を郵送したり、振り込んでいる間に、どんどん時間が過ぎていきました。より早く通関できる方法はないのか、関税を支払う方法は他にもどういうものがあるのかなと思いました。何かアドバイスいただけると助かります。

 

このような疑問にお答えします。

 

中国輸入での関税に関するtweet

この記事は、長年、貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入で関税を支払うタイミング

タオバオやアリババなど、中国から輸入した商品に対し関税を支払うタイミングは、次の3つです。

 

日本国内でも、着払いか元払いかによって送り状が異なりますね!加えて、貿易では通関時払いもありますよ。

 

詳しくみていきましょう。

 

着払いのとき

1つ目は、着払いです。

あなたが指定した最終目的地で支払う方法です。

無在庫ならエンドユーザーが支払い、有在庫ならあなた(個人や会社)が支払います。

当社の無在庫では、小型包装物に限り、関税の支払いは原則当社にて立替します。

 

支払いは、日本国内の物流キャリアのドライバーが荷物をお届け時におこないます。

支払い方法は、原則現金です。

最近は、クレジットカードや電子マネーが利用できるキャリアもあります。

クレジットカードへの対応可否は、キャリアというよりは営業所によって変わるかもしれません。特に、佐川急便ですと下請けも多いので対応不可の地域もないことはない可能性はあります。ご自身の管轄の営業所へお尋ねください。

 

通関時払いのとき

2つ目は、通関時払いです。

中国から荷物を発送し、日本での通関時に通関業者へ支払う方法です。

支払い方法は、支払いスピードが速い(=通関が早い)順に、次の3つがあります。

 

  1. 通関業者から請求書郵送後に、支払い
  2. 通関業者から請求書メール送付後に、支払い
  3. 通関業者にて、リアルタイム口座での自動引落

     

    郵送かメールかは、通関業者が決めます。

    早く支払いたい人(=通関を早くしたい人)は、予め通関業者へ伝えておくとよいでしょう。

    ちなみに、代行は日本側の通関業者のことは把握していない(=直接取引していない)です。

     

    直接、貴店から通関業者へ依頼するのが最短です。

    通関業者からの請求書は、郵送であれメールであれ、ほとんど銀行振込です。わたしの経験では、クレジットカードokの通関業者には当たったことがないです。

     

    また、最も通関が早くなる方法は、リアルタイム口座による口座引落です。

    NACCSが提供するリアルタイム口座とあなたの金融機関の口座を予め紐づけておくことで、通関と同時に、あなたの金融機関口座から関税が引き落とすことができます。

    詳しくは、次の記事が参考になるかもしれません。

     

    元払いのとき

    3つ目は、元払いです。

    送り状上の発送元が立替払いする方法です。

    送り状上の発送元とは、中国輸入の場合は、貨物の輸入者です。

     

    たとえば、代行業者や貴店が指定した国際発送の委託先です。

    支払いタイミングや支払い方法は、委託先業者のルールに準じます。

    ただし、関税は日本の通関業者で確定するものです。

     

    そのため、元払いとなると、次のような流れで請求が上がり、為替差損や手数料が生じたり、支払いまでに時間を要します。

     

    日本の通関業者 → 中国の通関業者 → 中国のフォワーダー → 代行業者

    当社でデポジット金から300元をお預かりしている理由と退会までに申請から1ヵ月を要す理由はココです。立替払いを依頼して、清算せずに退会なさると当社が負担することになります。

    目次に戻る▶▶

     

    無在庫なら関税の支払いは立替払い!

    在庫を持って販売する(=有在庫)なら、「着払い」「通関時払い」「元払い」いづれでも構いません。

    上記で紹介した内容の中から、総合的に貴店に合った使い分けをしていただければ問題ありません。

    ただし、在庫を持たずに販売する(=無在庫)は、次の理由から注意が必要です。

     

    無在庫(=小型包装物)で関税を支払う際の注意点

     

    詳しく見ていきましょう。

     

    無在庫での着払い

    着払いの場合、関税はエンドユーザーが支払います。

    販売サイトの商品ページに「関税は買主払いです。」等の記載がない限り、クレームになる恐れがあります。

    そもそも記載があったとしても、納得して購入する人は、あまりいないように思います。

    もし自身がエンドユーザーだとして、関税を払ってくださいね。と言われたら、どう思うか。という点も考慮ですかね。

     

    無在庫での通関時払い

    小型包装物はリアルタイム口座払いができないので、通関時払いはできない。と理解してください。

    もしかすると、日本の通関業者では、小型包装物もリアルタイム口座払いができるのかもしれません。

    しかし、中国の通関業者の話では、小型包装物はリアルタイム口座払いができないと言っています。

     

    通関情報を当社から中国の通関業者へデータ送信するときに、たしかに小型包装物は、「リアルタイム口座払い」の選択がないのですよね。

    理由について口頭で尋ねたところ、「面倒くさい」と言われたこともあります

    他の中国の通関業者なら選択できるのかもしれませんが、この辺りはまだ研究中です。

    最近、日本の何社かの通関業者と、この件で会話していて、「小型包装物は簡易通関だから、そもそも関税が生じないことが前提」という回答を多くいただいています。たしかにね。

     

    無在庫での元払い

    ここまで、「着払い」「通関時払い」は現実的ではないことがわかりました。

    無在庫で関税を支払う唯一の方法は、「元払い」です。

    ただし、次の点に注意が必要です。

     

    • 為替差損が生じることがある
    • 立替手数料が生じることがある

     

    関税は、日本国内なら円建てで請求です。

    ただし、日本から中国の通関業者へ請求した際に、元建て請求に変わります。

    円元で両替することになりますので、いくらかの為替差損が生じます。

     

    また、代行業者により、立替に対する立替手数料が生じることもあります。

     

    ちなみに、当社では、立替手数料は1件50元(=約950円)です。

    無在庫で関税が発生するのは年10件程度で、発生頻度が少ない分、いざ発生したときのコストとして50元をいただいています。

    同梱しまくって、何とか国際送料を抑えようという人がいますが、関税が生じて、結果割高になることもあります

    1つの荷物につき、課税価格1万円(=約500元)以内であれば関税がかからないので目安にしてくださいね。

    目次に戻る▶▶

     

    まとめ

    • 中国輸入で関税を支払うタイミングは、「着払い」「通関時払い」「元払い」の3つ。
    • 無在庫なら関税の支払いは立替払い(=元払い)。

     

    ご質問、いつも歓迎です!

    本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

    目次に戻る▶▶

    Xでフォローしよう