【簡単にOEM】中国輸入の無在庫販売で、「紙タグ」を付けて差別化する方法

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

ここ1年の間で、中国輸入で無在庫物販をなされている方から、タグ付けに関するご相談をいただくことが増えています。ひと昔前は、アマゾンで有在庫物販をなされているユーザー様よりご相談を受けていましたが、今では無在庫物販でもタグ付けが主流になっているように感じます。

 

A太さん
はじめまして。無在庫物販をやっているA太と申します。
タオバオの商品に、オリジナルの紙タグを付けたいのですができますか?

誠カスタマーサポート
はじめまして。A太さん。誠のカスタマーサポートです。
販売方法に関わらず、紙タグの取り付けができますよ。

A太さん
そうなんですね!
無在庫でも紙タグを付けられるのですね~。

誠カスタマーサポート
はい。付けられますよ。
最近は、無在庫でご利用のユーザー様からのご要望も多いですね。

A太さん
ありがとうございます!
では、タグをお願いしたいので、依頼する方法を教えてください。

誠カスタマーサポート
かしこまりました。

タグの中にも材質の違いで「紙タグ」と「布タグ」がありますし、他にもオリジナルの「パッケージ袋」や「ブランドタグ」を付けることもできます。また、「洗濯タグを付け替えできますか?」というご質問も多くいただきます。

 

「タグを付けるとどのような効果があるのか」「タグはどのように作成すればよいのか」「タグ作成にはどのような注意が必要か」などの疑問はありませんか?今回は、中国輸入の無在庫販売で、オリジナルタグを付ける(所謂、簡易OEM)目的や作成過程、注意点、相場感などについて解説いたします^^!

 

 

タグ付け替えの目的

目的

タグを付け替える目的は、次の2つのうちいづれかです。

  • エンドユーザーが受け取った時の印象向上
  • 自社ブランドの認知向上

 

タグ付け替え前の注意点

ブランドバッグ

中国国内で流通している製品に偽造品が多いというのはひと昔前の話です。一方で、未だに多くの日本人が「中国=偽物多い」という印象を持っていることも否めません。実際のところ、中国では国を挙げて偽造品の撲滅に向けて動いており、以前に比べれば減少傾向にはあります。

しかし、13億人を統制するのはなかなか難しいようで、たとえば、深圳の電気街を除くと現在でも偽造品と思われる製品が路上に並んでいる光景も見かけます。中国国内で流通している製品を取り扱う(=いわゆる、転売)ときには、タグ付け替えに関わらず、当該製品が知的財産権を侵害していないかどうかを確認するようにしてください。

わたしの経験ですと、中国輸入で権利侵害を受け裁判で負けたことはありませんが、タイ輸入で取り扱っていたブランドバックで、エルメスの模造品としてアマゾン社を通じ、日本でエルメスの権利を管理している会社から指摘を受けた経験もあります。エルメスのロゴは入っていませんでしたが、形の権利(=意匠権)をエルメス社が取得していたことが原因です。

 

知的財産権には、「特許権」「実用新案権」「育成者権」「意匠権」「著作権」「商標権」などがあり、個人規模での中国輸入ビジネスの場合ですと、少なくとも「商標権」の確認はするようにしましょう。「無在庫だからひとまず何でも出品!」「数打てば当たる!」の思考が先行しますと、後々痛い思いをしますよ^^;(さすがに、「意匠権」までは調べるのは難しいですが。。ハイブランド品を取り扱うときには要注意です)

 

 

タグをどこで作るのか

印刷

タグを付け替えする以前に、そのタグを中国で作るのか、日本で作るのかを決めておきましょう。タグ作成がはじめての方は、日本の印刷会社に相談なさることをオススメします!

たとえば、「上質紙55kg」や「コート紙110kg」と聞いてピンと来ない方は、ひとまず簡単な印刷の知識を学ぶために、日本の印刷会社へ相談してみてください。会話の中で、専門用語が出ると思いますし、一度問合せたり、ホームページで確認すれば何かを印刷したいときに必要な情報や知識は概ね掴めますよ^^印刷会社を検索するときのキーワードは、たとえば、「(地元の市町村名)、印刷」でヒットすると思います。

 

もちろん、印刷の経験がない中で中国の我々のような代行業者へ作成依頼いただくこともできます。日本で作成しますと、印刷会社から貴店までの国内送料や日本から中国までの国際送料もかかりますから、コスト面では代行業者へ依頼した方が抑えられるメリットがあります。

ただ、あなた自身に経験がないと、いくら日本語ができる中国人担当者であっても、専門性において会話が成立しないこともありますから、わたし個人としてはまずは日本の印刷会社で相談・作成なさってみることをオススメします^^!

 

 

紙タグの作成に必要な過程とマインド

紙タグのイメージ
紙タグのイメージ

紙タグを依頼なされるユーザー様は、アパレル製品の取扱いメインの方が多いです。既製品に付いている紙タグには、中国語でブランド名やカラー、サイズ、素材、洗濯方法が書いている場合があります。これらのすべてを日本語にする必要もありませんが、紙タグを付け替えなさる方は、片面に自社ブランドのみを表記することが多いです。

最終的に、印刷工場へはファイル形式「ai」で作成したデータを提供することになります。「ai」ファイルは、photoshopに対応した拡張子で、少し勉強が必要です。もし、photshopの操作がわからない場合は、手書きやエクセルで作成し、クラウドワークスやランサーズで仕事依頼をしてくださいね。

一見手間?のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自身でできないことを一から勉強するよりは、できる方でお金を払ってお任せした方が効率よいですよ。現に、あなた自身が中国から商品を調達できないから、中国で検品ができないから、中国語が話せないから、代行業者の利用を検討または現に利用しているのですよね?ロゴデザインの作成や紙タグの作成も全く同じことですよ^^

 

紙タグ作成までに必要な過程をまとめました。参考にしてみてください。

 

ブランド名ブランド名以外の部分(あれば)
フォント-字体字体を指定する字体を指定する
フォント-サイズサイズを指定するサイズを指定する
ロゴデザイン(あれば)aiファイルで別途提出する-
カラー次の色見本からカラー番号を指定する
・DIC(ディック)カラーガイド
・PANTON(パントン)
カラー番号を指定する
レイアウト、デザイン紙タグに印刷したい各パーツのデザインやレイアウトを指定する
・文字の配置場所
・ロゴの配置場所
紙タグのサイズ紙タグのサイズを指定する-

 

紙タグの活用方法

QRコード

紙タグに、あなたのブランドのホームページや販売ページのQRコードを印字するのはいかがでしょうか。

エンドユーザーはパソコンやスマートフォンから検索であなたのサイトを再訪せずとも、手元に届いた商品に付いている紙タグを通じ、再購入のきっかけを演出することができますね^^!

 

紙タグの相場

相場観

紙タグは作りたいけれど、価格が気になる方も多いのではないでしょうか。中国で作成すると、価格は正直超安いです!当社の場合ですと、紙タグのサイズや厚みについてご経験がない方の場合、当社お任せで作成させていただくこともあります。

言葉で説明が難しいのですが、厚みは両手で少し力を入れてぐにゃぐにゃならない程度で、印刷もきれいな上質紙、サイズは約4cm×7cmくらいの1カラーですと、1枚0.2元(約4円)前後です。

 

前後と書いたのは、最低ロットが1,000枚~ということと季節により(繁忙期なのか閑散期なのか)単価が若干変動するという意味です。なお、過去に、無在庫でリピート注文はあったとしても1,000枚を超えるロットでご注文なさるユーザー様はいらっしゃらないです。紙タグを作成するなら、ひとまず1,000枚が目安ではないでしょうか。

 中国輸入代行「誠」は、工場からの卸価格に一切乗せていないです。会計上、横流しはNGのため、仲介手数料として1案件につき50元をいただいています。なお、日本で作成した紙タグや当社を介し作成いただいた紙タグは、当社中国倉庫にてお預かりもできます。(お預かりは無料です!)

 

ブランド首タグで簡易OEMする方法

ブランドタグ

ブランドイメージを向上させる点では、「紙タグ」に加え、「首タグ」も付け替えることもあります。ブランド化する手順としては、「紙タグ付け替え+首タグ取り外し」のパターンではじめ、「紙タグ付け替え+首タグ付け替え」のパターンに移行するユーザー様も多いです。

首タグを交換するだけで、製品のイメージやブランドイメージがよい意味で変わりますよね。「紙タグ」は切ってしまえばコレクターでない限りそれで終わりですが、そのアパレル服を着用している間、「首タグ」はずっと残りますから、いつも手元で「首タグが営業」してくれるような状態を作り出すことができます^^

 

首タグ作成に必要な過程は、紙タグ作成のそれと概ね同じですが、次の過程を加えてくださいね。

ブランド名ブランド名以外の部分(あれば)
素材素材を指定する
(概ね、下地は布生地、糸はお任せが多い)
-
カラー糸やロゴのカラーを指定する糸やロゴのカラーを指定する
その他縫付方法を指定する
(概ね、左右のみが多い)
-

 

洗濯タグは、無在庫にとって難関

洗濯タグ

A太さん
ご無沙汰しております。A太です!

誠カスタマーサポート
こんにちは。A太さん!
ご用件をお伺いいたします。

A太さん
無在庫で、日本語の洗濯タグを作って付け替えをお願いしたいです。
できますか?

誠カスタマーサポート
無在庫でですか?
できないことはないですが、同じ表記の洗濯タグを1,000枚作ることになりますよ?

A太さん
あ、最低1,000枚~でしたね。。
・・・あ、あと、
1点ずつ商品の材質が違いますし、洗濯表示や材質まではわたしはわからないです。
誠さんで、既製品の中国語の洗濯タグを日本語に翻訳していただけますか?

誠カスタマーサポート
・・・それは厳しいですね。。
毎日、数千点以上到着する無在庫の商品の中から、翻訳が必要な商品をピッキングするのは簡単ですけれど、翻訳するためのラインを作る必要がありますし、翻訳後、日本語でaiファイルに落とし込んだり、工場へ印刷依頼するような段取りを要しますね。。

A太さん
何だか聞いただけで大変そうですね。。
わかりました~。
無在庫ですと、洗濯タグの作成、付け替えは厳しそうですね!

誠カスタマーサポート
・・・あ、そういえば、社長が洗濯タグを自社生産するシステムを試験していたのは見たことがあります!そのシステムが稼働すれば、無在庫でも洗濯タグを1点ずつ当社で印刷できるらしいですよ。ただ、社長もいろいろ忙しそうで、いつリリースされるかは私たちもまだ聞いていないのですね。。目途が立てば、おそらくSNSやブログなどで案内があるとは思います^^

A太さん
お、そんなんですね!
期待しています!!

 

ちなみに、冒頭の「洗濯タグ」のイメージは、開発中の専用システムで印刷したサンプルです。洗濯マークも印字できますし、中国語を日本語表記にすれば、日本の消費者庁が定めている基準をクリアすることができます。当社側での翻訳はサポートしないことを前提であれば、あとはユーザー様がシステム上に、印字なさりたいブランド名や素材、連絡先等の日本語を入力いただき、洗濯マークを選択いただくことで、1枚ずつ印字が可能になる。といったシナリオで進めています。

・・・この案件、忙しさにかまけて、半年以上保留にしていました。。^^;

 

 

まとめ

QRコード付き紙タグ

無在庫物販でもタグ付けが主流になりつつあります。はじめてのタグ付けであれば、「紙タグ」から始めましょう。地元の印刷会社へ相談し、日本で「紙タグ」を作成してみてください。完成後は、代行業者へ発送し、既存「紙タグ」との交換を依頼すれば、簡易OEMの出来上がりです。

代行業者を通じ、中国で「紙タグ」を作成することもできます。相場は、最低1,000枚~で、相場は約4円/枚です。中国で作成すれば、日本から中国までの国際送料分を抑えることができますが、印刷会社への依頼がはじめてのユーザー様は、経験のため、まずは日本の印刷会社への作成依頼をオススメします。

また、「紙タグ」交換に慣れてきましたら、次のステップとして「首タグ」にも挑戦してみてください。「紙タグ」交換に、「首タグ」交換も加わることで、あなたのブランド力はさらに向上するはずです。「紙タグ」は着用前に外しゴミ箱行きですが、「首タグ」はよほど気にいらないデザインや首回りが痒くならない材質である限り、そのアパレル服を廃棄するまでずっと付いています。「首タグ」があなたのブランドを営業してくれます。

「洗濯タグ」は、無在庫物販にとって難関です。他社代行業者様へも、一度ご相談なさってみることをオススメいたします。

 

本日もお読みいただき、誠にありがとうございました^^!

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう