タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
中国輸入の国際送料を安く見せる方法|容積重量は要注意?計算方法も紹介

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
先日、国際送料の明細をみたら思っていたより高くて、利益があまり残りませんでした。国際送料は、「重量×単価」で間違いないですよね?代行業者の料金表に書いてあるキロ単価って正しいですか?書いているとおりに計算しても請求書の金額にならないです…何か計算のロジックがあるのでしょうか。アドバイスいただけると助かります。

 

この記事では、このような疑問にお答えします。

 

国際送料に関するtweet

軽くても、大きい荷物は運びにくいですし場所も取ります。運送業界では、実際の重さだけでなく、容積も加味して重量計算するのが商習慣です。小型で重いものは実重量が採用されやすく、大型で軽いものは容積重量が採用されやすいです。重さ=実重量とは限らないということです。

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

パンダ社長
「小さくて重たい荷物」と「大きくて軽い荷物」の不公平感をなくすために、「実重量」と「容積重量」の2つの重量を計測します。

 

それでは見ていきましょう。

 

国際送料の計算方法

国際送料は次のように計算します。

梱包サイズにより、計算方法が少し異なります。

 

梱包サイズにより計算方法が異なる

 

詳しく見ていきましょう。

 

小型包装物(無在庫でよく利用)の場合

国際送料 = 500gまでの一律基本料金 + 以降500gごとの追加料金

パンダ社長
2023年9月現在、当社の場合であれば、「500gまでの一律基本料金」は48元、「以降500gごとの追加料金」は追加500gごとに+18元です。1.2kgの荷物であれば、48+18+18といった具合です。

 

通常サイズ(OEMや有在庫転売、転送でよく利用)の場合

国際送料 = 重量 × キロ単価

2023年9月現在、当社の場合であれば、21kg以上の荷物に対し、「キロ単価」は22元/kgです。「重量」は2種類あります。次の章で解説します。

 

参考中国輸入代行誠の国際送料の料金表 > 中国 ⇒ 日本(エア便)へリンク

目次に戻る▶▶

 

国際送料における2つの重量

中国輸入にかかわらず、国際送料を計算する時に使われる重量は2つあります。

重量と聞くと、そのものの重さのイメージが先行しますが、長くて軽い物は場所を取りますし持つのもちょっと大変です。

そのため、測りでの重さ(=実受領)と容積に比例した重さ(=容積重量)という2つの重量が登場します。

 

たとえば、日本国内でゆうゆう窓口に荷物を出すと、測りに乗せたあとに、3辺を測定する光景を目にしますね。

これが、「実重量」と「容積重量」を計測している光景です。

国際物流も同じと考えるとわかりやすいでしょう。

 

2つの重量

詳しく見ていきましょう。

 

実重量

実重量とは、測りに乗せて実際に計測した重量です。

体重計で自身の体重を測定する。といった具合です。

これが実重量です。

 

容積重量

容積重量とは、梱包箱の容積を容積重量指数で割った重量のことです。

容積は梱包箱の三辺を掛け算することでわかります。

その容積を容積重量指数で割ります。

 

なんだか少しわかりづらいですね。

容積重量について、次の章でもう少し詳しくみていきましょう。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入代行業者によくある2つの容積重量指数

容積重量の計算式は次のとおりです。

 

容積重量 = 縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 容積重量指数

 

「縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)」の部分は、商品をダンボールに梱包したあとに長さです。

つまり、梱包ダンボールの容積です。

容積を重量に変換する必要があるので、そのときに「容積重量指数」という指数が登場します。

 

中国輸入の代行業者によくある容積重量指数は2つあります。

 

2つの容積重量指数
  • 5,000
  • 6,000

 

ここに、160(50*50*60)サイズのダンボールがあったとします。

その容積重量を試算してみます。

 

160サイズでの容積重量を試算
  • 5000の場合:30kg=(50×50×60)÷5,000
  • 6000の場合:25kg=(50×50×60)÷6,000

 

容積重量指数の設定が違うだけで、容積重量に差が生じることがわかります。

今回の例ですと、5kg(=30kg-25kg)の差です。

    代行業者では、「÷5000」は船便で採用されることが多く、「÷6000」はエア便で採用されることが多いですよ。

    目次に戻る▶▶

     

    容積重量で安く見せる方法

    もう少し容積重量について深掘りしていきます。

    「例)160(50*50*60)サイズのダンボールの容積重量」でわかることは、次のことです。

     

    • 容積重量指数を小さく設定すれば、容積重量が大きくなる。
    • 容積重量指数を大さく設定すれば、容積重量が小さくなる。

     

    お気づきでしょうか。

    代行業者の場合、「÷5000」は船便で採用されることが多く、「÷6000」はエア便で採用されることが多いと述べましたが、実はエア便で「÷5000」を採用している代行業者もあるのです。

    「÷5000」を採用することで、容積重量は大きくなります。

     

    もう一度、国際送料の計算式を見てみましょう。

     

    国際送料 = 重量 × キロ単価

     

    簡単のため、仮に国際送料を固定したとすると、容積重量(=重量)が大きくなった分、「キロ単価」を下げることができます。

    中国輸入の代行業者を選定するときに、国際送料を確認しませんか?

    キロ単価が最安超安い!と思ってもちょっと待ってください

     

    容積重量指数がもし「÷5,000」なら要注意です。

    代行業者は、「÷5,000」を採用することでキロ単価を安く見せることもできるためです。

    当社は、「÷6000」です。

    目次に戻る▶▶

     

    容積重量指数の違いによる国際送料の差異

    では、請求金額にどれほどの差異が生じるのか。

    もう少し詳しくみていきましょう。

     

    今回はよくあるケースとして、160(50*50*60)サイズの箱で、実重量が20kg、キロ単価が30元/kgとした場合を例に試算してみます。

     

     

    詳しく見ていきましょう。

     

    実重量を計測する

    今回の例では、実重量は20kgです。

     

    容積重量を試算する

    • 5000の場合:30kg=(50×50×60)÷5,000
    • 6000の場合:25kg=(50×50×60)÷6,000

     

    実重量と容積重量のうち、重い方を重量として採用する

    実重量20kgに対し、容積重量は30kgまたは25kgです。

    今回のケースでは、容積重量が重量として採用されます。

     

    採用重量とキロ単価を掛ける

    国際送料 = 重量 × キロ単価

    • 「÷5000」の場合:900元(=30kg×30元/kg)
    • 「÷6000」の場合:750元(=25kg×30元/kg)

     

    160サイズ1箱に対し、容積重量指数の違いにより150元の差(=900元-750元)です。

    150元は、約3,000円です。

    10箱なら30,000円です。

    目次に戻る▶▶

     

    補足:中国の国際物流業者による容積水増しとは?

      最後に、補足です。

      中国の国際物流業者の不正についてです。

      よくある不正は次のとおりです。

       

       

      詳しくみていきましょう。

       

      実重量に絡めた不正

      測りに荷物を載せた後、少しダンボールを押します。

      これにより、実重量が増えます。

      あり得ないと思いますが、実際に起きています。

       

      容積重量に絡めた不正

      3辺を計測するときに、少しダンボールを押します。

      押すことで、160サイズのダンボールが162cmになったりします。

       

      重量の差異について、発送後に代行業者へ抗議しても物流業者から返金になることはほぼありません。

      国際発送する際は、代行業者からの請求書を確認してみてください。

      2cm違うだけで÷6000の場合でも1kg弱の重量が変わりますよ。

       

      また、無在庫(小型包装物)の荷物は、エンドユーザーしか実物がわかりません。

      たまたま自宅や会社へ発送したところ、数g乗せて+500gの料金で請求が上がっていた。という事例もあります。

      当社では、電池・磁石製品を除き、「実重量」と「容積重量」は運送業者公認の元、自社システムにて計測しています。

      目次に戻る▶▶

       

      国際送料を安く抑える方法

      ここでは、国際送料を安く抑える方法について紹介します。

      買い物のタイミングや送る方法を工夫することで、送料を安く抑えることができます。

       

       

      詳しくみていきましょう。

       

      一度に多くの荷物を送る

      買い物のタイミングを分けずに、一度に多くの荷物を送るようにしましょう。

      国際送料の単価は、代行業者ごとに異なります。

      しかし、荷物の重量が増えるほど単価が安くなる点は、どの業者にも共通しています。

       

      同じ量の荷物や商品を注文する場合でも、まとめて送ったほうがお得です。

      代行業者それぞれの単価を確認し、できる限り安い業者を探しましょう。

       

      船便を利用する

      輸送手段は、船便とエア便があります。

      この2つを比べると、船便の方が安価に発送できます。

      1つの商品を輸入するだけなら、大した金額の差はありません。

       

      しかし、輸入する商品が多くなると航空便の費用は必然的に高くなります。

      多くの荷物を輸送する際に、かかる費用が少ないことが船便のメリットです。

      ただし、船便はエア便に比べ、出航から到着までのリードタイムが長いです。

       

      そのため、すぐに手に入れたい、発送したい商品の輸入には向きません。

      時間に余裕があり、大量の商品を輸入したい方は船便を利用することをおすすめします。

      船便を利用したときの日数や料金については、以下のページで解説しています。

       

      特約契約を結ぶ

      輸送に関する特約契約とは、運送会社と依頼主が条件をつけて結ぶ特別な契約です。

      特約契約は毎月大量の荷物を受け取る・発送する個人事業主と運送業者が結べる契約で、通常の料金よりも安い価格でサービスを利用できます

      ただし、運送会社公式のWebサイトには、詳しい内容や条件は記載されていません。

       

      配送業者ごとに契約の基準があるため、特約契約を希望する方は電話で問い合わせてみましょう。

       

      重いものは軽いものと一緒に送る

      重い商品と軽い商品を一緒にして発送する方法を、鉄綿混載といいます。

      輸入の送料は、発送される段ボールそれぞれの重量で決定されます。

      各段ボールの重量を分散することで送料を安く抑えられるでしょう。

       

      サイズが小さく、重量が軽いものを選ぶ

      サイズが小さく軽いものを選べば、送料を抑えて数多くの商品を輸入できます。

      小さくても重い商品を選んでしまうと、重量がかさんで送料が上がります。

      軽くて大きい商品を選んだ場合も、同様に専有容積単位の料金を取られるため、送料は高くなるでしょう。

       

      発送時のサイズが小さく重量も軽いスマートフォンケースや小さく畳める浮き輪、アクセサリーパーツなどがおすすめです。

      ダンベルやお皿などは、小さくても重量があるため、送料が高くなりやすいです。

      目次に戻る▶▶

       

      まとめ

      • 国際送料 = 重量 × キロ単価
      • 国際送料には「実重量」と「容積重量」がある
      • 容積重量指数には、「5,000」と「6,000」がある
      • 中国輸入の代行業者の中には、国際送料を安く見せるところもある
      • 容積重量指数の違いで国際送料が数千円変わる
      • 中国の国際物流業者による容積水増しもある

       

      ご質問、いつも歓迎です!

      本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

      目次に戻る▶▶

      Xでフォローしよう