Temu(テム)は危ない?怪しい?理由や安全性を徹底調査

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
最近、Temuの広告をよく見かけます。安すぎるので怪しくて手を出していません。実際のところ、どうなんでしょうか。

今回は、こちらのご質問にお答えします。

 

Temuに関するtweet

Temu。AliExpressと同様に、日本から日本語で直接購入できます。ので、転売としての仕入れ先としては、価格差が取りにくいかもしれません。しかし、何が売れているのかといった視点でみれば商品リサーチに使えます。似た商品をタオバオや1688でリサーチしてみるのもアリです。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長
Temuはもはや世界規模の企業です。ユーザーからの信頼あってのことではないでしょうか!

 

それでは見ていきましょう。

 

Temuは中国のオンラインショッピングモール

Temuは中国のオンラインショッピングモール

Temu(テム)は、中国の大手アプリサービスを運営する「拼多多(Pinduoduo)」が2022年にアメリカでサービスを開始したオンラインショッピングモールです。

カナダ・ドイツ・フランス・オーストラリアなど、数多くの国々に進出してきました。

日本では2023年のサービス開始以来、インターネットやテレビCMなどで目にするようになり、急激に利用者が増加しました。

商品の安さが売りで、商品のラインナップが豊富なことも人気の要因です。

参考Temu公式サイト

目次に戻る▶▶

 

Temuが「怪しい」と言われる理由

日本をはじめとする各国で利用者を増やしているTemuですが、その一方で「Temuは怪しい」という声も聞かれます。

アプリをダウンロードしてTemuを利用することに、抵抗を感じる人もいるようです。

ここではTemuが怪しいと思われる理由について考えてみます。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

商品の価格が安すぎる

Temuが怪しいと思われる理由の1つは、商品の安さです。

商品の価格が想像以上に安いことから「買っても大丈夫なのか?」「偽サイトではないか?」といった疑問や心配が生じているのです。

また、常に半額や70%オフなどのクーポンを配布しているのも、怪しさにつながっています。

 

しかし、さまざまなクーポンを一度に使えるわけではなく、クーポン利用の条件はしっかり決られています。

やみくもに値引きしているわけではなく、販売戦略に沿った適正なクーポン発行であると見てよいでしょう。

 

送料が無料である

Temuでは多くの商品が送料無料です。

商品が安いだけでなく、送料までもが無料となると「何か裏があるのではないか?」と購入者が不安に思ってしまうのも無理はありません。

しかし、この送料無料に関しても、後述するようにきちんとした理由があります。

 

急激に成長している

Temuが急成長を遂げていることも、怪しいと思われる一因です。

利用者の目からは「突然現れた怪しいショッピングサイト」のように見えてしまうのです。

アメリカでサービスを開始したのは2022年ですので、サービスを開始してから日が浅く、実績や信頼に乏しいと思われる傾向もあります。

また、ステルスマーケティングや誇大広告が疑われることもあります。

最近、SNSやYoutube、メールにTemuの広告、多くないですか?

目次に戻る▶▶

 

Temuは「安全」と言える理由

Temuは「安全」と言える理由

これまで見てきましたように、Temuに関してはさまざまな理由から「怪しい」という声があがっていますが、結論からいうと「安全」です。

Temuが安全なECサイトであると考えられる理由を紹介しましょう。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

仲介業者を省略して価格を安くしている

Temuの商品が驚くほど安いのは、商品を生産するメーカーや工場が直接販売しているからです。

通常、商品が流通する際は、生産者から購入者までの間に入る仲介業者が入り、中間マージンが発生します。

それが商品の価格に上乗せされていきます。

Temuではその中間業者を省くことにより中間マージンを省き、価格を安く抑えているのです。

 

送料を抑える企業努力をしている

「送料が無料なのが怪しい」という声が聞かれますが、Temuでは商品の配送にかかるコストを徹底的にカットする努力をしています。

世界中の船舶会社や運送会社と提携することによって、貨物を効率的に高速で運び、物流にかかる費用を徹底的に抑えているのです。

送料が無料なのは企業努力によるもので、決して怪しい理由があるわけではありません。

裏話をしますと、物流会社は赤字でもTemuの荷物を請け負っています。理由は?上場したいから。

 

購入した商品を追跡できる

商品の追跡機能があることも、Temuが安全だと考えられる理由の1つです。

Temuでは、注文した商品が今どこにあるのかを無料で追跡する機能があります。

配送状況をリアルタイムで確認できます。

Temuでは通常配送で配達に5~12日かかるとされていますが、その間、商品の状況が随時確認できれば、安心して配達を待つことができます。

 

さらに、15日間追跡情報が更新されない、もしくは30日間商品が配送されない場合には、返金対象となります

日本国内での配送は、ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便が担っていますので、これもまた大きな安心材料となるでしょう。

 

配送に遅延したときの保証がある

Temuでは注文した商品の配送が遅延した際、保証される仕組みがあります。

Temuの「注文の詳細」に表示された最新の配達予定日までに商品が配達されなかった場合、その日から48時間以内に、Temu内で使えるTemuクレジットが発行されます

この保証には自然災害やストライキなどの不可抗力が起きた場合や、配達員と購入者との間の連絡がつかない場合を除くという一定の条件が付いていますが、予定日までに配達するというTemuの姿勢が感じられます。

利用者が安心できる、手厚いサポート体制の1つです。

 

購入後90日以内なら全額返金ができる

Temuで購入した商品は、商品が配達された際と同じ元の状態に保たれているなら、購入後90日以内であれば返品可能です

支払った代金は全額返金されます。

返金はTemu内で使えるTemuクレジット、または商品購入時の支払い方法で受け取れます。

返品までの手続きはスムーズで、返品にかかる送料は無料です

 

Temuは価格が安く、つい勢いで買ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、この返金制度があれば安心です。

返品の際、商品を元の状態に保つには、商品の梱包や包装を取っておく必要があります。すぐに破棄しないようにしましょう。

 

支払い方法が豊富にある

Temuでは、代金の支払い方法が豊富に用意されています。

クレジットカードは、VISA・JCB・マスターカードなど、国際ブランドの使用が可能です。

そのほか、Apple Pay・Google Pay・PayPal・コンビニ決済が利用できます。

 

TemuのWebサイトに個人情報を入力するのが不安だという人には、コンビニ払いがおすすめです。

ファミリーマートやローソンなどのコンビニエンスストアまで出掛ける手間が発生しますが、オフラインで支払いが完了するという安心感があります。

 

個人情報漏洩の対策をしている

Temuは、以下の団体にかかわることで、セキュリティとプライバシー対策に取り組んでおります。

  • APWG(Anti-Phishing Working Group):参加企業。フィッシング詐欺対策
  • MASA(Mobile Application Security Assessment):当団体で策定された国際標準を遵守。脆弱性報奨金制度を活用

 

クレジットカードに関しても、数々のデータセキュリティ基準をクリアしています。

詳しくは、公式サイトをご参照ください。

出典Temu公式サイト

目次に戻る▶▶

 

Temuを使うときの注意点

Temuを使うときの注意点

Temuを利用する際は、店舗情報や注文価格、日本の法律違反に当たる商品に気を付けましょう。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

メーカーやブランドの安全性に気をつける

Temu自体は安全だが、出品するメーカーやブランド全てが安全とは言い切れません。

店舗ごとに対応が異なるため、必ず出品者の情報や評価などをチェックしておきましょう。

不安な商品が届いたときは、全額返金サービスを活用するのもおすすめです。

 

最低注文価格以上でないと注文できない

Temuでは、1回あたりの最低注文価格1,400円(税込)を超えると送料が無料になります。

また、コンビニ支払いだと120円を超えないとそもそも超えないと注文自体ができません。

さらに、送料無料の最低注文価格が2,100円や2,800円に変わっているケースもあります。

1,400円に戻すには、有人チャットでの問い合わせが必要です。

Temuの商品は比較的リーズナブルなため、購入の際は誤って最低注文価格が下回らないようご注意ください。

 

日本で使用できない商品がある

電子機器はプラグが一致しない可能性があります。

中国と日本では、コンセントに挿すプラグの規格が異なるためです。

なお、輸入してはいけない商品にも気をつけましょう。詳しくは「中国輸入で禁止・規制商品の品目リスト一覧」をご覧ください。

日本の電圧は100V、中国は220Vです。プラグの形状も異なりますよ!

目次に戻る▶▶

 

まとめ

Temuは怪しい?危ない?理由や安全性を徹底調査

Temuは、短期間で世界各国に拠点を設け、今、もっとも熱いショッピングモールのひとつです。

急成長しているため、広告はみるけれど怪しいと思う方もいらっしゃるようです。

Temu自体のサービスはアリババグループに引けを取らないほど充実しています。

 

不具合や届かないなどのトラブルがあっても、Temuのサポートが対処するしくみになっています。

中国輸入転売での仕入れ先としては判断がしづらいですが、個人使いや売れ筋の選定サイトとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう