中国輸入で遠隔地料金が加算となる理由【沖縄/北海道/離島向け】

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

遠隔地料金に不満がある子侍
先日、無在庫で、沖縄のお客さんへ配送手配したら、国際送料に遠隔地料金が加算されていました。料金表を確認してみると確かに記載されていたので文句も言えないのですが、どうして遠隔地料金がかかるのか疑問です。商品リサーチや料金設定に影響してくるので、遠隔地料金に関して何かアドバイスいただけるとうれしいです。

ずばりこの疑問にお答えします。

 

中国輸入の遠隔地料金に関するtweet

中国→日本向けのエア便の遠隔地手数料。値上がりの話が上がっていますよ。日本国内の旅客機や貨物便の運航数が減っていることが理由のようです。まだ正式ではありませんが、これまで無料だったANA系のOCSの動向にも注視していきます😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

この記事でわかること

  • 中国輸入で遠隔地料金が加算となる理由
  • 遠隔地の範囲
  • 中国輸入における遠隔地料金の相場
  • 補足:国際送料を見積依頼するときに必要な情報

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入で遠隔地料金が加算となる理由

エア便で、中国から発送した荷物は、日本側では関西空港か成田空港、羽田空港で通関するケースがほとんどです。

理由は、大阪と東京は地理的に地方へ配送しやすく、物量を集めやすいためです。

たとえば、沖縄向けの荷物は、次のルートで配送されます。

中国 → 関西空港 → 沖縄

 

距離で考えれば、「中国からダイレクトに沖縄に発送した方が距離が近い分、料金も安くなる」と考える人もいるかもしれません。

上海から沖縄向けの直行便もありますが、物流があまり多くはないため便数が少ないのです。

実際に利用しているのは物量の多い企業で、便数が少なくとも物量が多い分、単価を下げられる企業です。

そのため、沖縄向けの個人輸入やエンドユーザーへの配送の場合は、大阪または東京を経由するルートになります。

 

そして、北海道や沖縄、離島までは、大阪や東京から距離があり、かつ、空路や船路で運送することになります。

結果、大阪や東京から見て遠方地域向けの荷物には、遠隔地料金が別途加算されることになります。

パンダ社長
代行が契約している中国での運送卸業者との契約条件により、遠隔地料金が加算されないこともありますよ。たとえば佐川でも、北海道向けは遠隔地料金が加算されないという代行もありますし、加算される代行もあります。遠隔地料金は、代行が決めているわけではありませんが、代行が中国でどの運送卸業者と契約し、どこまで詰め切れているかに依存します。ちなみに、2022年は、遠隔地料金が無料だったOCSも、燃油高騰により、遠隔地料金を加算したり、燃油サーチャージを加算したりするケースが増えてきていますよ。

 

遠隔地の範囲

遠隔地料金が加算となるなら、遠隔地の範囲も気になるところですね。

東京や大阪から見ての遠隔地は、一般的に運送業界では、沖縄や離島、北海道がそれにあたるようです。

(ただし、代行や利用するキャリアによっては、北海道は遠隔地に含まれないこともあります。)

パンダ社長
離島の範囲は、各キャリア(ヤマト、佐川など)のホームページに記載がありますよ。たとえば、先日、「長崎県の五島市は離島ですか?」というご質問をいただきました。船や飛行機でいける地域ですが、離島ではありませんでしたよ。離島の範囲は、定期的に更新されているようです。確認してみてくださいね。

 

中国輸入における遠隔地料金の相場

遠隔地料金の相場は、外部環境によって変動します。

たとえば、2022年3月現在は、原油価格が高騰しており、各キャリア過去最高値を更新しています。

「誠」の場合ですと、小型包装物サイズであれば、ヤマトで+210元、OCSで+80元といった具合です。

パンダ社長
他社代行様のホームページ情報によると、ヤマトで+250元~、OCSや佐川で+120元~といった具合でしたよ。ちなみに、OCSはANA系列ということで、最近まで遠隔地料金が加算されていませんでしたが、当社では取引先より加算の情報を受け、加算させていただいています。おそらく、他社様でも加算されると思いますが詳細はわかりません。また、遠隔地料金は、佐川やヤマトのホームページに記載の金額ではなく、中国側で提示している国際送料が適用されます。その一部が、日本側の通関業者を通じ、佐川やヤマトへ支払われます。

 

無在庫販売ですと、頻繁に遠隔地向けの注文が入るとは考えにくいです。

安いにこしたことはありませんが、遠隔地向けでは遠隔地料金が加算されることを頭に入れておくとよいかと思います。

貴店ショップの料金表の備考欄に明記しておくことでトラブルを回避できますし、遠隔地でもしっかり利益を取れると思います。

 

補足:国際送料を見積依頼するときに必要な情報

国際送料の見積を依頼したい場合やご自身で試算したい場合は、少なくとも、下記情報は収集しておくとよいですよ。

「国際送料=重量×キロ単価」

上記計算式に、代行のホームページに記載のキロ単価を代入することで、国際送料が把握できますね。

  • 輸送方法(船便?エア便?貨物電車便?)
  • 重量(梱包後の、実重量は?3辺のサイズは?)
  • 内容物(アパレル?ガジェット?玩具?車のパーツ?電池・磁石付?など)
  • 配送先国(日本?米国?韓国?その他?)

参考:【暴露】中国輸入の国際送料を安く見せる方法【容積重量は要注意です】

 

なお、関税は輸入国で生じるものです。

日本の税関へお尋ねいただくか、税関の事前教示回答事例のページにて確認してみてくださいね。

参考:中国輸入での関税を免税にする方法【計算方法や税率も解説です】

 

結論:

まとめます。

  • 中国輸入で遠隔地料金が加算となる理由は、大阪や東京から離れており、輸送コストが別途生じるため。
  • 遠隔地の範囲は、沖縄・離島。ただし、北海道は対象になるキャリアとならないキャリアがある。
  • 中国輸入における遠隔地料金の相場は、時期や環境によるが100元以上は加算となる。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:中国輸入のスピードが遅い代行業者の見極め方【徹底解説】