中国輸入での決済には、楽天銀行がオススメの理由【リスクも紹介】

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

子パンダ
中国輸入で商品代や国際送料を決済したいです。「誠」さんは、銀行ですと楽天銀行に対応しているようですが、楽天銀行を採用なされている理由について教えていただけるとうれしいです。他社の代行さんでも楽天銀行に対応しているところが多かったので、何か理由があるのかなと思いました。アドバイスいただけると助かります。

 

ずばりこの疑問にお答えします。

 

楽天銀行に関するtweet

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長

個人事業主時代。中国への海外送金は、「ゆうちょ銀行」か「SBIレミット」でした。最近は、「ゆうちょ銀行」は法人名義での海外送金サービスを止めていますし、「SBIレミット」も一度に最大10万円までや年間を通じて送金制限があり、全く利用していないです。

 

それでは見ていきましょう。

 

楽天銀行をオススメする理由

中国輸入で決済するなら楽天銀行をオススメします。

理由は次の4つです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

振込手数料が安い

1つ目は、振込手数料が安いです。

楽天銀行は、個人口座と法人口座とで振込手数料が異なります。

たとえば、楽天銀行どうしでの振込で、個人口座から振り込むなら、手数料は無料です。

法人口座から振り込むなら、手数料は52円です。

2021年10月1日より上記手数料に変わっています。2022年4月現在でも、他行が提供する振込手数料と比べても最安レベルだと思いますよ。

 

>> 個人のお客さま向けの他行宛ての振込手数料

>> 法人・個人事業主のお客さま向けの他行宛ての振込手数料

 

着金が早い

2つ目は、着金が早いです。

楽天銀行どうしの振込であれば、数分以内に着金します。

また、土日祝でも楽天銀行どうしであれば着金します。

一方、他行から楽天銀行への着金は10~30分で、土日祝は原則着金しないです。

着金スピードは、楽天銀行と他行が連携しているシステムの精度で変わります。他行ネット銀行から楽天銀行向けですと5~10分で着金することが多いですが、メガバンク等の店舗系銀行からですと20~30分かかることもあります。

 

ネットで完結する

3つ目は、ネットで完結するです。

楽天銀行は、店舗を持たないネット系の銀行です。

そのため、地代家賃や人件費をコストカットでき、各種手数料が安く、サービスの質を上げやすい環境にあります。

 

決済もネット決済にすることで一連の輸入ビジネス業務を円滑化・効率化することができます。

輸入ビジネスとネット系銀行は相性がよいです。

 

「誠」もサポートしている

4つ目は、「誠」もサポートしているです。

代行経由で輸入をしている人は、代行が対応している銀行と同じ銀行にするのがよいです。

なぜなら、上述の通りで、手数料が抑えられ、着金スピードも速くなるためです。

 

また、土日祝に着金するのは副業の人にとってもメリットがありますね。

輸入ビジネスでは、PayPalの利用者も多いです。手数料が3.6%+40円と銀行決済より高くなりますが、クレジット払いをすれば支払いを最大2ヵ月先に延ばせますし、受取側と支払いに関するトラブルがあってもPayPalが仲介してくれるので安心です。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入での海外送金のリスク

代行経由では決済方法が、次の2つあります。

 

  • 代行の日本口座へ振り込む
  • 代行の中国口座へ海外送金する

 

 

海外送金は、マネーロンダリングの監視や制裁国への資金の流出を防ぐため、取締が強化されています。

そして、中国への元建てでの海外送金も年々厳しくなっています

海外送金は、国内振込に比べ、送金手数料が高目ですし、中国への海外送金には送金できる金額に制限があるので、輸入ビジネスではなかなか利用しずらいです。

 

また、次のようなリスクから中国への直接の海外送金はオススメしないです。

 

  • ネットで知り合った個人代行へ海外送金したあとに、音沙汰が無くなった
  • ホームぺージがある代行だったので信用して海外送金したら、音沙汰が無くなった
  • 海外送金したが、受取側から着金していないと言われた
  • 送金手数料が格安な資金移動業者を利用して見たら、為替にかなり乗せられていた

海外送金には、銀行や資金移動業者からinvoiceを求められますよ。invoiceの内容を精査してokであれば送金できます。日本国内での振込よりもひと手間かかります。

目次に戻る▶▶

 

楽天銀行での口座開設方法

楽天銀行は、すぐに口座開設ができます。

パソコンでもスマートフォンでも申込ができます。

口座開設の流れは、次の3ステップです。

 

  1. 必要事項の入力
  2. 本人確認書類の送付
  3. 初期設定

ハピタス経由で楽天銀行の口座開設すると、1pt=1円で使えるハピタスポイントを貰えるときがたまにありますよ。

 

>> 楽天銀行の口座開設の流れ

>> 楽天銀行口座開設&入金で、1,000ポイントプレゼント

目次に戻る▶▶

 

結論:輸入ビジネスで決済するなら楽天銀行!

  • 中国輸入での決済で楽天銀行をオススメする理由は、次の4つです。
    ①振込手数料が安い
    ②着金が早い
    ③ネットで完結する
    ⓸「誠」もサポートしている
  • 輸入ビジネスには海外送金リスクがある。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう