PayPalのビジネスアカウントで決済名義を確認/変更する方法

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表のじょに(こと酒井)です^^

 

PayPalで決済した際に、「登録(または申告)の名義での決済が確認できませんでした。」と受取り人より連絡があることはないでしょうか?

 

PayPalには、ビジネスアカウントと法人アカウントの2種があり、それぞれ名義確認の画面が異なります。

 

法人アカウントでは、法人としての登録名義が1つのため名義違いは起きにくいのですが、ビジネスアカウントですと個人名と事業者名が登録できるため名義違いが起きやすいです。

 

今回は、PayPalのビジネスアカウントでの決済名義を変更する方法について解説いたします。

 

ビジネスカウントか法人アカウントかを見分ける方法

PayPalのアカウントは2種類あります。

 

  • ビジネスアカウント・・・個人事業主として売り買いする用途。または、個人で買い物をする用途。
  • 法人アカウント・・・法人名義で売り買いする用途。(事業者名に、株式会社や合同会社、合資会社などを冠する)

 

 

アカウントの種類は下記で確認いただけます。特に、個人事業主の方の場合、ビジネスアカウントという名称のせいか、法人アカウントを取得していると勘違いされている方も比較的いらっしゃるようですので、まずはご自身のアカウントの種類を確認されることをオススメします。

 

PayPalへログイン>歯車(画面右上)>お客様のアカウント設定>アカウントタイプ

 

ビジネスカウントで決済名義を確認/変更する方法

ビジネスアカウントの場合、登録パターンは、「個人」と「個人事業主」の2つがあります。

 

個人の場合

歯車(画面右上)>アカウント設定>事業情報>事業情報

 

上記に記載の部分が受取り人に表記される名義になります。

 

変更したい場合は、[変更]ボタンより編集できます。

 

個人事業主の場合

※ 上記画面は、ビジネスアカウントの「個人事業主」でログインした画面のため、「個人」としてご登録の方の場合ですと画面が若干異なる場合があります。

 

歯車(画面右上)>お客様のアカウント設定>個人情報>名前

 

上記に記載の部分が受取り人に表記される名義になります。

 

変更したい場合は、[変更]ボタンより編集できます。

 

※ 個人事業主は、個人名ではなく会社名(法人格が付かない)として登記することができます。

 

まとめ

PayPalに登録した時の情報は案外覚えていないものなのかもしれません。。

 

以前登録はしていたければしばらく利用していなかったということもあると思います。

 

PayPalの名義確認/変更方法は、取得しているPayPalアカウントにより画面が異なります。

 

なお、本情報は、PayPalのカスタマーサービスへ確認した上で記載しております。参考にされてくださいね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう