タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
物販ビジネスが儲からないといわれる理由は?利益を改善する方法も解説

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

子パンダ
副業を考えています。物販ビジネスは儲かるという話を聞くこともありますが、儲からないという噂も耳にします。実際のところどうなんでしょうか。アドバイスいただきたいです。

このような疑問にお答えします。

 

物販ビジネスが儲からないことに関するtweet

中国輸入。
儲かりますか?

覚悟決めて、
やるかやらないか。

ということ、
ではないでしょうか。

自身の判断で、
いつでも止められますし、
やり続けることもできます。

気になるなら、
きばってやってみては?

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

パンダ社長
利益を出す方法も紹介していますよ。マインドセット!

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入の物販ビジネスとは

中国輸入の物販ビジネスとは、中国から輸入仕入れした商品を日本国内で販売する手法です。

販売先は日本のECサイトが多く、仕入れた価格に利益を乗せ販売することで利ザヤを稼ぎます。

仕入れ先は中国のECサイトで、主な仕入れ先はタオバオやアリババ、AliExpressです。

 

中国輸入における国際輸送費は地理的に比較的安価で、中国のECサイトには日本に比べ安価な商品が多く出品されています。

そのため、他の輸入物販ビジネスに比べ、利益率が高い商品を見つけやすいのが特徴です。

中国は欧米に比べ日本に近いため、必然的に国際送料を抑えることができますよ。

目次に戻る▶▶

 

物販ビジネスが儲からないといわれる理由

人口が増加し、消費が進む現代、物販ビジネスは継続的で安定した需要があります。

一方で、物販ビジネスは「儲からない」「飽和している」「オワコン」といわれることもあるようです。

ここでは、物販ビジネスが儲からないとされている理由を4つ紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

単純作業のためライバルが多い

物販ビジネスは参入のハードルが低いことが特徴です。

そのため、多くのライバルと競争しなければなりません。

ライバルが増加したために成果を出せない人が増えていることは、物販ビジネスが儲からないといわれる理由の一つです。

 

仕入れ先・販売方法を決めれば、中国輸入販売はすぐに始められます。

簡単な作業で業務を進められる物販は、初心者にとって始めやすいビジネスといえるでしょう。

しかし、ライバルの多さはビジネスの競争を生み、商品が売れない・廃業に追い込まれるなどの状況におちいる人も少なくありません。

逆に、ライバルが少ないビジネスを見つけられる人材は、見つけても口外しない傾向にあるように思います。

 

仕入れ時にトラブルが起こる可能性がある

物販ビジネスでは、仕入れの際にトラブルが発生し利益に影響を及ぼすこともあります。

輸入商品に欠陥があった場合のクレーム対応や返品・交換などは、輸入者(=あなた)がおこなわなければなりません。

不良品が多くなればなるほど、あなたの時間や利益は顧客対応に割かれます。

 

結果、顧客からの信頼を落とすことにつながります。

他国・他社では良品扱いであっても、日本では不良品として扱われるケースもあります。

検品や仕入れ先の選定を慎重にすることが重要です。

 

規制が強化されており、プラットフォーム上での差別化が難しい

悪質な転売やせどりを防ぐためのプラットフォームによる規制の強化は、物販ビジネスの運営に影響を及ぼします。

物販ビジネスで利益を出すためには、ライバルショップとの差別化が必須です。

商品選びや価格、販売方法でどれだけ差をつけられるか、顧客に選ばれるかが利益に直結します。

 

一方、各販売プラットフォーム側ではルールの追加が行われ、規制の目が厳しくなっています。

これにより、プラットフォーム内での差別化が図りづらくなりました。

そのため、ライバルとの販売競争が難しくなっているのです。

 

トレンド次第で売れなくなる可能性がある

物販ビジネスはトレンドに左右されやすく、仕入れた商品が突然売れなくなるリスクもあります。

カテゴリーにより、トレンドが次々に変わることは少なくありません。

トレンドが変化し購買者の興味が失われてしまえば、売れる見込みのない不良在庫を抱えることにつながります

 

物販では、仕入れた商品を売らなければ利益は出ません。

商品が思うように売れなかったときの対策は必須といえるでしょう。

仕入れ価格に加え、値下げや廃棄も考慮し、売価設定する。コレ、物販の基本です。

目次に戻る▶▶

 

これからの物販ビジネスで利益を出すためには

物販ビジネスは、正しい運営をすれば成果を出せるビジネスです。

誰もが情報を手に取りやすくなった現代、物販ビジネスで利益を上げるためのポイントを4つ紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

商品選定に慎重を期す

物販ビジネス成功の秘訣は、購買層に合った商品を慎重に選定することです。

デザインや機能性は興味を引くものか、購買者が欲しいと思える商品かどうかをチェックしましょう。

トレンドを押さえつつ、購買者のニーズを満たす商品選びができれば利益につながります。

 

仕入れの際は、商品に不良がないか、イメージどおりの商品かを検品することが大切です。

商品の品質でクレームを受けることがないように、自分の目で確かめておくとよいでしょう。

 

仕入れ原価を抑え、利益率を向上させる

物販ビジネスにおいて、安く仕入れて高く売ることは、利益を上げるための原則です。

原価を抑え利益率を上げることは、物販ビジネスで成果を出すための重大なポイントです。

仕入れの価格を抑える方法は、以下のようなものがあります。

  • メーカー直取り
  • 大量仕入れ
  • 仕入れ先の選定
  • 独占販売権を結ぶ

 

成果が出るまで継続する

物販ビジネスははじめから利益を出せるわけではありません。

実績・信頼のないショップから商品を買うことは、消費者にとってリスクがあるためです。

物販ビジネスを成功させるためには、成果が出るまで継続し、改善を繰り返すことが重要です。

 

一過性の流行に惑わされず、顧客のニーズに応え続けることがビジネスの成功につながります。

商品の売れ行きに一喜一憂するのではなく、冷静に分析・改善し、成果が出るまで運営を続けましょう。

少なくとも、はじめは10~100万円ほどの資金はあった方がよいですよ。

 

トレンドに敏感になる

物販ビジネスでは、トレンドを掴むことで大きな利益を出せます。

今どのような商品が流行しているのか、次に流行するものは何かなど、トレンドの動きを敏感に感じ取ることで利益向上に繋がります。

不良在庫を抱えないように、引き際を見極めることもポイントです。

 

トレンドが過ぎ去る前に撤退すれば、利益を大きく損なうことはありません。

トレンドの商品をいち早く見つけて安く販売することは、物販ビジネスで成功するための基本といえます。

目次に戻る▶▶

 

物販ビジネスに着手するときに必要な準備

しっかりと利益を出すためには、入念な計画や徹底的なリサーチをおこない改善を続けることが大切です。

ここでは、物販ビジネスをはじめるにあたり、必要な準備について紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

長期的な販売計画を立てる

また、長期を見据えた販売計画も大切です。

自店のブランドやターゲット層を明確にし、個々の商品に対し販売計画を策定しましょう。

 

トレンドや今売れているものだけに着目すると、ビジネスの長期的な成功は見込めません。

サイトに一貫性やテーマがない商品が並ぶと、顧客が近寄りにくくなります。

ターゲットや市場調査、販売するサイト、成果を出すために必要な作業など、販売計画を立てておきましょう。

 

ユーザーや市場からトレンド商品をリサーチする

また、顧客の動向や商品の売れ筋のリサーチも大切です。

商品を仕入れる前に、自店のターゲット層が欲しているものや流行しているものを把握しましょう。

ユーザーがどのような商品を求めているのかについては、売れ筋ランキングや類似のアイテムを調査することがおすすめです。

 

競合する市場やショップからわかることも多くあります。

扱っている商品は何か、売れ行きや販売方法はどのようなものかなどをチェックしましょう。

長期的なトレンド商品や根強い人気商品などを掴めれば、売上を大幅に伸ばせます。

 

物販ビジネスに着手するときは、市場や顧客の動きを徹底的にリサーチしておくことが重要です。

いい意味で、パクる。これが成功の近道です!

 

販売結果をもとに計画の改善をする

入念な販売計画やリサーチをおこなっていても、すべてが上手くいくとは限りません。

思うような成果が出なかった場合は、施策を改善する必要があります。

販売結果を見て、どのような商品が売れたのか、売れなかった理由は何かなど振り返りましょう。

 

並行して、市場の動きやトレンドも合わせて見ることが大切です。

売れなかった商品について、料金設定や販売方法は適切だったか、ターゲットのニーズと一致していたかなどを見直します。

 

また、思うように成果が出なかった場合、ターゲットや目的、ショップのイメージを変えると商品が売れ始めることもあります。

成果を上げるためには、計画・実行、改善を続けることが重要です。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

物販ビジネス自体が儲からないわけではありません。

はじめるにあたっての準備や計画をしっかりおこなうことで、儲かる体質に近付いていきます。

儲からなかった先人を反面教師にすることで、きっとうまくいくことでしょう。

 

儲からなかった人は、なぜ儲からなかったのかを総括しないで次のビジネスを探すため、やっぱりそこでもうまくいきません。

原因追及は、物販に関わらずビジネス全般で成功する秘訣の1つではないでしょうか。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

    Xでフォローしよう