カエルが荷物を運ぶイメージ

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表のじょに(こと酒井)です^^

 

タオバオの店舗へ注文したあとに、「商品がなかなか届かない!」といった経験はありませんか?

 

すでに中国輸入を実践している方ですと、一度二度と言わず、結構な頻度で経験されている方もいらっしゃるかもしれません。。(悲しいかな、、)

 

タオバオやその他の中国のECモールに限らず、原因は、「店舗の受注確認漏れ」であったり、「無在庫転売ヤーの店舗で在庫確保ができておらず連絡も保留されていたり」ということも上げられます。

 

ただ上記の原因ですと、日本国内でも同様に起きていることで中国特有のことではありません。

 

日本のネットショップで購入して、商品がなかなか「届かない」という経験はございませんか?

 

今回は、中国国内の事情に特化して、商品が「届かない」原因について解説いたします。

 

 

中国国内のリードタイムは3日!

中国はとても広いです。日本の23倍の面積です。

 

国土が大きい分、日本よりも国内での配送時間がかかると思いきや、当社中国輸入代行「誠」の経験からしますと、通常時ですと7割程度の商品は注文から3日以内を目途に届いています

 

ただし、3日というのは、店舗が在庫を持っていてすぐに発送手配をしてくれた場合です。

 

逆に、注文の当日~翌日に届くこともあります。(日本のアマゾンみたいですね^^)

 

当社の所在は、中国の中央南部に位置する「義烏」や「広州」と、中国の東部に位置する「青島」にございますが、どちらの所在でも3日以内に届く商品が多いです。

 

もちろん、店舗がすぐに発送してくれた場合です。

 

すぐに発送してくれる店舗かどうかは、リサーチの時点での見極めが必要になります。

 3日という数字が先行して、「必ず3日以内に届く」と思い込んでしまう方もいます。あなたのリサーチ力(=店舗選定における経験)に起因する部分が大きいです。あくまで目安とされてください。
 すぐに発送されないことを代行業者の責任のように感じている方もいます。代行業者では、店舗の発送作業や運送業者の配送スピードはコントロールすることができません。。少なくとも当社では、通常時は3日に一度の頻度で店舗へ配送状況を確認しています。。

 

追跡番号がない店舗は7割!

タオバオの店舗に注文したからといって、必ず追跡番号が発番されるわけではありません。

 

経験値ですと、およそ7割の店舗は追跡番号が付与されていますが、残り3割の店舗では付与されていないです。

 

追跡番号が付与されていないと、お客様(あなた)も代行業者(たとえば当社)も発送状況を確認することができません

 

注文先がタオバオの無在庫「個人転売ヤー」の店舗ですと、注文前に問い合わせしましても、無在庫店舗ですから追跡番号が発番されるのかどうかさえわかりません。(聞いてくれればよいのですが、タオバオの無在庫「個人転売ヤー」の店舗からの回答は、逆ギレされたり^^、返信をいただけないことが多いです^^;困る、、)

 

タオバオから商品が「届かない」3つの原因

ここからが本題です。

 

タオバオなど中国のECモールで注文した商品が「届かない」原因は、3つです。

 

以下、中国輸入の代行業者を通じて注文したことを前提に、原因を解説いたします。

 

1. ダミーの追跡番号を発番する。(=本当は発送していない。。)

悲しいかな、店舗が本当は発送していないことがあります。

 

タオバオの店舗は一旦受注処理を行うために、店舗が在庫確保できていなかったり仕入先からの入荷待ちの状態ですと、ひとまずダミーの追跡番号を発行することがあります。

 

追跡できない追跡番号を、タオバオの管理画面にある追跡情報欄に記載します。

 

これにより、タオバオの店舗は発送実績を作ることができ、しばらくの間(1週間~2週間ですかね)、運送会社の責任にすることができます。

 

そして、この期間に在庫確保をして発送する店舗もあります。

 ダミーの追跡番号を発番する店舗は、無在庫「個人転売ヤー」の店舗が多いです。

2. 運送会社が荷物を紛失する。

悲しいかな、、中国では日本に比べ、荷物の紛失(や破損)が多く生じます。

 

追跡番号があれば該当の運送会社の追跡サイトを(代行業者やあなたが)確認することで、おおよその到着日はわかります。

 

ただし、追跡ステータスが1週間以上変わっていないこともあります。

 

この場合は、紛失の可能性を疑い、運送会社に直接問い合わせることでおおよそは「紛失」であることが判明します。

 

運送会社から「紛失」したことの連絡があるわけではないので、判明までに時間を要することがほとんどです。

 

 そもそも日本の感覚で中国輸入(中国に関わらず国際貿易のリスクを我々はもっと認識すべき=相手国のことへの理解)を実践していると、こういうことに都度反応することになります。。ので、「紛失が多い」→「そうだよね、中国ならふつうだよね」くらいの心構えも必要かも。しれません。。
 追跡番号付きの荷物のうち、運送会社が紛失を認めた場合に限り返金を受けることができます。
 タオバオは、中国国内需要を満たすの個人向けサイト(そもそも日本人を相手にしているサイトではない)のため、タオバオで購入した中国人はちょっとやそっとの破損やバリエーション違いで返品したり、クレームすることは少ないです。クレームしようものなら、店舗から逆ギレされて、「では当店から購入しないでください」「京東などの品質が良いサイトで買えばいいじゃん」など言われます^^;これが現実(の一部)です。。
 特に、2020年1月以降、ウィルス問題以降、物流業界の混乱(人件費高騰による価格面や封鎖地域を迂回するなどの輸送経路面など)により紛失リスクが高まっています。

3. 不具合品が2~3割!

代行業者の倉庫に到着し、いざ検品を行うと不具合品であることがあります。

 

当社の場合ですと、ご注文いただいた商品のうち2~3割が、「破損」や「破れ」「色違い」「サイズ違い」「シミ」などを理由とした不具合品です。

 

不具合品を返品して店舗へ到着するまでに3日、再発送してもらって代行業者の倉庫までに3日。

 

不具合品が発生しますと、日本到着まで約1週間くらい遅延することになります。

 

さらに、再発送いただいた商品がまた不具合なんてこともよくあることです。。(ため息、、)

 タオバオの無在庫「個人転売ヤー」は実際に商品を見ているわけではなく、さらにだいたい同じであればokという感覚の店舗も(国民性かな?)非常に多く、商品ページと異なる商品が届くことがあります。

 

在庫確保をより確実にするための対策

タオバオの商品ページのイメージ

「ダミーの追跡番号」や「紛失」を回避したければ、タオバオの商品ページ内で、「物流」の評価を確認してみてください。

 

上記画面ですと、ピンクの枠です。

 

「物流」が4.8以上であれば、商品が「届かない」といったリスクを格段に減らすことができます。

 

もう1つは、無在庫「個人転売ヤー」から購入しないことです。

 

タオバオの無在庫「個人転売ヤー」は、上記原因の3つの要素がすべて揃った店舗であり、リサーチの対象外にすることで商品が「届かない」という現象を減らすことができます。

 

「無在庫転売ヤー」の詳しい見分け方については、下記記事を参考にされてみてください。

 

まとめ

国際発送において、商品が予定通り届かないということはよくあることです。

 

船の遅延、飛行機の遅延、工場の納期調整力、相手国での交通事情による遅延、、通関での審査および遅延、、

 

届かない要因はたくさんあります。

 

そういった状況の中で、タオバオの店舗(天猫・アリババを含む中国のECモール)から代行業者まで配送は、お客様自身(あたな自身)の経験や視点を含めたリサーチ力で回避することができます

 

実際に、当社と月に数百万円以上の取引があるお客様で、商品が「届かない」というお問い合わせを一度もお受けしたことがない方もいます。

 

商品が「届かない」リスクを100%回避するのは難しいですが、少し視点を変えて(意識して)リサーチしていただくことで減らすことができます。

 

参考にされてみてください。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

【ブログランキングに参加しています】


この記事をお読みいただき、
「役に立った!」「参考にしたい!」「応援しています!」など感じていただいた方は、
応援の意味で、下記バナーアイコンをポチっとお願いできませんか。
読者様からのポチが、とても励みになります!
中国輸入代行 
中国輸入代行
あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事