無在庫転売とは?やり方やメリット・デメリット、利益を上げるコツを紹介

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
中国から仕入れて日本で無在庫で販売することを考えています。友人から儲かると聞いたのでなんとなく興味が出てきました。お金を払って学んでいる人もいるので、やり方を全部教えてほしいとは言いません。もしよろしければ、ヒントや方向性だけでも教示いただけないでしょうか。

このような疑問にお答えします。

 

無在庫に関するtweet

「無在庫転売って違法ではないのですか?」

はい。違法ではないですよ。少なくとも現時点では、無在庫転売を取締る法律はありません。ただし、販売という括りでは許認可が必要な商品もありますし、発送できないと民法第415条に基づいて「債務不履行」として訴えられる可能性もあります。

 

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

パンダ社長
結論、無在庫は違法ではないですよ!

 

それでは見ていきましょう。

 

(タップできる)もくじ

無在庫販売とは?

無在庫販売とは、商品が購入されてから商品を仕入れるという販売方法です。

商品が購入されるまでは在庫を持たないため、不良在庫を抱えるリスクが低く、有在庫販売に比べて初期投資が圧倒的に少ないため、参入しやすいというメリットがあります。

無在庫販売は、手元に商品がない状態で売りたい商品を宣伝し、購入者が現れたら商品を発注するという仕組みです。

 

在庫を持たない状態でフリマアプリやECサイトへ商品を出品し、購入が決まったらすぐに商品を仕入れて購入者(=エンドユーザー)へ発送します。

この流れですと、商品の発送が遅くなりそうだという印象が強く、避けてしまうという方もいるのではないでしょうか。

しかし、仕入れ先から購入者へ直接発送してもらうこともできるため、有在庫の場合と発送スピードは変わらない場合がほとんどです。

 

一方、無在庫で一度に発送する商品は、1点や2点の少量のため、小型包装物扱いで国際発送することが多いです。

小型包装物は、簡易通関のため、有在庫の大型サイズの箱に比べ、リードタイムが短くなりやすいです。

目次に戻る▶▶

無在庫販売のやり方

無在庫販売で利益を出すために大切なことは「売れる商品をたくさん見つけ出すこと」と「たくさん出品すること」です。

ここでは、無在庫販売をする場合の商品やプラットフォームの選び方、購入された場合の発送方法などについて詳しく解説します。

無在庫販売の手順は、次の通りです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

売れ筋商品とトレンドを調査する

ランキング上位の売れ筋商品を検索サイトやECサイトなどで検索して、販売する商品を選定します。

売れ筋商品をいくつか選定した後は、選んだ商品から、価格比較サイトやECサイトなどで利益が出せそうな商品を探します。

1つの商品あたりの純利益が小さい場合も、売れ行きがよい商品を選べば利益を伸ばせる可能性が高いため、売りたい商品よりも売れる商品を選びましょう。

 

販売するプラットフォームを選ぶ

売りたい商品を決定し、その商品に合ったプラットフォームを選びます。

プラットフォームの利用者層の傾向を把握して出品できれば、より効率よく販売ができるでしょう。

ただし、利用したいプラットフォームの利用規約に、無在庫販売(ドロップシッピングを含む)が禁止されていないかは、事前に確認しておく必要があります。

 

禁止されていた場合は、有在庫にするかプラットフォームを変更することをおすすめします。

Amazonは条件付きで、楽天市場は無在庫での更新が年々厳しいです。

2023年8月現在、ヤフーショッピングやQoo10、auPayマーケット、BASE、shopify、ebayあたりが無在庫okではないかと思われます。

メルカリも出来ないことはありませんが納期があるので要注意です。

 

選定した商品を出品する

無在庫販売の場合、選んだ商品の画像や説明を出品先のプラットフォームへ商品登録します。

このとき、面倒に感じても商品の説明を詳細に記し、競合に負けないように商品のアピールをしましょう。

商品を出品した後は、商品が売れるまでは仕入れ先の在庫状況を頻繁に確認することをおすすめします。

 

仕入れ先の在庫が無くなった場合、購入者へ発送遅延の連絡やキャンセルをしなければなりません。

 

商品が購入されたら仕入れて発送する

商品が購入された場合、2パターンの発送方法があります。

1つ目は、商品を仕入れて自分で発送する方法、そして2つ目は、仕入れ先から直接購入者へ発送する方法です。

仕入れ先から直に購入者へ発送する方法は、商品の到着までの時間を節約できる一方、商品の検品ができないというデメリットもあります。

 

商品の検品ができていないと、商品が届かなかったり不良品だったりすることも考えられるため、どちらの方法を選ぶかは慎重に考えましょう。

目次に戻る▶▶

 

無在庫販売のメリット

無在庫販売が持つ最大のメリットは、在庫を抱えるリスクが極めて低く、有在庫販売と比べて初期投資を抑えられることだといえるでしょう。

有在庫の場合、商品の仕入れに時間がかかる場合もあり、商品が手元に来るまで販売ができません。

一方無在庫販売の場合は、思い立った日から、即日着手が可能です。

有在庫は、商品購入のための資金が必要ですね!

 

無在庫販売のメリットは、次のとおりです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

在庫を保管するためのスペースが不要

有在庫の場合、安く仕入れるために商品を大量に仕入れる場合があります。

また、いくつかの商品をそれぞれ大量に仕入れた場合、在庫を保管するスペースの確保が不可欠です。

発送用のダンボールや緩衝材、ガムテープなどの消耗品を置く場所も、思った以上にスペースを占拠します。

 

無在庫販売の場合はこれら全てのスペースが不要です。

 

金銭的なリスクを抱え込みにくい

有在庫の場合は、販売前の仕入れにまとまった資金が必要です。

有在庫のメリットは大量仕入れで単価を下げられることにもあるため、多くの有在庫販売者は、販売前の商品をまとめて仕入れます。

1個あたりの代金が100円の場合でも300個仕入れると3万円が必要です。

 

仕入れた商品の売れ行きが悪く、在庫が残ってしまった場合には、仕入れ額がマイナスとして残ってしまいます。

また、安く仕入れるために海外から仕入れた場合為替リスクもあります。

一方無在庫販売の場合は、商品代金のマイナスも為替リスクも抱え込みにくいでしょう。

 

有在庫と比べて準備の手間がかかりづらい

有在庫の場合は、商品の選定から仕入れまでに期間と手間がかかります。

また、購入された場合も、商品の発送までに梱包や送付手続きが手間です。

一方無在庫販売の場合でドロップシッピングを利用した場合、商品の販売手続きと仕入れ先への手続きのみで販売が完了します。

 

有在庫販売に比べて販売にかかる時間が大幅に削減できることは、無在庫販売のメリットだといえます。

目次に戻る▶▶

 

無在庫販売のデメリット

無在庫販売は在庫を抱えるリスクが低く初心者でも参入しやすい反面、デメリットもあります。

有在庫販売と比較した1番のデメリットは「仕入れられない可能性がある」ことだといえるでしょう。

販売の利益も、大量購入で得られる安価な仕入れ金額には敵いません。

 

無在庫販売のデメリットは、次のとおりです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

顧客の購入後に発送が遅れてしまう

仕入れ先からダイレクトに顧客へ送るのではなく、手元に仕入れてから商品の確認や梱包をして顧客へ発送する場合は、発送までに時間がかかります

また、仕入れ先のトラブルを含む、何らかの理由で発送が遅れてしまう場合もあります。

昨今のECサイトでは購入から2〜3日で手元に届くことも多いため、発送までに時間がかかると顧客に不信感を抱かれてしまい、購入をキャンセルされてしまう可能性もあるでしょう。

 

人気の商品は価格競争になりやすい

無在庫販売は、売れ筋の商品を売らないことには利益が出にくいといえます。

そのため、無在庫販売者はこぞって売れ筋商品を販売しています。

価格競争になりやすく、大きく利益を出すことが難しいことが特徴です。

 

価格競争になった場合は、大量に安く仕入れている有在庫販売には敵いません。

 

通報やアカウントの凍結で発送できない場合がある

規約により無在庫販売が禁止されている場合や、キャンセルが多発したり遅延が多かったりする場合は、アカウントの停止や凍結処分される場合があります。

凍結処分された場合の殆どは永久凍結で、有在庫販売でも二度と、そのプラットフォームでの販売ができなくなるということも考えられます。

始めた頃は無在庫販売が可能でも、途中で規約が変わったことに気が付かずに利用して凍結されるということも考えられるでしょう。

 

有在庫販売と比べて利益は少なくなりやすい

有在庫販売は100個単位で300個、500個と多く仕入れれる程に割引されることがメリットです。

そのため、有在庫販売は無在庫販売に比べて1つあたりの利益を大きくとれる傾向にあるといえるでしょう。

また、例えば「半導体が不足しそう」だというニュースを見た場合、有在庫販売の場合は高騰する前の半導体関連の商品を購入して、販売の準備をします。

 

その後商品が日本中で売り切れまたは高騰した頃にオークションサイトで販売できるという方法を取れるため、品薄で需要のある商品をオークションサイトへ出品すると大きく利益を出せます。

 

無在庫販売が禁止されているサイトもある

販売者は購入者が代金を支払った後に仕入れられないことが判明し、顧客のオーダーをキャンセルする場合が少なくありません。

その場合は販売者としての信用問題にも繋がるため、無在庫販売を禁止しているサイトもあります。

無在庫販売が禁止されているか否かは、規約欄に記載されているため、プラットフォームを選ぶときには必ず確認しましょう。

目次に戻る▶▶

 

【2024年7月最新】無在庫転売の販売可能状況

前述のとおり、商品を販売するプラットフォームの中には、無在庫販売が禁止されているサイトもあります。

そのようなサイトで無在庫転売をおこなうと、アカウントを永久に凍結されるおそれがありますので、利用規約をよく確認する必要があります。

ここでは日本国内の5つのプラットフォームに関して、無在庫転売の販売可能状況を見てみましょう。

 

111
  • Amazon・ebay
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • メルカリ
  • auPayマーケット

 

詳しくみていきましょう。

 

Amazon・ebay|ドロップシッピングが条件付きで可能

Amazonとebay、どちらも原則として無在庫転売は禁止ですが、ドロップシッピングは認められています。

ドロップシッピングとは、出品者が卸売業者やメーカーとあらかじめ契約しておくシステムです。

卸売業者やメーカーは、注文が入ると注文内容に従って購入者へ商品を発送します。

 

ドロップシッピングは無在庫転売ではありませんが、無在庫販売の一種と考えてよいでしょう。

ドロップシッピングという条件付きではありますが、無在庫転売が認められている貴重なプラットフォームです。

 

楽天市場|可能・禁止はないが事前審査あり

楽天市場の利用規約には、無在庫転売に触れた箇所がありません。

しかし、取扱禁止商材・禁止行為ガイドラインでは、メーカー直送品や海外直送品を扱う際に事前審査が必要であると規定しています。

審査の申請は、楽天市場のサイトにある店舗運営システムツール「RMS」を使って、無料でできます。

事前審査は確認書や販売方法などを考慮しておこなわれ、審査が完了すれば「取り扱い許可」の通知が届き、メーカー直送品や海外直送品を扱うことが可能になります。

 

Yahoo!ショッピング|可能・取締強化

Yahoo!ショッピングは、2024年5月に「ストア運用ガイドライン」を改定し、その中で無在庫転売に関する取り締まりを強化しました。

商品を500点以上出品する個人事業主に対し、運営状況の確認や在庫の保管場所の資料提出などを求める内容で、無在庫転売を目的とした店舗を排除する方向に舵を切っています。

無在庫転売ができないわけではありませんが、実質的に難しい状況です。

無在庫販売によって発送が遅延する、もしくは発送をキャンセルするといったことが重なると、以後出品できなくなるおそれがあります。

 

メルカリ|禁止

メルカリでは無在庫販売が禁止されています。

出品者の手元にない商品の出品や、海外のECサイトから購入者の元へ商品を直送することを禁止しています。

商品が手元にないことによって生じる「商品についての質問に回答できない」「発送できない」「発送が遅延する」といったトラブルを防ぐのが目的です。

禁止されている行為と見なされた場合、取引キャンセル・商品削除・利用制限などの措置が取られるおそれがあります。

 

auPayマーケット|禁止とも解釈できる条項あり

「au PAY マーケット 出店店舗規約」には、無在庫販売禁止とも解釈できる条項があります。

内容は次のとおりです。

第17条 本規約の違反等について
d. 真に出品する意思のない出品を行ったと当社が判断した場合
o. 購入者から商品等の不着・不提供・到着遅延、商品等の瑕疵、又は返金等に関する問合せ・クレームがあった場合

 

この内容に従うなら、商品を登録する前に仕入れ先へ在庫確認をしたほうがよいでしょう。

規約には解釈によって捉え方が変わる側面があります。

不明な点は、au PAY マーケットの運営に確認するのがおすすめです。

目次に戻る▶▶

 

転売が違法になるケース

現在、無在庫転売を直接取り締まる法律は存在しないため、無在庫転売は違法ではありません

しかし、無在庫転売で商品が売れたのにもかかわらず商品が届かない場合や、販売者が古物販売や医薬品、酒などの転売をするにあたって必要な許可を取っていない場合は罰せられる可能性があります。

無在庫転売で違法になるケースは、次のとおりです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

取り扱ってはならない商品の転売

薬物や危険物などの、流通させてはならないものや、偽ブランド品の転売をすると罪に問われる可能性があります。

知らなかったでは済まされないため、自分の取り扱う対象が無許可で転売可能な商品であるかの確認を怠らないようにしましょう。

昨今では、海外から発送される商品に対しても規制が厳しくなっているため、海外から仕入れる場合も、特に医薬品の転売を無許可で行うことはおすすめできません。

 

各種許認可を受けていない状態での転売

化粧品や医薬品、食品、酒類は未開封の場合でも、一度新品の状態で第三者の手に渡った場合は中古品として扱われます。

営利目的での転売(反復性)と判断される場合は、古商物許可を取得することがおすすめです。

また、散弾銃やライフル、弾丸など銃砲や刀の譲り受けは事前に必要書類を警察署へ提出した後でないと転売できません。

 

公式の商品画像の不正使用

正規サイトから画像を無断使用してしまうと、著作権に違反してしまう可能性があります。

公式サイト以外でも無断使用によるトラブルにつながるため、画像の無断使用は避けるようにしましょう。

基本的には、他人が撮影したりアップロードしたりした写真は、著作権で保護されています。

 

自分で撮影した写真を使うことが望ましいといえます。

「誠さんのユーザーさんは画像はどうしていますか?」と質問を受けることがありますけれど、無在庫で写真撮影の依頼は受けたことがないです。転用なされているか、自宅(自社)で撮影なされているか。ではないでしょうか。

 

商品の発送ができない場合

無在庫転売の場合は、購入された後にどこからも仕入れられない場合があります。

その場合、民法第415条に基づいて「債務不履行」として訴えられる可能性があります。

一方、規約で「商品がないことによるキャンセル」が認められているプラットフォームもあります。

 

無在庫転売の一番のデメリットは「仕入れられない」可能性があることです。

販売後のキャンセルが認められているプラットフォームを選ぶと、無駄なトラブルを避けられます。

目次に戻る▶▶

 

無在庫転売の仕入れ先を選ぶコツ

無在庫転売を成功させるには、仕入れ先をよく考えて選ぶことが重要です。

店舗を選択するポイントは、次のとおりです。

 

 

ではそれぞれについて、詳しく解説しましょう。

 

商品の種類や在庫数が多い

無在庫転売での収益を安定させるには、出品数を増やすことが大事です。

1年とおして需要の高い定番商品はもちろんのこと、トレンドを取り入れた新商品も季節ごとにラインナップに加えていかなければ、顧客が離れることもあります。

仕入れ先を選ぶ際は、商品の種類が豊富なサイトを選びましょう。

 

それと同時に、在庫数の多さも重要なポイントです。

「せっかく注文を受けたのに、在庫がなくて発送できない」ということがあってはなりません。

また、せっかく売れ筋の商品を見つけても、在庫が切れてしまっては売り上げを伸ばせなくなります。できるだけ、商品の在庫数が多い仕入れ先を選びましょう。

 

ロットから注文可能

大ロットでの販売にしか対応していない仕入れ先は、無在庫販売には向いていません。

仕入れ先の中には、10点から、あるいは100点からというように最小ロット数が決められているところがあります。

こういった仕入れ先のみでは、注文を受けて仕入れるたびに余剰の在庫がたまっていってしまいます。

できるだけ在庫を抱えないように、小ロットから注文可能な仕入れ先を選びましょう

仕入れ先から直接購入者へ発送する方法をとるならなおのこと、できれば1点からでも対応してもらえる仕入れ先を選んでください。

 

発送までが速い

注文を受けてから商品を仕入れる無在庫販売は、有在庫販売と比べてリードタイムが長くなりがちです。

商品の到着まで時間がかかれば、注文がキャンセルされるおそれもあります。

購入者のもとへなるべく速く商品が届けられるよう、迅速に発送してくれる仕入れ先を選びましょう。

 

ただし、スピードばかり重視するのもよくありません。発送する際の梱包の質もチェックが必要です。

配送中に商品が破損してしまうと、返品・交換に時間を要してしまいます。

また、仕入れ先から購入者へ直接発送するのであれば、梱包が丁寧でなければ購入者からの評価が下がります。

丁寧に梱包してくれる仕入れ先を選びましょう。

在庫は、有在庫ですと日本で保管して発送できますが、無在庫ですと中国からの発送になります!

 

購入者へ商品を直接送ってもらえる

無在庫販売には、注文を受けた商品を仕入れ先から購入者(=エンドユーザー)へ直接発送する方法があります。

この方法をとる際、直接発送に対応してくれる仕入れ先を選ぶ必要があります。

仕入れをする際に商品情報のページを見れば、直送の可否がわかります。

また、仕入れ先によっては、次のような要望にも対応してくれることもあるでしょう。

  • 納品書の記載内容を工夫してもらえる
  • 配送用の箱を無地にしてくれる

代行業者を経由することでも、エンドユーザー直もできますし、さまざまなオプションも利用できますよ!

目次に戻る▶▶

 

無在庫販売で利益が出ない原因

売れる商品を売らない、または、利益の出ない商品を売っている場合いくら頑張ってもまとまった利益は得られません。

また、商品に合っていないプラットフォームを選んでしまっている場合もあるため、出品前のリサーチは徹底して行うことをおすすめします。

ここでは、無在庫販売で利益が出ない理由について紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

儲かりづらい商品を取り扱っている

コアなファンのついている商品や、車やバイクなどのパーツは高額で取引される傾向にあるため、大きく利益を出すために高額商品ばかりを狙ってはいないでしょうか。

売れれば利益は出るものの売れなければいつまでも利益は出ません。

一方薄利多売を狙い、売れ筋商品を大量に安く販売をしても、手間だけが増えて利益は少ししか得られない場合もあります。

 

どの程度の作業を許容できて、どの程度の利益を得たいのか、目標を設定してから商品を選ぶことがおすすめです。

 

管理できない量の商品を出品している

管理ができないほどの商品を出品していると、仕入れ先の在庫確認や商品のトレンド判断、価格の推移などの把握がおろそかになってしまう可能性があります。

その結果として「売れない」または「仕入れられない」という事態につながり、顧客を逃してしまうこともあります。

個人の無在庫販売では、商品の掲載量と利益は比例しません。

 

自分の得意分野から数点、もしくは1点に絞って出品しても、利益を得られます。

うまく管理ができない場合は、出品者としての質を保てる量の商品を扱うことがおすすめです。

大量出品の方が売れるチャンスは増えますが、管理にはエクセルなどの表計算ソフトやアクセス等でのデータ自動取得システムなど、あった方がよいです。

むしろ、ないと大きな売上や利益は見込むのは難しい(と思います)。

 

仕入れ先の品質がよくない

仕入れ先の品質が悪い場合、悪いレビューがつきやすいため、仕入れ先の調査も丁寧に行うことをおすすめします。

中身はきれいだとしても、発送時の梱包が悪い場合や商品の箱が潰れていたり破けている場合は印象が良くないでしょう。

ドロップシッピングの場合でも、できれば初回は一度自分の元に届けてもらい、商品や包装、箱の状態の確認をしてから商品を発送するとトラブルや悪いレビューを避けられます。

 

初回だけ確認といっても、販売数が増えると現実的ではありません。

そこで、ある程度任せられる代行業者へ検品を依頼することで回避することができます。

不具合品にフラグを立て、「返品・交換・廃棄」など、日本にいながら代行業者へ依頼をすることができます。

 

価格競争に巻き込まれている

同じ商品を販売している人が多くいる場合、価格競争に巻き込まれて利益が削られてしまう可能性があります。

自分の強みを生かしたページの作成ができれば、競合との差別化ができ、価格競争に参加せずとも商品の購入数を伸ばせます。

そのためにも、売りたい商品やターゲット層のリサーチを徹底して戦略を練りましょう。

 

それでも価格競争に巻き込まれる場合は、その商品の販売から別の商品の販売へシフトしてもよいといえます。

 

送料を考慮できていない

仕入れ先を選ぶ際に商品の価格に加えて、送料を考えられていない場合、利益が得られず赤字になる可能性があります。

特にサイズの大きい商品の場合は、送料が高い傾向にあります。

また、送料は地域に応じて変わるため、発送元と送り先が最も遠い場合を想定して価格設定をすることもおすすめです。

 

競合が特定の運送会社と送料の交渉や契約を結んでいる場合があるため、何も考えずに競合の価格に合わせて下げてしまうと、利益が出ない可能性があります。

 

商品ページの完成度が低い

商品の画像の枚数や、商品説明は丁寧に行うことに越したことはありません。

画像の枚数が1枚のみで詳細説明が少ない場合、画像枚数が多くサイズや商品説明を詳細に書いているページへ顧客が流れる可能性もあります。

サイズや用途、機能などの基本情報に加えて、商品を使用した感想や他社製品との比較、ちょっとした活用方法なども紹介して「欲しい」と思わせるような文章を書くことも、購入を促すためには大切なポイントです。

目次に戻る▶▶

 

無在庫販売で利益を上げるコツ

無在庫販売はリスクが少ない分利益は出にくく、参入者も少なくありません。

しかし、競合が多い状況でも、無在庫販売で利益を伸ばしている人は存在します。

ここでは、無在庫販売で利益を上げるためのコツをいくつか紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

市場のリサーチを欠かさない

市場のリサーチは欠かさずに行いましょう。

利益を伸ばしている人は、価格のチェックや利益が出る商品のリサーチを毎日行っています。

商品のトレンドは毎日移り変わり、最新の商品は次々と発売されているため商品の波にうまく乗りましょう。

 

自分の得意分野で商品を販売するとリサーチもしやすいため、得意分野で勝負をすることもおすすめです。

 

利益率の高い商品を取り扱う

利益率の高い商品を取り扱いましょう。

売れ筋商品や新商品などを常にリサーチしていると、利益率の高い商品を見つけられる場合があります。

リサーチし始めの頃は、利益率の高い商品を見つけるまでに時間がかかってしまっても、慣れてくると簡単に見つけられるようになるでしょう。

 

利用者の流入を狙いやすい商品ページを作る

インターネットで商品を検索する人が入れると想定されるキーワードを、売りたい商品説明欄や商品名に少しずつ入れて、検索に引っかかりやすい商品ページをつくりましょう。

商品を見られる回数が増えれば、顧客を増やせる可能性が高まります。

検索欄にキーワードを入れたときの予測を見る(=サジェスト)だけでも、どのようなワードでの検索が多いかが分かります。

 

慣れてきたら、キーワード分析用ソフトを利用することもおすすめです。

 

リピーター獲得を重視する

リピーターの獲得を狙うためには、独自の販売ページやカテゴリーを絞り、同じ商品があった場合でも、そのページから買いたくなるような独自性を意識しましょう。

リピーターを獲得し続けられれば利益を伸ばせます。

メルマガやSNSを利用して新商品や便利グッズの紹介などをするような、直接的な働きかけもおすすめです。

 

送料を含む諸経費は常に考慮する

送料や箱、梱包などの諸経費は、忘れずに考慮しましょう。

利益率が高い商品を見つけたと感じたときには、その製品のサイズや重量、発送元を確認し経費がいくらかかるかをはじめに考えることをおすすめします。

その結果、利益率が悪い場合は、いくらおすすめしたい商品だとしても、きっぱりとあきらめることも大切です。

 

複数サイトを利用してデータを取得する

販売は有在庫でも無在庫でも、リサーチ力が利益に反映されます。

昨今では、無料でも使える便利なサイトが、インターネット上に多くあるため、複数のサイトを利用してリサーチしましょう。

初心者の方は、価格比較サイトや売れ筋ランキングサイト、流入キーワード検索サイトで調べるとトレンドの傾向を掴める可能性があります。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

無在庫転売は、在庫を持たずに商品を販売するビジネスモデルです。

初期投資が少なく、リスクが低いというメリットがありますが、発送の遅延や価格競争などのデメリットもあります。

成功のカギは、市場のリサーチ、高利益率の商品選定、魅力的な商品ページの作成、リピーター獲得、諸経費の考慮などにあります。

 

また、各販売プラットフォームの規約を確認し、適切に対応することが重要です。

無在庫転売は違法ではありませんが、取り扱う商品や販売方法によっては法的問題が生じる可能性があるため、注意が必要です。

市場動向を常に把握し、自身の強みを活かしたビジネス展開を心がけることで、無在庫転売でも十分な利益を上げることが可能です。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日も、お読みいただきありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう