タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
【画像あり】天猫で日本から購入する方法|メリットと注意点は?

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
タオバオで商品リサーチしていたら、天猫というECサイトの商品も検索にヒットしてきました。タオバオと天猫の違いは何ですか?また、天猫のアカウントは持っていませんが新たに作る必要があるのでしょうか。

今回は、こちらのご質問にお答えします。

 

天猫に関するtweet

天猫。タオバオに比べ価格が高めですけれど、厳選な審査を通過し、高額な出店料を支払える店舗だけが出店できるので、品質やサポートの点で優れています。ただし、不具合品の返送料は購入者負担で、かつ返品期限も購入から7日間までという点はリスクかも。中国のECサイト全般にいえることですが。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長
当社の場合、お取引金額が大きい方ほど、仕入れ先はタオバオよりも天猫の方が多い印象がありますよ!

 

それでは見ていきましょう。

 

天猫(テンマオ)とは

天猫(Tmall)は中国の巨大企業アリババグループが運営するECサイトで「テンマオ」と読みます。

もともとは同じアリババグループのCtoCサイトであるタオバオの人気が高かったのですが、出店数が多い分、品質の悪い商品が多いという問題がありました。

そこで、タオバオよりも出店の基準を上げ、品質の高い商品を提供しようと作られたものが、この天猫です。

 

こちらはBtoC向けサイトで、出品者はアリババグループから認定を受けたブランドまたは直営店です。

出店にあたって保証金・年会費・販売手数料も支払っており、信頼できる店舗が揃っています。

日本からも資生堂・無印良品・ユニクロなど多数の企業が出店し、高い人気を誇っています。

タオバオで検索すると、天猫の商品もヒットしますよ!

参考天猫公式サイト

目次に戻る▶▶

 

天猫で日本から購入する手順

天猫は基本的に中国国内向けのECサイトですが、中には日本への発送に対応している店舗もあります。

ここでは、日本から天猫の商品を購入する手順について紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

アカウントを作成する

天猫登録画面

天猫を利用するためには、アカウントの作成が必要です。

天猫はログインしていない状態だと、商品の検索やカートへの追加ができません。

アカウント登録とログインを済ませることで、天猫のさまざまな機能が利用できます。

タオバオやアリババのアカウントを持っていれば、天猫でもログインできますよ!

 

天猫はアリババグループが運営しているサイトです。

そのため、タオバオと同じアカウントが使用可能です。

詳しい手順については次で示していますが、天猫のサイト上部にある「免费注册」という文字をクリックすると、タオバオのアカウント登録画面に遷移します。

登録時の画面や入力内容は次のとおりです。

 

  1. 免費注册(無料登録)をクリック。
  2. 手机号に携帯電話番号を入力し、获取验证码(認証コードを取得)をクリック。
  3. スマートフォンに届いた認証コードを入力。
  4. 已阅读并同意以下协议(規約に同意しました)のチェックボックスにチェックし、注册(登録)をクリック。
  5. 登録名・パスワード・メールアドレスを入力すれば、アカウントの登録が完了。

 

タオバオでの会員登録の方法に関しては次の記事で詳細に紹介しています。

ぜひこちらも参考にしてください。

 

欲しい商品を検索する

前述のとおり、アカウントを取得すれば、天猫に用意されたさまざまな検索機能が使えるようになります。

キーワード検索、またはカテゴリ検索で、欲しい商品を探しましょう。

商品のページには、価格・数量・色や形(颜色分类)・サイズ(尺码)・店舗の評価などが表示されています。

価格が予算の範囲内か、色や形などが自身の望むものかや、店舗が信頼するに足るだけの評価を得ているかを確認しましょう。

 

このときの注意点として、価格として表示されている「¥」は日本円ではなく中国元を表しています

商品画像に関しても、一枚だけで判断するのではなく、ページ内にあるすべての画像を見たうえで、品質の予測を立てましょう。

天猫のサイト内は中国語にしか対応していません。Googleの翻訳機能を利用すれば、ある程度の意味はわかります。

言葉さえわかれば、ほかの部分の構成は日本のECサイトとほとんど同じです。そのため、比較的簡単に扱えます。

 

購入手続きをする

天猫購入画面

目当ての商品が見つかったとき、購入する方法は次のとおりです。

 

  1. 欲しい商品のページを開いて立即购买をクリック。
  2. ログインがまだであれば、IDとパスワードを入力してログイン。
  3. 使用新地址(新しい住所を使用)に配送先の情報を入力。
  4. 提交订单(注文を送信)をクリック。
  5. 支払い手続きをして購入完了。

 

注意点として、3.の配送先情報を入力する際、日本が選べないこともあります。

天猫には中国国外への発送をしていない店舗も多くあります。

配送先の国名に日本があれば、日本への発送が可能です。

その商品が日本に発送できるか否かは、必ず確認しましょう。

中国の代行業者の住所を入力することで、注文できますよ!

目次に戻る▶▶

 

天猫で購入するメリット

ここでは、天猫で商品を購入するメリットについて、主なものを3つ紹介します。

中国から商品を仕入れられるプラットフォームは、天猫以外にもアリババやタオバオのように複数あります。

メリットや、次で紹介する注意点を参考にして、どのプラットフォームを選ぶかを決めましょう。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

商品到着後7日以内なら返品・交換できる

ECサイトでは商品の画像や説明のみで購入するか否かを判断します。

届く商品がイメージどおりなのか、不安はつきものです。

天猫では、注文した商品が到着してから7日以内なら、返品や交換が自由にできます。

どのような理由であっても、また特に理由がなくても、自由に返品できることは心強いサービスです。

このときの返品の手続きも簡単です。

国際発送の場合、購入から到着まで7日以上経過することがほとんどなので、メリットとはいえないかもしれません……

 

商品や店舗の質が高い

出店の審査が厳しいことで知られる天猫は、中国のほかのECサイトに比べて店舗や商品の質が高いことが特徴です。

出店に際しては、中国での法人登記や中国での販売権利書の取得・提出などを済ませる必要があり、審査にかかる期間は数か月に及びます。

出店のハードルを上げることで悪質な店舗の参入を防ぎ、店舗の質を高く保っているのです。

商品の価格が少々高めですが、品質の高い商品を望むなら、天猫がおすすめです。

 

決済システムに安心感がある

天猫の決済は、アリペイを使用し、エスクロー方式を採用しています。

これは店舗と購入者との間に信頼できる第三者を立てる決済方法です。

間に第三者機関を設置し、一時的に代金をその第三者機関が預かるという形をとることで、万が一商品が届かなかったり、破損していたりした際にユーザーにお金を返すという仕組みをとっています。

そのようにすることで、海外サイトだと店舗に対して信頼がおけないと考えている人にも、問題なく購入してもらえる仕組みを作っているのです。

目次に戻る▶▶

 

天猫での購入で注意すること

さまざまなメリットのある天猫ですが、購入する際に注意したほうがよいこともあります。

ここでは天猫のデメリットと考えられる点4つについて解説します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

日本語では閲覧できない

天猫はサイト内のすべてが中国語表記で、日本語での閲覧はできません。

問い合わせも中国語のみでの対応です。

中国語ができない人にとって、言語の壁を感じることも多いでしょう。

 

ただし、Googleの翻訳機能や、Google Chromeの拡張機能を使った日本語表示は可能です。

機械翻訳には不完全な部分もありますが、大まかな意味やニュアンスは理解できます。

言語に不安を感じる方は、こちらを利用することがおすすめです。

ページ構成やボタンの配置など、サイト自体は日本のECサイトと大きく変わるところはありません。

少し慣れが必要ではありますが、比較的使いやすいサイトです。

 

評価は事前にチェックする

商品の品質が高いといわれる天猫ですが、それでも不具合品を購入してしまうことがあります。

また、画像や説明からイメージしたものと異なる商品が届くこともあります。

そうしたことを防ぐには、利用者による評価を事前にチェックすることがおすすめです。

できるだけ高評価の店舗で、高評価の商品を購入するよう心掛けましょう。

その際、評価の高さだけでなく、数が多い店舗を選ぶようおすすめします。

 

返品時の送料は自己負担になる

メリットで紹介したように、商品到着後7日以内なら自由に返品や交換ができますが、その送料は自己負担です。

返品自体は簡単で、注文履歴のページから手続きをし、商品を送るだけです。

しかし、中国と日本の間で返品するときの送料は安いとはいえません。

自由に返品ができるとはいえ、費用の関係で足踏みをしてしまうこともあるでしょう。

 

他のサイトよりも価格が高い

天猫に出店している店舗は、長く厳しい審査を通過した正規店のみです。

そのため、質の高い商品の多さが天猫の特徴です。

一方で、その分、中国のほかのECサイトと比べると価格は高く設定されています。

この価格設定に不満を覚える方もいるでしょう。

品質と価格のどちらを優先するかを考え、不具合品リスクや商品の検品にかかる時間も考慮したうえで、利用するECサイトを選びましょう。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

天猫はアリババグループが運営するBtoC向けのECサイトです。

セラーは天猫から認定を受けたブランドまたは直営店で、タオバオに比べ信頼感があります。

また、タオバオもしくはアリババのアカウントで購入することができます。

 

返品時の送料負担や価格の面で他サイトよりも劣る点はありますが、品質重視であれば天猫は仕入れ先の1つになるはずです。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう