【変換表付】中国服のサイズ表記と日本服との違いは?購入・販売時のポイントも

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

子パンダ
先日タオバオで服を購入しました。レディースでMと書いてあり実際届いた商品にもMのラベルが付いていました。しかし、着用してみると日本のLくらいのサイズでした。中国と日本の服はサイズが違うのでしょうか。

今回は、こちらのご質問にお答えします。

 

中国の服サイズに関するtweet

最近、再び増えてきたクレーム?(質問?)に、服のサイズ違いがあります。「Sなのに大きい」といった具合です。中国のサイズ表記は日本の表記に比べ、1サイズ大きいです。欧米の服もそうですが、服のサイズに世界基準はありません。輸入品を購入するときは、身長や胸囲の長さを確認するのが無難です。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長
中国と日本の服のサイズは、ざっくりな対応表を確認するか長さで確認するかです!

 

それでは見ていきましょう。

 

中国と日本の服のサイズ変換表

>中国と日本の服のサイズを、変換表にわかりやすくまとめました。

対応するサイズを確認してみましょう。

 

服のサイズ変換表(レディース)

中国のサイズ GB規格 日本の近いサイズ
M 165 / 85 S~M
L 170 / 90 M
XL 175 / 95 L
XXL 180 / 100 L~2L
XXXL 185 / 105 2L

 

服のサイズ変換表(メンズ)

中国のサイズ GB規格 日本の近いサイズ
M 165 / 90 S
L 170 / 95 M
XL 175 / 105 L
XXL 180 / 110 2L

目次に戻る▶▶

 

服のサイズ表記の特徴

変換表からわかるように、中国と日本では服のサイズの表記が異なります。

洋服を購入、販売する際は、サイズの確認が大切です。

次で、サイズ表記の特徴を解説します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

中国のサイズ表記は日本と異なる

中国服のサイズ表記は、日本と似ているようで微妙に異なります。

一般的に、中国の服のサイズ表記は日本のサイズ表記より1サイズ大きいと考えればよいでしょう。

たとえば、日本のサイズ表記のSは、中国のサイズ表記のMに該当します。

 

中国服はS・M・LまたはGB規格で表記

中国服のサイズ表記は2種類あります。

1つはS・M・Lなどで表されるサイズ表記です。

 

もう1つはGB規格と呼ばれるサイズ表記で、身長/胸囲を165/85のように表します。

中国で販売される服には、どちらか、あるいは両方が表示されています。

国際表記のS・M・Lとの関係は次の表のとおりです。

 

中国のアウターのサイズ表記(レディース)

国際表記 身長 胸囲
S 160-165 84-86
M 165-170 88-90
L 167-172 92-96
XL 168-173 98-102
XXL 170-176 106-110

 

中国のアウターのサイズ表記(メンズ)

国際表記 身長 胸囲
XS 165 88-90
S 170 96-98
M 175 108-110
L 180 118-122
XL 185 126-130

 

日本服はJIS規格で表記

日本服のサイズ表記は、S・M・L、または、7号・9号のような号数です。

メンズとレディースで異なり、国際表記ともずれがあります。

日本服のサイズ表記についても、確認が大切です。

 

日本のアウターのサイズ表記(レディース)

国際表記 日本の表記
5 SS、XS
XS 7 S
S 9 M
M 11 L
L 13 LL、XL
XL 15 LL、XXL、3L
XXL 17 4L
19 5L
ーー 21 6L

 

日本のアウターのサイズ表記(メンズ)

国際表記 日本の表記
XS 36 S
37
S 38 M
39
M 40 L
41
L 42 LL、XL
43
XL 44

目次に戻る▶▶

 

中国の靴のサイズ表記の特徴

靴のサイズ表記は、日本・中国・アメリカ・ヨーロッパなど、国や地域によって異なります。

本章では中国での靴のサイズ表記について解説します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

中国の靴はセンチメートルで表記されていない

日本では靴のサイズを、24cm・24.5cmのようなcm(センチメートル)単位で表します。

一方、中国では34から45のような数字で表します。

中国での靴のサイズ表記をcmに換算したものが次の表です。

 

靴のサイズ変換表(メンズ・レディース共通)

中国の靴のサイズ 日本の靴のサイズ
34 22
35 22.5
36 23
37 23.5
38 24
39 24.5
40 25
41 25.5
42 26
43 26.5
44 27
45 27.5

 

中国と日本の靴のサイズ変換方法

中国靴のサイズを日本のサイズ表記に換算する際、次の計算式を用います。

 

(中国のサイズ+10)÷ 2 =日本のサイズ(cm)

<例>中国のサイズ表記で38の靴なら、

 (38+10)÷2=24

日本のサイズに換算すると24cmです。

 

日本靴のサイズを中国のサイズ表記に換算する際は、次の計算式を用います。

 

 日本のサイズ×2ー10=中国のサイズ

<例>日本のサイズ表記で25cmの靴なら、

 25×2ー10=40

中国のサイズに換算すると40です。

目次に戻る▶▶

 

子ども服・靴の中国サイズの特徴

子どもの服や靴は成長とともに頻繁に買い替えます。

そのため、サイズ設定が小刻みです。

次に、中国の子ども服や靴のサイズ表記について解説します。

 

服のサイズは身長を参考にする

中国のECサイトの商品ページには、着用できる子どもの参考身高(参考身長)が記載されています。

新生児用は50cmから70cm、乳幼児用なら70・80・90・100cm、幼児・児童用は100cmから10cm刻みで160cmまであり、サイズ展開が豊富です。

店舗によっては、子どもの身長+5cmのサイズを推奨していることがあります。

店舗や商品ごとに、サイズの確認が大切です。

 

靴のサイズは大人と同じ

中国の子ども靴のサイズは、大人の靴と同じく次の計算式で変換できます。

 

(中国のサイズ+10)÷ 2 =日本のサイズ(cm)

 

中国のサイズ表記で27・28・29と大きくなれば、日本のサイズ表記で0.5cmずつ上がります。

中国のサイズ表記で24とあれば、日本でのサイズ表記は計算式に従って17cmです。

商品ページのサイズ欄に内長(内側の長さ)と表記されるケースがあります。

内長は、実際の足のサイズ+0.5cmと考えてよいでしょう。

目次に戻る▶▶

 

サイズ選びで失敗しない!中国服を購入・販売する際のポイント

中国の服や靴は、価格の安さ、種類の豊富さが魅力です。

一方、中国と日本でサイズ表記が異なることに、不安を感じる人もいます。

次に、サイズ選びで購入する際に失敗しない、販売する際に失敗させないポイントを紹介します。

 

(購入時)評価やレビューを見る

購入する際、サイズ選びで失敗しないポイントは、店舗・商品の評価やレビューの確認です。

すでに購入した人のレビューには、商品に関する有益な情報が数多く含まれています。

 

「サイズ表記が正しくなかった」

「サイズを確認して買ったのに大きかった(もしくは小さかった)」

 

このようなレビューを参考にします。

評価やレビューを見るときは、翻訳アプリや翻訳サイトの活用がおすすめです。

ChromeのGoogle和訳を利用すれば、中国語のECサイトを手軽に日本語に変換できます。

 

(販売時)サイズを細かく記載する

販売する際は、サイズ表記には特に気を配りましょう。

サイズがわかりにくいと返品やクレーム、低評価につながり、対応に追われるおそれがあるためです。

中国のサイズ表記が日本とは異なることを商品ページで説明し、日本のサイズ表記に換算するとどのサイズに該当するかを、わかりやすい場所に記載します。

商品を発送する際にも、日本のサイズ表記を明記することが大切です。

服であれば、大まかなサイズだけでなく、バスト・ウエスト・ヒップなどの具体的な寸法まで掲載することがおすすめです。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

中国と日本とでは、服のサイズの表記が異なります。

靴のサイズは計算式で算出できますが、服のサイズは対応表で確認するしか方法がありません。

タオバオやアリババの商品ページには、サイズの記載がなかったり、誤っていることも比較的あります。

購入前に、店舗へ確認することが無難です。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう