【裏技あり】アパレル製品を日本でOEMする方法【中国輸入に頼らない】

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

 

子侍
最近、アパレル製品のOEMをはじめたんだけれど、この前初めての荷物が届きましたよ。商品は予定通りだったけれど、思っていたより国際送料が嵩んだなぁ。日本でもアパレル製品をOEMってできないのかなぁ。OEMといえば、どうして中国なのかなぁ。日本でアパレル製品をOEMした場合、単価やロットはどれくらいだろう。

このような疑問にお答えします。

 

日本でアパレル製品をOEMすることに関するtweet

OEMは、日本でもできますよ。たとえば、アパレル製品や化粧品、コスメ、サプリメント、健康食品あたりは、「●● 日本 OEM」でググるとヒットします。とてもざっくりな総論ですが、ロットは中国より少なくて、単価は中国より高めです。日本でOEMすると、国際送料や通関リスクを軽減できます😌

この記事は、広州にあるアクセサリーのOEM工場に出資しているパンダ社長が書いています。

 

この記事でわかること

  • アパレル製品は日本でもOEMできること
  • アパレル製品を日本でOEMするメリット
  • 日本で、アパレル製品のOEM工場を探す方法
  • 日本で、アパレル製品をOEMする手順
  • 日本での、アパレル製品のOEM単価とロット
  • アパレル製品をより安価に正確にOEMするための裏技

 

それでは見ていきましょう。

 

アパレル製品は日本でもOEMできる

アパレル製品は日本でもOEMできる

中国輸入ビジネスは、98%の人が転売から始めます。

そして、転売に慣れてきたら徐々にOEMを検討します。

そのため、「OEMは中国輸入で」といった具合に潜在的に思っている人もいるかもしれません。

 

実は、灯台下暗しで、アパレル製品のOEMは日本でもできます。

 

1960年代の高度経済成長以降、縫製工場はより安価な中国へシフトしてきました。

しかし、日本独自の文化として残ってきた縫製工場は、近年でも新規開業している企業もあります。

日本にしかできない技術やおもてなしの心が、今も縫製工場に伝わっているのかもしれません。

パンダ社長
わたしの祖母も内職で、セーターを編んだり、生地から縫製したりしていた記憶があります。

 

アパレル製品を日本でOEMするメリット

アパレル製品を日本でOEMするメリット

アパレル製品を日本でOEMするメリットは何でしょうか。

中国輸入でのOEMと比べてみるとわかりやすいかもしれません。

  • 関税がかからない
  • 国際送料がかからない
  • 日本語で意思疎通ができる
  • 支払いが日本円でできる
  • 納期が短い
  • 比較的小ロットからできる

 

デメリットは肌感覚ですが、中国でのOEMに比べると単価が高いことです。

パンダ社長
単価の違いだけでと思うかもしれませんが、単価には、日本での人権費や家賃が乗ります。上記に上げたメリット以上のコスパを発揮することがあるので、アパレルメーカーは中国やベトナムでのOEMしているところが多いということです。

 

日本で、アパレル製品のOEM工場を探す方法

日本で、アパレル製品のOEM工場を探す方法

中国でアパレル製品のOEM工場を探す方法は次の通りです。

  • 代行業者に探してもらう
  • アリババ(1688.com)で探す
  • 「中国 アパレル工場」「中国 OEM アパレル」等でググる

 

一方、日本でアパレル製品のOEM工場を探す方法は次の通りです。

  • 「日本 アパレル OEM」でググる
  • 「アパレル 展示会」でググる
  • 管轄の商工会議所に問い合わせる

 

「日本 アパレル OEM」でググる

ググってみてください。

次のようなアパレル工場のまとめサイトから調べることができますよ。

下記サイトでも、各工場を調べるのに数日はかかると思います。

参考:SDファクトリーは、アパレルメーカーと縫製工場をつなぐマッチングサービスです。

参考:縫製工場のアパレルOEM企業一覧 116件です。

 

「アパレル 展示会」でググる

ググってみてください。

ヒットしたら気になる展示会へ参加し、展示ブースを回ってみてください。

展示会への参加は基本無料です。

参考:ファッションワールド東京、世界中から520社※が出展する、日本最大のファッション展!

参考:大阪ファッション産業振興フォーラム

 

管轄の商工会議所に問い合わせる

「住まいの地域+商工会議所」でググってみてください。

連絡先がわかったら、電話してアパレル製品のOEMができる工場を探しているといえば、何らかの回答があります。

商工会議所へ伺って、商工会議所へ登録している企業の名簿から探すこともできます。

 

日本で、アパレル製品をOEMする手順

日本で、アパレル製品をOEMする手順

めぼしい工場が決まったら次は問合せです。

問合せ後の流れは、おおよそ次の通りです。

  1. 問合せする
  2. 担当者と電話相談
  3. お見積り
  4. サンプル制作
  5. 量産
  6. 検品
  7. 発送・納品

パンダ社長
中国輸入でのOEMの手順と同じです。ただ、担当者と電話相談の部分で、あなたの言葉で直接伝えられることができ、OEMでよくある伝わりにくいニュアンスを伝えられるメリットがあります。他にも、工場直ですから、ざっくりイメージを伝えることでこんな感じですか?とイメージを具体化して提示してくれることも多いですね。

 

アパレル製品をより安価に正確にOEMするための裏ワザ

アパレル製品をより安価に正確にOEMするための裏ワザ

アパレル製品のOEMは、中国輸入の場合でも日本生産の場合でも一長一短あることはわかりました。

どちらがよいかと言われたら、どちらもよいと答えます。

ただ、「中国輸入×日本」という裏技もあります。

 

OEMの肝はサンプルが出来上がるところまでの工程です。

サンプルは日本のOEM工場で制作し、そのサンプルを中国のOEM工場で量産する。という手法はいかがでしょうか。

パンダ社長
この方法は、記事を書きながら思いついたのですが、翌々考えたらユニクロも同じように生産していますね。ユニクロは、会議に提出するサンプルは日本で作成して、企画が通った商品を中国やベトナムで量産していますね。

 

結論:アパレル製品は日本でもOEMできる

結論:アパレル製品は日本でもOEMできる

まとめます。

  • アパレル製品は日本でもOEMできる。
  • 日本で、アパレル製品のOEM工場を探す方法はとにかくググる。
  • 日本で、アパレル製品をOEMする手順は中国輸入のそれと同じ。
  • サンプルは日本で制作し、量産は中国で行う方法もある。
  • 自社工場を持っていないメーカーを「ファブレスメーカー」と呼ぶ。

 

最後に補足です。

AppleやNike、任天堂、キーエンスは自社工場を持っていません。

自社工場を持っていないメーカーを「ファブレスメーカー」と呼びます。

つまり、中国輸入でOEMをやっている人の多くは「ファブレスメーカー」です。

何だかかっこいいですね。

パンダ社長
ファブレスとは、「fabrication facility less」の略語で、「工場を持たない」という意味です。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:【らくらく】中国輸入でのOEMのやり方【楽しいですよ】