必見!ペイントやエクセルで画像にモザイクやぼかしをかける方法

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

外注さんへマニュアルを作る際に画像を挿入することがあるかと思います。その際に、ログインIDや顧客情報などあまり知られたくない情報を伏せたい時ってありませんか?

 

本日は、有料の画像ソフトや新たに画像ソフトをダウンロードして0から使い方を覚えなくても簡単に画像にモザイクを掛けたりぼかしたりする方法を紹介いたします。

 

ペイントを開く

WindowsのPCにはペイントというソフトが標準装備されています。
(Macでは標準アプリの「プレビュー」が相当)

 

私のビジネス仲間はWindowsユーザーが多いですのでofficeを使った方法について解説いたします。(Macユーザーの方すみません。今、MacのPCが手元にないので画像で解説できず、、^^;Macに詳しいこちらの方の記事など参考にしてください)

 

まずは、
画面左下のスタートメニューを押下し、Wの欄から「Windowsアクセサリ」を探してください。もしくは、検索ボックスに「ペイント」と打ってください。私の場合、「ペイント」をよく使うので、選択画面の上方の[よく使うアプリ]の中に「ペイント」が自動で表示されています。(上記画面のキャプチャ参照)

 

モザイクの具体例

それでは実際に上記の写真を加工してみましょう。

 

① モザイクをかけたい画像をダブルクリックか右クリックで[プログラムから開く]→[ペイント]を押下して開いてください。画面左上の選択ボタンを押下し、モザイクをかけたい部分を選択します。

 

② 範囲を選択後、右下でマウスポインタが矢印の形になったときに、左上に向かってドラッグします。

 

③ 縮小した画像の右下にカーソルを当て、再度引き伸ばすと下記画像のようにモザイクが入ります。(画像を荒くしただけですが^^;)

 

④ 最後に忘れずに保存してください。

 

ぼかしの具体例

※ 2018年10月頃より、「ペイント」でのモザイクと同じくらい重宝していました「フォト」でのぼかし機能が無くなっています。。

 

「ペイント」とエクセル(ワードでもパワーポイントでも可)を使ってモザイクと同じ写真でぼかしてみましょう。

 

① モザイクをかけたい画像をダブルクリックか右クリックで[プログラムから開く]→[ペイント]を押下して開いてください。画面左上の選択ボタンを押下し、モザイクをかけたい部分を選択します。(モザイクのと時と同じ作業です)

 

② 選択できましたら、コピーを押下し、エクセルに貼り付けてください。

③ エクセル上で画像を選択しますと、メニューバー[書式]の上に[図ツール]という文字が出てくるので押下します。

④ [アート効果]を選択し、下に表示されたぼかしのイメージのいづれかを選択します。今回は[ガラス]を選択しました。

 

⑤ ぼかされた画像を元のペイントに貼り付けます。

 

⑥ 最後に忘れずに保存してください。

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう