中国輸入における為替レートの話【影響を最小限に抑える方法も】

こんにちは!
中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

為替リスクを怖がっている子侍
中国輸入に興味があります。海外との取引になるので、為替のことが気になっています。代行によって為替レートが違うようですし、毎日変動しているわけでもないように見えます。中国輸入における代行での為替レートの実態などについて、何かアドバイスいただけると助かります。

このような疑問にお答えします。

 

中国輸入の為替レートに関するtweet

①日本で「円を元へ両替する」のと、②中国で「円を元に両替する」のとでは、②の方が為替レートが優遇されますよ😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

▼この記事でわかること▼

  • 中国輸入で為替の影響を最小限に抑える方法
  • 中国輸入における海外送金の方法
  • 中国輸入の代行が採用している3つの為替レート
  • 代行業者の為替レートの相場と基準レート
  • 補足:口コミ10撰に選出された代行の為替レート比較

パンダ社長
為替レートは、中国輸入である程度結果が残せるようになってきた時期から意識すればよいですよ。初心者であれば、月額利用料がない代行を選んでいれば、それだけで利益が出やすい体質になれます。

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入で為替の影響を最小限に抑える方法

中国輸入にかかわらず貿易で、為替の影響を最小限に抑える方法は2つあります。

  • ドル・コスト平均法
  • まとめて入金法

 

詳しく見ていきましょう。

 

ドル・コスト平均法

1つ目は、ドル・コスト平均法です。

株式投資をやっている人にとっては、お馴染みの方法ですね。

決まった金額を投資する方法です。

毎日でも毎週でも毎月でもokで、自身で決めた感覚で決まった金額投資する方法です。

 

たとえば、1万円を30日間毎日振り込むことと、月に一度30万円を振り込むこと。

どちらがリスクが少ないと思いますか?

 

市場での為替は毎日変動します。

2022年4月20日に過去最高の1元=20.21円をマークしました。

一方、この記事を書いている2022年5月13日現在は、1元=18.96円です。

未来は予測できません。

為替に自信がない人は、ドル・コスト平均法で、毎日小出しで元を円に換えた方が無難です。

なぜなら、下落トレンドの時にまとめて30万円を両替するよりも、1万円ずつ毎日両替した方が、為替差損が少ないからです。

パンダ社長
ドル・コスト平均法は、大幅な損はしにくいですけれど、次に紹介する「まとめて入金法」で一気に儲けられることもありますね!

 

まとめて入金法

2つ目は、まとめて入金法です。

月に一度、たとえば30万円をまとめて入金する方法です。

パンダ社長
金額ではなくて、1ヵ月分をまとめて入金という意味ですよ。半月分でも3ヵ月分でも1年分でもokです。ココ!というとき、または決めた周期で一気に振込む方法です。

 

ドル・コスト平均法がコツコツ入金(リスク最小限)に対し、まとめて入金法は持ち金をエイ、ヤーで入金する感覚に近いです。

そのため、「まとめて入金法」は、為替の変動が大きいとき(=業界用語では、ボラティリティが大きいという)には、あまりオススメはできません。

ボラティリティが大きいというのは、例えば、急速に上昇トレンドにあるときや下降トレンドにあることを指します。

ちなみに、この記事を書いている2022年5月13日前後ですと、4月28日~5月10日までが平行トレンドでどちらに転んでもよい状況ということがわかります。

まとめて入金法

 

パンダ社長
元円の動きを、雇用統計や指数、偉い人の発言、経済から予測できる人は、「ドル・コスト平均法」と「まとめて入金法」をうまく使い分けていますけれど、結局は各人の思想なんですね。どれが正解というのはないです。ガツガツ派か無難派かという分け方もありますが、経験値が血肉になります。

 

▼「まとめて入金法」と「ドル・コスト平均法」の使い分け▼

  • 上昇トレンドのとき:「まとめて入金法」が有効
  • 平行トレンドのとき:「まとめて入金法」でも「ドル・コスト平均法」でもok
  • 下降トレンドのとき:「ドル・コスト平均法」が有効

パンダ社長
トレンドの見極めは結果論という人もいますけれど、経済ニュースである程度は予測できます。予測なので外れることもありますけれど、経済を勉強していない人はより外しやすいので、貿易をする人は経済の勉強もした方がよいのではないかと思います。中には、直観でうまくいっているという人もいますけれどね^^

 

中国輸入における海外送金の方法

中国輸入における海外送金の方法は、3つあります。

  • 中国の店舗へクレジットカード払い
  • 中国の店舗へ銀行振込またはPayPal決済
  • 代行の日本口座へ銀行振込またはPayPal決済

 

詳しくみていきましょう。

 

中国の店舗へクレジットカード払い

1つ目は、中国の店舗へクレジットカード払いです。

中国の店舗とは、タオバオやアリババのことです。

国際版のタオバオやアリババであれば、日本のクレジットカードで直接決済できます。

為替レートは、貴店指定のクレジット会社のレートに準じます。

パンダ社長
国際版のタオバオやアリババについては、次の記事が参考になると思います。

 

参考:代行業者を経由する中国輸入の方法【アリエクスプレス経由も解説】

 

中国の店舗へ銀行振込またはPayPal決済

2つ目は、中国の店舗へ銀行振込またはPayPal決済です。

タオバオやアリババの店舗へ銀行振込する人はレアです。

なぜなら、海外送金手数料や銀行による為替差損が生じ、さらに着金までにも時間を要すからです。

中国へ銀行振込またはPayPal決済するなら、取引実績を積んだ上で、信頼できる工場やメーカーとの直取りのときに利用するのが無難です。

パンダ社長
パンダ社長が海外から仕入れするときには、よほど信頼できる取引先でない限り、決済は慎重に行っていますよ。安価な商品ほど疑った方がいいです。リスクがない商売に期待しない方が無難です。

 

代行の日本口座へ銀行振込またはPayPal決済

3つ目は、代行の日本口座へ銀行振込またはPayPal決済です。

中国輸入でうまくいっている人の多くが、代行を通して取引しているケースが多いです。

なぜなら、代行が中国の店舗との仲介をしてくれますし、検品や国際発送を請け負ってくれるからです。

パンダ社長
パンダ社長もやったことがありますけれど、これらを日本語でも英語でも自力でやろうとすると骨が折れます。。

 

なお、多くの代行は、日本に自社口座や提携先の口座を持っていることが多いです。

海外送金するには、海外送金手数料もかかりますし、着金までに時間を要します。

日本国内に口座がある代行であれば、手数料や着金リードタイムを最小に抑えられます。

参考:中国輸入の決済で、海外送金が不要な理由【クレジットカード直もよい】

 

代行業者の為替レートの相場と基準レート

中国輸入における代行業者が採用している為替レートの相場は、+0.5~+1.0です。

「+」とは、基準レートに対するプラス幅です。

基準レートは、代行により大きく3つにわかれます。

  • ヤフーファイナンスの為替レート
  • 代行が海外送金する銀行での為替レート
  • 代行の着金銀行での為替レート

 

詳しくみていきましょう。

 

ヤフーファイナンスの為替レート

1つ目は、ヤフーファイナンスの為替レートです。

ヤフーファイナンスの為替レートは、rare rateです。

直訳すると、裸の為替レートです。

パンダ社長
パンダ社長は日本語での正式名称がわからないので、「裸レート」や「レアレート」と呼んでいますよ。

 

実際問題、ヤフーファイナンスに表示されている為替レートで海外送金はできません。

なぜなら、「裸のレート=原価レート」だからです。

原価レートで送金すると、受取時に損をするリスクがありますから、国際貿易では原価レートをそのまま使用することはない!のですね。

パンダ社長
銀行レートも、レアレートに上乗せしたレートなんですよ^^

 

代行が海外送金する銀行での為替レート

2つ目は、代行が海外送金する銀行での為替レートです。

あなたがご利用の代行が、仮に「みずほ銀行」から海外送金しているならば、「みずほ銀行」の為替レートに加え、+0.5~1.0が採用されます。

他の方法で海外送金しているのだけれども、表上は、「みずほ銀行」のレートを基準としている代行もあります。

パンダ社長
多くの代行が、大手銀行(三菱UFJが多いですかね)の為替レートを基準にしていることが多いです。ちなみに、三菱UFJは、元建てでは、月に最大500万円分までしか海外送金できないので、実態として、取引金額が大きい代行ほど、他の方法で海外送金しているはずです。

 

代行の着金銀行での為替レート

3つ目は、代行の着金銀行での為替レートです。

代行の着金銀行とは、代行が中国で提携している銀行のことです。

為替レートは、両替したい通過で両替した方がレートがよいのですね。

パンダ社長
日本で円をタイバーツへ両替するのと、タイで円をタイバーツに両替するのとでは、後者の方がレートがよいです。「みずほ銀行」や「ヤフーファイナンス」の為替レートを基準にすることで、代行はリスクを抑えることができますね!

 

補足:口コミ10撰に選出された代行の為替レート比較

最後に補足として、2021年度の中国輸入代行口コミランキング10撰各社の、2022年5月13日現在の為替レートを紹介しますね。

参考として、月額利用料も表記してみました。

参考:【リアル集計】中国輸入代行業者の口コミランキング10撰【最新版】

 

口コミランキング 代行屋号 適用為替レート 為替上乗せ分 月額利用料
1 ヲヲフェニックス社 無料
2 イーウーパスポート社 19.92円 +1.0円 29,800円/月~
3 淘太郎社 19.74円 +0.5円 0円/月~
4 イーウーマート社 請求時判明 +1.0円 21,670円/月~
5 ラクマート社 20.04円 +1.0円 28,000円/月~
6 THE 直行便社 0円/月~
7 Amacon社 三井住友銀行レート +1.0~+2.0円 10,000円/月~
8 タオバオ新幹線社 18.89円 +1.0円
9 CiLEL社 0円/月~
10 中国輸入代行HAM社 19.94円 +0.7円
10 義烏スマイルライナー社 19.90円 +1.0円
10 中国輸入代行誠 20.14円 +1.0円 無料

パンダ社長
中国輸入における代行業者が採用している為替レートの相場は、+0.5~+1.0ですよ。

 

▼代行の月額利用料の有無について▼

参考:中国の輸入代行が月額制を採用する理由【年間60万円の利益アップ】

 

結論:中国輸入での為替レートは、ドルコスト平均法とまとめて入金法を使い分ける!

まとめます。

  • 中国輸入で為替の影響を最小限に抑える方法は、トレンドに応じ、「ドルコスト平均法」と「まとめて入金法」を使い分けること。ただし、初心者は、為替に捉われるよりも商品や店舗リサーチ、商品登録、顧客対応に注力した方がよい。
  • 中国輸入における海外送金の方法
    ①中国の店舗へクレジットカード払い
    ②中国の店舗へ銀行振込またはPayPal決済
    ③代行の日本口座へ銀行振込またはPayPal決済
  • 中国輸入の代行が採用している3つの為替レート
    ①中国の店舗へクレジットカード払い
    ②中国の店舗へ銀行振込またはPayPal決済
    ③代行の日本口座へ銀行振込またはPayPal決済
  • 代行業者の為替レートの相場と基準レート
    ①ヤフーファイナンスの為替レート
    ②代行が海外送金する銀行での為替レート
    ③代行の着金銀行での為替レート

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:中国輸入における代行選びの8の視点【全部チェックする人はいない】