【公官庁様、大手企業様・中小企業様専用】お問い合わせフォーム

こちらのページは、公官庁・法人企業様専用のお問い合わせフォームです。

必須事項をご入力・ご選択の上、最後に「送信」ボタンを押下お願いいたします。

なお、個人事業主様や法人での小規模事業主様(従業員5名未満、資本金1,000万円未満)のお問合せは、【個人起業家様、小規模事業者様専用】お問い合わせフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム

ご担当者名をご入力ください。偽名やニックネームは不可です。
※ 連絡可能なメールアドレス(hotmail、outlook、msnのドメインは不可)をご入力ください。
連絡可能なメールアドレスをご入力ください
 送信エラーが生じる場合は、登録フォームの必須項目(*のマーク)を入力後、画面のスクリーンショットを、お問い合わせへ送信お願いいたします。ご不便をお掛けいたします。。

 

よくあるご質問

貴社は、どのようなサービスを提供していますか。
1. 国際転送サービス:中国国内の当社倉庫を中継し、貴社のお荷物をご指定の国や地域へ国際発送いたします。
2. 工場の紹介・仲介サービス:工場と貴社を仲介し、納期管理から国際発送までをサポートいたします。
3. 既製品の購入代行サービス:中国国内のネットモール(阿里巴巴、淘宝網等)での購入を代行し、検品~国際発送までをサポートいたします。
4. アテンドサービス:ご指定の工場や卸市場へ同行し、価格交渉や納期交渉をサポートいたします。
5. 翻訳サービス:ご指定の文献や書籍、サイトの翻訳を代行いたします。
貴社は、どのような製品に強い企業ですか。
特に、アパレル製品です。
「レディース服」をはじめ、「子供服」「水着」「かばん」「財布」「ベルト」「スポーツウェア」「ミリタリーウェア」「コスチューム」等を製造する優良工場のご提案と、貴社とそれら工場間のお取引を数多くサポートさせていただいてございます。
ご希望の仕上がりと予算に応じ、工場のランク別にご紹介させていただくこともできます。
また、アクセサリーは広州に自社工場があり、欧米向けに輸出しております。
料金について教えてください。
通話にて、貴社のご要望やビジネスについてお伺いさせていただきます。
その上で、ご予算を教示ください。
ご希望に沿えるよう勉強させていただきます。
お支払い方法について教えてください。
中国の銀行口座へ海外送金(ドル建て、元建て、円建てのいづれか)する方法と、日本の銀行口座へ振込(三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行)する方法がございます。
国際運送の会社はどちらですか。
日本向けの場合、ヤマト運輸または佐川急便です。沖縄・離島はEMSです。米国向けの場合、DHLです。その他の国は、ご要望に応じ手配させていただきます。
容積重量指数はいくつですか。
日本向けの場合、船便は5000、エア便は6000です。日本以外向けの場合、船便エア便ともに5000です。
日本以外の国にも配送できますか。
はい。どの国へも配送できます。
ただし、感染症の影響により一部の国や地域へ発送できないこともございます。
電池や磁石は発送できますか。
はい。発送できます。
ただし、中国本土からの発送は禁止されていますため、香港経由となります。
国際発送前に、通関できない商品を教えてもらえますか。
通関できるかどうかは税関が判断するものでございます。当社も知識の中や過去の経験から気付いた商品はご案内させていただいてございますが、100%ご案内させていただく保証はございません。ユーザー様の自己責任としてお願いいたします。
関税がいくらか事前にわかりますか。
関税は、税関が決定するものです。事前にお知りになりたい場合は、税関ホームページの事前教示回答事例(品目分類関係)で検索する、または直接税関へお尋ねください。
関税はどのように支払いますか。

次の中よりご選択いただけます。

  1. NACCSのリアルタイム口座による口座引落
  2. ご指定の配送先住所にて、運送会社へ着払い
  3. 当社による立替(立替手数料50元)
食品の取り扱いはできますか。
あいにく、食品の取扱はいたしてございません。食品専門の輸出権を持たれたエージェント様をお探しください。
あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。