GS1事業者コード(JAN企業コード)取得までの3つのSTEP

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表のじょに(こと酒井)です^^

 

輸入ネットビジネストで、これから転売やOEMをはじめる方は商品登録の際にJANコード(=GS1事業者コード)が必要になります。

 

たとえばアマゾンですと、JANコードの免除申請を行えばJANコードがなくても出品することができますが、これから自社ブランドを確立していく方向であれば、ぜひ、JANコードを取得しておくことをオススメします。

 

JANコードとは

JANコードは「Japanese Article Number code」の略で、「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別番号です。 国際的にEANコードやGTIN-13コードと呼ばれているもので、日本ではJANコードと呼ばれることがほとんどです。

 

JANコードの文字列

JANコードには13桁と8桁タイプのものがあり、13桁の方が標準的に用いられています。

 

 

13桁のタイプの始めの9桁がGS1事業者コードと呼ばれ、申請をすることで企業ごと(個人でもok)に割り当てられます。次の3桁がアイテムコードで企業側で001~999の数字を割り当てます。末尾の1桁はチェックデジットと呼ばれ、前12桁の数字にエラーがないかチェックする数字のようなものになります。(※1)

(※1)チェックデジットを含めJANコードを簡単に生成できるエクセルをメルマガ登録特典としてお付けしております。

 

GS1事業者コードを申請する

申請が必要になるのは、13桁のJANコードのうち始めの9桁のGS1事業者コード(JAN企業コード)と呼ばれるものです。申請方法は以下の2つです。

 

  • 商工会議所にて申請する
  • WEBにて申請する

 

ざっくりとですが、WEBでの申請の流れを記載いたします。

 

 ① Eメールアドレスを登録
 ↓
 ② 申請フォームに入力する
 ↓
 ③ 登録申請料を支払う

 

詳しい申請の方法は、GS1事業者コードを発行している「一般財団法人 流通システム開発センター 」の下記URLにてご確認ください。登録申請は非常に簡単です。ひとまずURLを押下してみてください。

http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html

 

登録までの日数

入金が完了から7営業日くらいで「GS1事業者コード(JAN企業コード)登録通知書 在中」と記載された緑の封筒が普通郵便で届きます。転送ができないことだけご注意ください。

 

登録申請料

登録申請料は、業種と年商によって変わります。

 

年商1億円までですと、12,960円(3年分)をまとめて支払います。

 

詳細は下記URLにてご確認ください。

http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html#01

 

注意事項

一度の申請で999件のアイテムコードが取得できます。1,000件以上必要な場合は、下記専用窓口よりお問い合わせください。

https://www.dsri.jp/contact/

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう