個人輸入ビジネスでよく使われる3つの貿易条件

こんにちは!
じょにです^^

貿易条件について、取引先に確認したことはありますでしょうか?

 

取引を行う国により商習慣が異なり、双方の商習慣を基準にして貿易を行いますとさまざまなトラブルが起きてしまいます

 

そこで、国際商業会議所という機関が国際貿易を行う上でのルール(決め事)を設け、現在はインコタームズ2010として11個の貿易条件が規定されています。

 

今回は、特に、個人輸入ビジネスで採用することが多い3つの貿易条件について解説いたします。

 

貿易条件で定められていること

貿易条件のポイントは大きく2つあります。

 

  • 貨物にダメージが発生した場合、売主と買主とでどちらが責任を取るのか
  • 運賃を、売主と買主とでどちらが負担するのか

 

 

つまり、貿易条件とは、リスクの範囲と運賃の負担を、売主と買主のどちらが請け負うのかを明記したものになります。

 

3つの貿易条件

商品(貨物)の流れを押さえておくと、貿易条件が理解しやすいです。

 

商品は矢印に沿って、下記のように運ばれていきます。

 

工場(売主) 輸出港(売主)⇒ 輸入港(買主)⇒ 買主

 

貿易条件補足説明
FOBFree On Board
本船渡条件)
買主が、輸出港(売主)以降の運賃とリスクを負担。
(=売主は、輸出した時点で運賃・リスクの責任はない)
CFRCost and Freight
運賃込条件)
売主が、輸入港(買主)までの運賃を負担。リスク負担はFOBと同じ。
(=買主は、輸入港までの運賃は負担しないが、リスクは輸出港から負担する)
CIFCost, Insurance and Freight
運賃・保険料込条件)
売主が、輸入港(買主)までの運賃とリスクの両方を負担。
(=買主は、輸入港までの運賃もリスクも負担しない)

 

まとめ

代行業者によっても異なるかもしれませんが、通常貿易であれば、取引ごとにインコタームズを発行し貿易条件を決めのが習慣です。

 

個人輸入ビジネスの場合は、特殊な貨物(例えば、丸太や危険物など)でない限り、ほぼ貿易条件はFOBなのではないでしょうか。

 

念のため、確認されることをオススメいたします。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう