ビーチの開放的なイメージ

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表のじょに(こと酒井)です^^

 

コロナウィルスの影響で、閉店になっているタオバオの店舗が増えていますね。

 

スタッフの確保が難しくなったり、取引先が廃業したり、国内送料が上がったりということが背景にあるようです。

 

一方で、失業や業態悪化を理由に、タオバオで転売を始める店舗もあります。(新規店舗は店舗情報からすぐにわかります)

 

閉店しそうな店舗も転売を主軸にした新規店舗も、「資金繰りが厳しい」という点では共通しているかもしれません。

 

 

これまでもタオバオの店舗は、「店舗都合でのキャンセル受付に応じない」店舗が多かった中で、最近はさらに応じない店舗が増えていると実感します。

 

「店舗都合」ではなく「お客様都合」でのキャンセルをすると、みなさんの購入者アカウントにも影響があり、最悪アカウント閉鎖といったことにもなります。

 

今回は、原因の1つである「顧客都合でのキャンセル」も含め、タオバオのアカウントが閉鎖になる3つの原因について解説します。

 

 これまでリアル店舗のみで勝負していたメーカーや小売などの企業が、タオバオへ出店するケースも増えているようですよ。

1. 1日あたりの購入上限がある!?

情報の出所

タオバオの規約で公開されている情報ではありませんが、

 

「購入用アカウントには、1日で購入できる点数に上限がある!」ようです。

 

業界では知る人ぞ知る?あるお偉い方(役職や名前は控えさせていただきます)に伺った話ですので、情報には信憑性があると思います。

 

タオバオのターゲットは消費者(=エンドユーザー)

そもそもタオバオは、BtoCやCtoCといったように、中国人の消費者(=consumer=エンドユーザー)を対象としたプラットフォーム(=ECサイト)であることが規約に規定されています。

 

ですから、業務用アカウントのようなものは存在せず、立場にかかわらず、タオバオを利用するすべての方が同じステータスの購入者アカウントを所有することになります。

 

 規約に「中国人の」と記載はありませんが、中国内需要は中国版、海外需要向けには国際版といった具合に、同じタオバオでURLが異なる2つのサイトを用意しています。ここで解説しているのは、中国国内需要向け=つまり、代行業者や転送業者を利用して国際発送する方を対象としています。

 

代行業者は1アカウントで大丈夫なのか?

立場の例をあげますと、たとえば中国輸入の代行業者や転送業者です。

 

代行業者は、利用者から毎日数百、数千、千万点の注文を受けています。

 

その1アカウントですべて注文した場合、間違いなくアカウントが閉鎖になります。

 

当社も1アカウントで大量購入した途端に何度か閉鎖したことがありましたので、「1日あたりの購入上限はある」というのは実体験からも極めて確かな情報でしょう。

 

注文点数の上限は何点か?

ここで最も気になるのは、1日あたり何点までの注文ならアカウント閉鎖にならないのかということではないでしょうか。

 

この点も、前述のお偉い方に尋ねたところ、以下の回答をいただきました。

 

「それで、上限は何点までとかあるのですか?」
「時期により変わりますよ。1,000点の時もあれば10点の時もあります。」

「時期は、どのように決まるのですか?」

「これは私も把握していないのですよね。非常にトップシークレットになっていて、社内でさえも把握しているのはごくわずかな情報ですよ。」

「そうなのですね。そこまで教えていただき、むしろありがとうございます。」

「いえいえ。お役に立てずすみません。。では、飲みにいきましょう^^」」

「走吧^^行きますか^^」

 

タオバオ直取りの方は要注意!

代行業者や転送業者であれば、自社の経験から、一日何点まで購入すればアカウントが閉鎖にならないのか、おおよその目安はわかっていると思います。

 

中国輸入でも代行業者や転送業者を通さず、タオバオの店舗と「直取り=直接取引」している方(タオバオの国際版で購入)は注意が必要です。

 

当社の経験としては、1アカウントで1日50点以上購入すると閉鎖リスクが高まります。

 

1日10点以下で購入されることをオススメはします。

 

タオバオは、BtoCやBtoCのプラットフォームであることをお忘れなくですね!

 10点以下でも他の要因で閉鎖になることもあります。
 10点以下とはあくまでも経験上の私見であり、タオバオの正式見解ではありません。

 

2. アカウント点数が減る!

新規登録時の点数は400点

タオバオのステータス

タオバオに新規登録した時点で、そのアカウントに対し400点が付与されています。

 

パソコンですと、ログイン後のトップ画面左上に表示されているご自身のアカウント名にカーソルを当てると上記の画面が表示されます。

 

この点数が0になるとアカウントが閉鎖します。

 

キャンセルすると点数が減る!?

タオバオで購入した商品をキャンセルするには、購入者は店舗へキャンセルの申請をする必要があります。

 

キャンセルの理由に応じ、「店舗都合」または「購入者都合」を選択して申請します。

 

「店舗都合」ですと購入者の点数は減りませんが、「購入者都合」ですと購入者の点数が減ります。

 

「購入者都合」となることが多い!?

「店舗都合」でキャンセル申請を行いますと、店舗の点数が下がります。

 

店舗は、店舗が承認をしない限りお金が戻ってこないルールを逆手に取って、「購入者都合にしないと承認しない」ということも往々にしてあります。

 

特に、「転売ヤー」が運営している店舗ですと、そのような傾向があります。

 

結果的に、購入者はお金を返してほしいので「購入者都合」で再申請を行い、自身のアカウントの点数を減らすことになります。

 

 くどいようですが、タオバオは中国人の消費者向けのサイトです。中国人の消費者はお金を返してほしいですし、点数が減っても常に大量購入するわけではないので、店舗の指示に従わない理由がありません。。悲しいかな、、
 タオバオの運営に相談しましても、十中八九取り合っていただけないでしょう。経験上。

 

購入して点数を増やす

逆に、購入実績があると点数が増えます。

 

1点購入すると1点増えるわけでもなさそうですが、購入していると増えます。

 

ただし、1回での「購入者都合」キャンセルでの減り幅よりも、1点購入した時に増え幅は非常に少ない印象です。(1点では増えていないので。。)

 

アカウントを守るためには、出来る限りキャンセルをしない(=自腹で損切りする)ことが求められます。。

 

代行業者や転送業者でのキャンセル

代行業者や転送業者は、毎日、数百名から数千名のお客様の商品を受注していますから、キャンセルを受けることも多いです。

 

ただし、上記の理由から、キャンセル自体を受け付けない代行業者が「ほとんど」です。

 

当社は、キャンセルを受け付けていた時期もありました(=当社が損分を補填していた^^;)が、当社の意思に関わらず、タオバオの運営より指導を受けましたため、今ではキャンセルを受け付けない体制としています。

 ほとんどとは書きましたが、「キャンセル」を受け付けるようになると、すべての代行業者はアカウントが閉鎖になると思います。そして、タオバオでの買付代行サービスは淘汰されることになります。以前の当社のように、代行業者が損分を持っていては、代行業者は潰れるでしょうね。。
 アリババでのキャンセルは、店舗との交渉の猶予がまだあります。理由は、ロット購入つまり、「工場」や「卸」「メーカー」が出店者のことが多いためです。タオバオは、「転売ヤー」が多く交渉にならないです。。中には良心的な店舗は交渉に応じてくれますがあまり期待しない方がよいです。

 

3. 店舗から訴えられる!?

QQなどの中国のチャットサービス(LINEグループのようなイメージ)には、タオバオの店舗が集まっているコミュニティがあります。

 

そのコミュニティの中の話題として、「キャンセルが多い購入者の情報」が取り上げられています。

 

たとえば、直取りの方のアカウント情報や代行業者のアカウント情報が上がっています。(厳密には、直取りとか代行業者といった具合に特定はできません)

 

タオバオの店舗は、情報が上がった購入者からの購買履歴を確認し、もしキャンセルが多いアカウントとわかりますと、各社一斉にタオバオ本体へ通報します。

 

そうすることで、通報を受けたアカウントは点数に関わらず、四の五の言う間もなく閉鎖になることもあります。

 当社の88VIPアカウント(優良アカウントと認められたVIP待遇のアカウント)が1発で閉鎖になったこともあります。

 

閉鎖したアカウントは再開できるのか?

アマゾンのアカウントのように閉鎖しても再開できる見込みがあればまだ希望があります。

 

しかし、タオバオで一度閉鎖しますと、復活の見込みは99.9%ありません。。

 

敢えて、100%と書かない理由は、「ない」と思って新しいアカウントを作った方が早いことと、一方で「復活事例もある!」ことも把握しているからです。

 

復活方法についてここでは絶対に書けない内容で、直接問い合わせいただいても再現性がないので一切お答えしないです。

 

(期待を持たれた方にはすみませんがご容赦ください。。100%ではないと書いておくまでが限界です、、)

 

 

まとめ

タオバオは、購入者側ではなく出品者側よりのモールです。

 

徐々に、購入者側のことを考えた方針も出されているようですが、それでも日本の感覚からしますとまだまだ出品者側です。

 

そして、「直取り」「代行業者利用」に関わらず、タオバオの購入アカウントを守ることは、タオバオを仕入先として中国輸入ビジネスを行う上では生命線です。

 

タオバオ以外のプラットフォームを検討するのも1つの方法ですが、安価で1点からそこそこの品質の商品を求める方にとって、タオバオは欠かせない仕入先です。

 

代行業者を通じて仕入れされている方でも、タオバオの事情を理解し、汲み取った上で代行業者を利用するとより取引がスムーズになるかもしれません。

 

直取りされている方は、アカウントが閉鎖になりますと本当に困るはずですので、リスクを背負いながらも細心の注意を払って購買(キャンセルも含めて)されることをオススメいたします。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

 

【ブログランキングに参加しています】


この記事をお読みいただき、
「役に立った!」「参考にしたい!」「応援しています!」など感じていただいた方は、
応援の意味で、下記バナーアイコンをポチっとお願いできませんか。
読者様からのポチが、とても励みになります!

中国輸入代行
あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事