【中国輸入の仕入先】無在庫ならタオバオ、有在庫ならアリババです!

こんにちは!
中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

商品リサーチに興味がある子侍
中国輸入での仕入れ先といえば、タオバオとアリババをよく聞きます。それぞれの特徴や使い分けがあるような気がしますし、初心者の僕は、まずはどちらかをマスターしたいと考えています。タオバオとアリババをどのように使い分けしていくとよいか、何かアドバイスいただけると助かります。

このような疑問にお答えします。

 

中国輸入の国際物流に関するtweet

中国輸入で無在庫をはじめる人は、仕入れ先はタオバオがよいですよ。なぜなら、アリババは最小ロットが2点以上だからです。代行の倉庫機能を利用して、アリババで複数点仕入れもできますけれど、在庫リスクをできるだけ負いたくない人は、タオバオ一択です。天猫もokです😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

▼この記事でわかること▼

  • タオバオとアリババの特徴と違い
  • 中国輸入での販売方法が、無在庫ならタオバオ、有在庫ならアリババ
  • タオバオとアリババ以外の仕入先

パンダ社長
タオバオもアリババも、アリババグループが運営するECサイトです。「タオバオ」は一般消費者を、「アリババ」は企業をそれぞれターゲットにしています。そのため、一度に購入できる点数(=ロット数)や製品の品質、配送スピードなどに違いがありますよ。

 

それでは見ていきましょう。

 

タオバオとアリババの特徴と違い

タオバオとアリババの違いを表にまとめました。

タオバオ アリババ
ターゲット BtoC、CtoC BtoB
単価 アリババより高目 タオバオより安目
最低ロット 1点~ 2点~
交渉(相談) 条件付き
品質 粗悪品もある 粗悪品は少ない

パンダ社長
中国輸入の仕入先はタオバオでもアリババでもどちらでもよいわけではなく、仕入先は貴店の販売方法によって使いわけることをオススメします。具体的には、無在庫転売での仕入先は「タオバオ」で、在庫を持って販売(=有在庫転売)での仕入先なら「アリババ」または「タオバオ」です。

 

詳しくみていきましょう。

 

ターゲット

1つ目は、ターゲットです。

タオバオは、企業が消費者に販売する(BtoC)と消費者どうしが売買する(CtoC)があります。

企業といっても、メーカーや卸はほとんどおらず、転売したい個人が個人事業主の出店がほとんどです。

一方、アリババは、企業どうしが売買する(BtoB)です。

工場やメーカー、卸の出店が多いです。

 

単価とロット

アリババでの単価
※ アリババ
タオバオでの単価
※ タオバオ

 

2つ目は、単価とロットです。

同じ商品を「アリババ」と「タオバオ」で画像検索してみました。

左が「アリババ」、右が「タオバオ」です。

「アリババ」は最低2点からで50元/点、「タオバオ」は最低1点からで65元/点ということがわかります。

差額にして、1点あたり15元(240円程度)の差があります。

パンダ社長
上記で画像リサーチした商品は、パンダ社長が適当にリサーチした結果です。選んだわけではないですよ。ちなみに、タオバオには同じ商品を販売しているセラーが他にもいましたが、敢えて最安値の店舗をピックアップしています。

 

 

▼ タオバオ仕入とアリババ仕入とでの粗利シミュレーション ▼

(1元=20.0円) アリババ仕入 タオバオ仕入 差異
販売価格 2,500円 2,500円 0円
売上原価 1,000円 1,300円 ▲300円
(原価率) (40.0%) (52.0%) -
粗利 1,500円 1,200円 300円
(粗利率) (60.0%) (48.0%) -

仮に、上記商品を仮に2,500円で販売したとします。

「粗利=販売価格-売上原価」

売上原価が少ない方が利益が出やすいですから、仕入先としてアリババを選択するのはアリです。

ただし、アリババは最低ロットが2点です。

有在庫であれば在庫を2点持つことができますが、無在庫は売れてから仕入れするため、仕入先はアリババよりもタオバオがよいです。

パンダ社長
無在庫でもアリババ利用のユーザーもいます。たとえば、当社無在庫プランの倉庫保管機能を活用することで、売れ筋を2点購入して、1点を販売、1点を倉庫保管といったこともできますよ。

 

交渉(相談)

3つ目は、交渉です。

タオバオはロットが1点~のため交渉がしにくいです。

一方、アリババは工場やメーカーが出店していることが多く、複数ロットのため交渉がしやすいです。

アリババでも交渉によって、1点から購入できることもあります。

参考:中国輸入では値引交渉しない方が儲かる理由【OEMがうまくいく】

パンダ社長
上記の記事は、OEMとは記載していますが、タオバオやアリババとの交渉全般に言えることです。参考にしてみてくださいね。

 

▼ 中国語講座 ▼

  • 一個だけ買えますか。 可以只购买一个吗?
  • その場合、単価はいくらですか。 如果是的話,单价是多少?

参考:【フレーズ集付き】阿里旺旺でタオバオ店舗へ直接問い合わせる方法

 

品質

4つ目は、品質です。

タオバオとアリババには、中国版と国際版があります。

代行を通す場合、商品はタオバオの中国版、アリババは1688.comで調達を行います。

なぜなら、中国版の方が単価が安いためです。

気を付けないといけないのは、タオバオです。

中国版タオバオのターゲットは中国でも低所得者層であり、品質もそれなりのものが販売されています。

パンダ社長
中国の低所得者層はたしかに日本の平均所得よりも少ないです。ただし、日本は経済が低迷し、円も年々弱くなっています。事実、円を持っているだけで価値は目減りしています。1元=10円の時代でも1元=20円の時代でも、日本の初任給は20万円ですからね。そういうと、中国輸入が成り立たなくなりそうですけれど、中国は日本以上に格差社会です。内陸の初任給は今でも2,000~3,000元の地域もあります。中国の格差社会が世界経済を支えているのですね。

 

無在庫ならタオバオ、有在庫ならアリババ

中国輸入の仕入先は、無在庫ならタオバオで、有在庫ならアリババです。

理由は、上述の通りです。

無在庫は注文が入ってから仕入れをするので基本1点を仕入れることになり、必然的に仕入先は「タオバオ」になります。

一方、有在庫は、1点を販売するなら無在庫で販売した方がよく、有在庫のメリットは大量仕入れによる仕入原価の抑制なので、必然的に仕入先は「アリババ」になります。

パンダ社長
「在庫リスクを持ちたくない」「余剰資金が10万円もない」という人は、無在庫販売タオバオ仕入れからはじめるのが無難です。もちろん、これは個々のリスク許容度の具合によります。パンダ社長のように、資金10万円からはじめて有在庫転売で軌道に乗せた実例もあるにはありますが、過去のコンサル生や当社ユーザー様のお話を伺う限り結構レアなケースです。

 

▼ アリババに関する補足 ▼

  • 販売最低点数を1点(≧1)から設定していれば、1点からも購入できる。
  • 交渉により、1点から購入できることもある。
  • 1点から購入できる場合は、在庫処分や訳あり製品の「売り減らし」または1点あたりの単価が高い商品の可能性がある。
  • アリババは、タオバオに比べ出店費用が高い。

 

タオバオとアリババ以外の仕入先

中国には、タオバオとアリババ以外にも、仕入先になり得るネットモールがあります。

たとえば、「天猫」や「京東商城」「唯品会」などがあります。

それぞれ特徴がありますが、次の4つのモールで概ね完結します。

  • タオバオ
  • アリババ
  • 天猫
  • 京東商城

パンダ社長
京東商城は、高級志向のモールで、今、中国で最も勢いのあるモールです。ただし、無在庫では、「タオバオ、アリババ、天猫」で在庫がなかったときの最後の手段として、「赤字を切ってもよい、自身の販売モールのアカウントを死守する」といった覚悟で調達するための、最後の砦のような位置付けです。出品数が多く、「タオバオ、アリババ、天猫」と被る商品もありますが、単価が高目です。1点からokの店舗も多くあります。

 

参考:中国輸入ビジネスで、京東商城を利用する利点【会員登録する方法も解説】

 

結論:無在庫ならタオバオ、有在庫ならアリババ

まとめます。

  • タオバオとアリババの違いは、「ターゲット」「単価」「ロット」「交渉」「品質」。
  • 無在庫ならタオバオ、有在庫ならアリババ。
  • タオバオとアリババ以外の仕入先には、「京東商城」「唯品会」などがある。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:タオバオのアプリ版で、商品URLを調べる方法【中国では見れません】