中国輸入代行「誠」が、OCSや流通王と取引していない理由

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

 

当社は、「誠」のサービスをはじめて以降、「OCS」や「流通王」といった中国での輸入代行業界でよく利用されている運送会社を採用したことが一度もありません。そのせいもあってか、ユーザー様より次のようなお問合せを月に何度かいただきます。

 

  • 「OCSや流通王での価格はいくらですか?」
  • 「誠さんでOCSや流通王は利用できますか?」
  • 「誠さんの料金表に、OCSや流通王の記載がないのですが、一番安い国際送料で見積いただけませんか?」

 

「EMS」「OCS」「流通王」も含め、中国には運送会社はたくさんあります。ある程度の規模感を持った代行業者になりますと、物流会社から営業があります。そして、(うれしいかな)当社にも営業があります^^ですから、「OCS」や「流通王」のサービス内容や料金(原価)は把握していますし、その上でこれまで採用してこなかったという経緯があります。

 

今回は、当社中国輸入代行「誠」が、これまでOCSや流通王と一度も取引してこなかった理由について、赤裸々に解説いたします^^

 

 

物流会社の決め手

あなたが中国輸入の代行業者を選定する際の決め手は何でしょうか。決め手は1つではなく、「配送スピード」「丁寧な検品」「コミュニケーションの円滑さ」「返信スピード」「注文のしやすさ」「料金の安さ」はたまた「キックバックがある」など、いくつかの決め手ある方も多いのではないでしょうか。

中国輸入の代行業者が物流会社を選定する際の決め手も同じようなものです。代行業者によって、決め手はさまざまです。当社の場合、「これです!」という感じには決めていませんが、唯一決め手の指針としているのが、「現ユーザー様へご迷惑をかけないこと」です。この指針さえブレなければ、物流会社との取引が円滑に進みますし、仮に取引中にこの指針から外れるような事象が生じれば、協議の上、他社を検討するようにしています。

 

ただし、代行業者が物流業者をコロコロと変えることは現ユーザー様へ迷惑をかけてしまうと考えていますから、物流会社の選定には相当の慎重を期していることも補足として書いておきます^^

 

物流会社と運送会社との違い

本題に入る前に、物流業界の流れについて書いておきます。

物流会社をもう少し厳密にわかりやすくいうと、「運送会社を卸す会社」です。そして、運送会社とは、「OCS」「流通王」「佐川急便」「ヤマト運輸」のような運送会社のことです。中国から日本へ実際に荷物を配送するのは運送会社ということです。それらの運送会社を取りまとめているのが物流会社(運送卸会社)です。

荷物の流れ
物流会社(=運送卸会社) ⇒ 運送会社(=国際配送会社)⇒ 中国税関 ⇒ 日本税関 ⇒ 日本の運送会社 ⇒ 貴社指定先住所
たとえば、「OCS」や「流通王」は物流会社でもあり、運送会社でもあります。物流会社としての「OCS」が運送会社としての「流通王」へ卸すこともありますし、物流会社としての「OCS」が運送会社としての「OCS」へ卸すこともあります。ここでの「卸す」とは、「荷物を渡す」と考えていただければよいです。推測ですが、「OCS」や「流通王」は、自社で物流会社と運送会社を持っていますから、できる限り、自社へ卸すのが効率がよく、おそらく取引の多くが自社内ルートでのシェアが多いのではないかと思います。
「OCS」や「流通王」のことはさておき、ここでは、物流会社と運送会社が同じ会社の時もあれば、異なる会社の時もあり、それらのルートも含め、中国輸入代行業者が物流会社と交渉しているということだけ抑えておいてください。
 業界内での物流会社と運送会社を混同して話すときがありますが、明確のため、わたしの解説では敢えて上記のように区別しています。

中国輸入代行「誠」の運送会社が一択の理由

多くの中国輸入代行業者では、物流会社は1つないし2つに絞っています。代行業者は物流会社の選定後、その物流会社と取引がある運送会社の中からどの運送会社を採用するかを代行業者は決めています。同じ運送会社であっても、物流会社により卸価格や諸条件が変わることもありますし、同一条件でも卸価格が変わることもあります。ですから、代行業者は慎重に物流会社を選定することになります。

そのような背景を踏まえ、「EMS」「OCS」「流通王」「佐川急便」の中からユーザー様が選択できる代行業者が多い中、中国輸入代行「誠」では、運送会社は敢えて1択にしています。厳密にいえば、小型包装物の国際配送であればチャーター便で日本国内はヤマト運輸配送、21kg以上の荷物の国際配送であれば物流会社は一番急便で運送会社は一番急便に一任し運送会社がもっている佐川急便の枠を利用、日本国内は佐川急便で配送という手段を取っています。

 

運送会社を選択できる環境を作りますと、次のようなトラブルが生じることを懸念しているため、中国輸入代行「誠」では運送会社を敢えて一択にしています。

運送会社選択制に関する懸念事項
  • ユーザー様から複数の運送会社は何が違うのかと質問をいただく機会が増えるのではないか
  • ユーザー様の中で決めきれず場合によっては手間と感じられるケースがあるのではないか
  • 国際送料の請求金額でトラブルになることもあるのではないか
  • ユーザー様指定の運送会社と異なる運送会社で配送してしまうことがあるのではないか
  • 国際送料の料金表が煩雑になるのではないか

 

OCSや流通王と取引していない理由

一択にしている理由は上述の通りです。では、どうして業界の主流である「OCS」や「流通王」を利用していないのでしょうか。結論から言いますと、「これまでは採用していなかっただけで、今後はわからない。」ということです。

 

実のところ、「流通王」に関しては、中国輸入代行「誠」を立ち上げる前に、個人として何度か利用させていただいたことがあったのですが、当時は通関が極めて遅く、外箱破損で日本国内の運送業者に渡せず、代替の箱代を追加徴収されたり、日本側の「流通王」の通関業者へ電話しても対応が悪かったり。という経験をしていました。加えて、わたし、実は亀戸にある「流通王(スコアジャパン)」の日本本社へ、、・・・(っと、これ以降は、文章では伏せておきます^^;)

「OCS」に関しては、とにかく卸値が高い!です。「高い!」といいましても、実のところ、「中国輸入代行」でググって3頁以内にヒットする代行業者の売価と比べますと、「うちが業界最安値の卸価格ですよね?これ?」という提案を受けています。ただ、中国輸入代行「誠」が現時点でユーザー様へ提供している価格に比べれば高いのです。。「OCS=ANA系=日本=イメージがよい!」という印象をお持ちの方もいらっしゃるのかもしれませんが、実際のところ、中国側で荷物の積み下ろしをしているのは中国人ですし、当社が利用している運送会社とサービス面で何が違うのか??と、商談の度に思ってしまうのです。。

 

ただ、冒頭でも書いているように、「運送会社選択制に関する懸念事項」がシステムでクリア(これは比較的簡単だったりする^^;)になり、ユーザー様から「EMS」「OCS」「流通王」など含め、他の運送会社も利用したい。というご要望が増えるのであれば、注文システムを改良して国際発送の業者を選択できる機能を追加することも前向きに考えています^^

 

まとめ

2019年12月からコロナが蔓延し始めて以降、国際送料は値上がり傾向にあります。2021年8月現在でも、代行業者の国際送料は各社値上がりしています。そのような中で、中国輸入代行「誠」は現時点では上りもせず下がりもせず、安定して供給することができています。こういうことを書くと、翌日に値上げの話が来そうですが^^;、中国輸入代行「誠」は物流会社や運送会社を一択にしていることで、一定の物量を確保することができ、少なくとも現時点では国際送料においては世界情勢の影響を受けにくい体制を構築できているものと考えています。

今後の国際送料の動向は神のみぞ知るところでありますが、組むパートナーを間違えないよう、引き続き、見極めてを行って参ります。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

 本記事内の物流会社と運送会社に関する説明は、一部実態と異なる部分がありますが、非常に煩雑な物流業界について説明しますと前置きが長くなり、わかりづらくなるということから、簡単のため、端的にわかりやすくという点にフォーカスし解説させていただきました。諸々表現や業界の構造に対し、ツッコミもあるかと思いますがご勘弁ください^^;
 

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう