無在庫での仕入単価を下げる方法【倉庫保管サービスを活用する】

こんにちは!
中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

仕入単価を下げたい子侍
中国輸入で無在庫販売をはじめて3ヵ月目です。商品登録数も3,000件を越え、だんだん利益が出る商品が出てきました。ただ、「在庫切れ」により想定していた店舗の在庫が注文時にはないこともあったり、最安値の商品を購入すると「不具合」だったりすることもあります。それにより、思っていた利益が出なくて、もう少し利益率を改善したいと考えています。何かアドバイスをいただけると助かります。

このような疑問にお答えします。

 

無在庫での仕入れに関するtweet

中国輸入で無在庫販売していると、よく売れている商品がわかってきますね。そのような商品がある人(商品登録件数3,000件以上の人が目安)は、タオバオではなく1688も見てみるとよいですよ。ロット購入して、代行倉庫に保管しておくことで、単価を下げられ、在庫切れによる販売機械ロスを減らせます😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

▼この記事でわかること▼

  • 無在庫での仕入単価を下げられるケース
  • 無在庫での仕入単価を下げる方法

パンダ社長
ここで紹介する方法は、自身の売れ筋がわかってきた頃、つまり中級者以上の人向けです。たとえば、無在庫で販売している同じ商品が、3ヵ月以上の間で、少なくとも月に2点以上売れているような商品には効果がある方法です。

 

それでは見ていきましょう。

 

無在庫での仕入単価を下げられるケース

中国輸入で無在庫販売している人の仕入先は、タオバオと天猫です。

アリババは、原則ロット購入のため、無在庫の仕入先には向いていません。

ただし、次のようなケースでは、アリババも仕入先になり得ます。

  • 月に何点も売れている商品があるケース
  • 何としても商品を調達する必要があるケース
  • 1点から購入できる店舗が見つかったケース

 

詳しくみていきましょう。

 

月に何点も売れている商品があるケース

1つ目は、月に何点も売れている商品があるケースです。

無在庫で販売していると、ある時に、同じ商品が何点も売れていることに気付くことがあります。

いわゆる、売れ筋を見つけた瞬間です。

 

そのような商品を、タオバオで仕入れ続けるのは勿体ないです。

なぜなら、アリババにも同じ商品が出品されている可能性があり、仕入単価が下がるためです

アリババでも、商品リサーチしてみてくださいね。

パンダ社長
初心者や自身の売れ筋が見つかっていない人(=販売実績がまだ少ない人)は、上記方法はやらない方がよいですよ。アリババはロット販売なので、1点購入ができるタオバオと天猫でまずは実績を積んでいくことをオススメします。

 

何としても商品を調達する必要があるケース

2つ目は、何としても商品を調達する必要があるケースです。

無在庫で販売している商品が売れたとき、仕入れを想定しているタオバオや天猫の店舗をサイトを確認しますよね。

しかし、商品登録したときには在庫があったけれど、商品が売れたときに見てみたら「在庫切れ」だった。

ということは、中国輸入で無在庫販売していれば比較的よく起こることです。

 

そして、タオバオや天猫の他の店舗も探してみても、在庫がない。

仕方なく販売モールでキャンセルすると、クレームに繋がったり、販売モールのルールでアカウントに影響が出たり。。

そのような時の最後の砦として、アリババで商品リサーチすると案外見つかります。

最低2点からの店舗が多いですが、背は腹に変えられないです。

アリババで2点購入して、1点をエンドユーザーへ手配しましょう。

パンダ社長
残りの1点は、廃棄するか、代行の倉庫で保管するかの選択肢もありますよ!それから、アリババ以外の仕入先として、京東商城も活用できます。単価は高目ですが1点から購入できます。

 

参考:中国輸入ビジネスで、京東商城を利用する利点【会員登録する方法も解説】

 

1点から購入できる店舗が見つかったケース

3つ目は、1点から購入できる店舗が見つかったケースです。

アリババで商品リサーチしていると、稀に1点から購入できる商品が存在します。

そのような商品は、次のような理由で、1点から購入できます。

  • 決算や廃業等の理由で、在庫を売り減らしたいため
  • 期間限定セールによる集客のため
  • 比較的単価が高く(数万円以上)、1点から販売しても店舗側(工場や卸側)利益を取りやすいため

パンダ社長
アリババでの1点購入は期待しない方がよいですよ。アリババで商品リサーチするなら、タオバオに集中してとくかく出品点数を増やすことに注力した方がよいです。ちなみに、「誠」では商品リサーチや商品登録などを委託(=外注化)できるサービスを提供していますよ。

 

参考:無在庫販売における業務「丸投げ」代行サービスの紹介【特典付き】

 

無在庫での仕入単価を下げる方法

無在庫での仕入単価を下げる方法は、仕入先をアリババにすることです。

ただし、繰り替えしになりますが、売れ筋に限った話です。

あくまで、中国輸入無在庫販売における仕入先は、タオバオと天猫です。

パンダ社長
くれぐれも、初心者の人がアリババで商品リサーチすることが無いようにですね。本当に時間をムダに使ってしまいます。。

 

注意すべきは、仕入れ後の代行の対応可否です。

同じ店舗から同じ商品を2点仕入れて配送先が1つしか選択できないと、エンドユーザーに2点配送することになります。

2点分の商品仕入代に加えて、代行手数料や国際送料が生じます。

そのようなことは出来る限り避けたいことでしょう。

パンダ社長
「誠」の倉庫保管機能を活用することで、上記問題を解決できますよ。会員様向けのサービスですが、参考として、web注文システム内での利用の流れを紹介しますね。

 

▼倉庫保管機能の利用方法▼

  1. 新規注文タブで、[倉庫保管]ボタンを押下し、注文したいURLと注文数をペーストして注文を確定する
  2. 注文履歴タブで、ステータス欄が[誠到着]になると、[発送依頼]ボタンが出現する
  3. 発送したい数量と配送先情報を入力する
  4. 指定の情報で国際発送する

パンダ社長
これ。SNSやエクセルでやり取りすると、ミスやトラブルの原因になりやすいのですね。「誠」はシステムで完結するので、やり取りもいらずポチるだけです。

 

結論:無在庫でも仕入単価を下げられることもある!

まとめます。

  • 無在庫での仕入単価を下げられるケース
    ①月に何点も売れている商品があるケース
    ②何としても商品を調達する必要があるケース
    ③1点から購入できる店舗が見つかったケース
  • 無在庫での仕入単価を下げる方法は、仕入先をアリババにすること

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:中国輸入でのベターな仕入先【天猫/タオババ/アリババの特徴】