タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
中国輸入せどりで稼ぐには?やり方やおすすめの中国の仕入れ先を紹介

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

子パンダ
中国輸入せどりって何ですか?稼げると聞きました。やり方や注意点を教えていただきたいです。

こちらの疑問にお答えします。

 

中国輸入せどりに関するtweet

中国せどり。わたしは使わない言葉ですけれど、ググってみると、案外ふつうに使われている言葉のようです。国内せどりが日本国内から仕入れるのに対し、中国から仕入れるのが中国せどりってこと?せどりの人が作った造語?なんでしょうかね。つまりは、中国輸入と同じ意味なんだろな。と理解しました。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

パンダ社長
中国せどりと中国輸入を同じ意味として書いています。違っていたらすみません……

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入せどりとは

中国せどりとは、中国の商品を日本に輸入し、国内で販売するといった形態のビジネスです。

中国から仕入れをしていることから、「中国せどり」と呼びます。

同じように、国内で仕入れをして国内で販売をするビジネスなら「国内せどり」と呼びます。

 

中国せどりは、国内せどりと比べ仕入れ値が安く、販売価格は高く設定できます。

そのため、利益率が高くなりやすくビジネスとしても注目されている手法です。

はじめての方は、中国での商品リサーチや買付、輸入する方法からまずは学んでいきましょう。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入せどりのやり方・流れ

中国輸入せどりは、やり方さえ理解していれば誰でも簡単に参入できます。

輸入するにはいくつかの方法がありますが、安全面を考慮し、輸入代行サービスを利用するのが無難です。

ここからは、中国輸入せどりのやり方について紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

輸入代行サービスを探す

まず、輸入代行を依頼する業者について探します。

これは、商品のリサーチや仕入れ準備よりも重要です。

中国の仕入れサイトでは、中国語表記であり、中国語でのやりとりが必須です。

 

翻訳や言語変更の機能がついているサイトはあまり多くはありません。

そのため、中国語が堪能な人でなければ不便さを感じたりトラブルになることもあるでしょう。

輸入代行サービスを利用すれば、店舗とのやりとりを任せられます

 

トラブル対応を含めたアフターフォローを受けられることは輸入代行業者を使う大きなメリットです。

代行サービスが対応しているサイトやサービス内容を確認し、任せられる業者を見つけましょう。

 

商品リサーチをする

商品選定はとても重要です。

販売する商品を決めるために、今売れているトレンドをECサイトを通じて把握(=リサーチ)しましょう。

商品リサーチは、Amazonをはじめとした日本のECサイトでおこないます。

 

それらECサイトの中から中国商品を見つけます。

それから、中国の仕入れ先であるタオバオやアリババで同じ商品を探し、価格差を計算します。

 

商品選定は、自分の勘だけを頼りにしてしまうと損失が発生する恐れがあります。

仕入れ基準を設定し、売れる(かつ利益が取れる)商品を選びましょう。

 

仕入れる

商品が決まれば、実際に商品を仕入れます。

仕入れたい商品について、輸入代行業者に情報を送り、購入を依頼します。

このとき、数や色にバリエーションがある商品は、間違いがないように注意しましょう。

 

また、自身で検品ができると考えていたとしても、はじめのうちは代行業者に検品を依頼しておくことをおすすめはします。

中国製品には不良品も含まれており、日本で検品をして不良品を見つけたとしても、ECサイトや店舗のルールにより送り返すことができないためです。

代行業者や仕入れ商品次第ではありますが、商品はおよそ数日〜数週間で到着します。

代行を介さず、自力で自宅へ仕入れてみて、どんな商品が届くか、何度か確認してみるのもよいと思います!

 

出品する

商品が手元に届いたら、Amazonやメルカリなど出品したいサイトに商品登録し出品します。

また、自宅ではなく、ECサイトが所有する倉庫へ中国から直納するのもよいでしょう。

出品したいECサイトが、どのようなサービスが利用できるのか事前に確認しておきましょう。

 

また、出品にあたり、商品ページには商品情報をできる限り詳しく掲載してください。

消費者にとってわかりやすい説明文と写真により、問い合わせが増え、購買率が上がることでしょう。

 

売れたら発送する

商品が売れたら、発送準備をします。

梱包方法は商品により異なります。

商品に傷やへこみなどダメージが生じないよう、適切な梱包をして発送しましょう。

 

また、商品を複数注文した方や到着日時に指定がある方には、配達時間が指定できているかや内容物にミスがないか確認します。

ただ商品を届けるだけでなく、気持ちよく利用してもらい、よい口コミやリピーターを獲得できるよう細かな対応を心がけましょう。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入せどりの仕入れサイト

中国で人気のある仕入れサイトを紹介します。

いずれも安い仕入れ値で仕入れられ、中国でも日本でも人気の高いサイトです。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

Alibaba.com(1688.com)

Alibaba.comは、中国発の業者向け卸売サイトです。

商品単価は安いですが、ロット販売です。

安い商品を大量に仕入れたい方には、Alibaba.comを利用することがおすすめです。

 

また、アルババに2つあります。

中国国外向けのAlibaba.comと、中国国内向けの1688.comです。

販売価格は1688.comの方が安く設定されている傾向にあります。

 

ただし、1688.comは中国国内向けのサイトのため、海外への直接発送には対応していません。

直接発送が不可のショップとやりとりをしたいときには、輸入代行業者へ依頼をして仕入れましょう。

参考Alibaba.com公式サイト

参考1688.com公式サイト

 

タオバオ

タオバオは、中国のECサイトの中でも出店店舗数が多く、取り扱い点数もとても多いサイトです。

CtoC(個人対個人)のサイトのため、少量からの仕入れが可能です。

日用品や衣類、電化部品など、タオバオにいけばひとまずなんでも取り扱っています。

 

ただし、タオバオは中国語表記で、翻訳機能も付いていません。

中国語が堪能でないならば、代行業者を介して調達することもできます。

 

また、タオバオで販売されている商品は同じ商品でも品質にばらつきがあります。

万が一のことを考えると、代行業者を交えて仕入れをする方法が不具合品を減らせる可能性が高まります。

参考タオバオ公式サイト

 

天猫(T-mall)

天猫は、アリババグループのECサイトのひとつです。

他のECサイトと異なる点は、出店基準が厳しいことです。

天猫では厳しい審査を実施しており、非正規品や不用品は出品ができないようになっています。

 

結果、品質の高い商品が比較的多く出品されています。

アリババやタオバオで品質が気になった方は、天猫はいかがでしょうか。

価格帯が少々高めに設定されていますが、タオバオに比べ日本人が求める品質に近いでしょう。

参考天猫公式サイト

 

アリエクスプレス(Aliexpress)

Aliexpressは、海外向けに作られた輸入ECサイトです。

英語や日本語表記にも対応しており、日本からも自身で直接購入できます。

ただし、商品の価格設定は少し高めです。

 

また、アリババやタオバオと比べると、圧倒的に商品数が少ないです。

直接輸入したい方や高目でもokな方は、アリエクスプレスの利用もアリです。

アリエクスプレスは、国際送料も高めですよ!

参考Aliexpress公式サイト

目次に戻る▶▶

 

中国輸入せどりのメリット

中国せどりをおこなう上で、3つののメリットがあります。

 

1つは、取り扱える商品数が多く価格が安いことです。

1カテゴリーだけみても豊富に商品が揃っており、売りたいと思える商品が見つかるはずです。

 

2つ目は、利益率が高いことです。

前述のとおり、中国から仕入れる商品の価格は比較的安価です。

そのため、日本国内での仕入れよりも高利益率な商品を見つけやすいです。

 

3つ目は、作業が自宅で完結することです。

輸入手続きを代行業者へ依頼することで、商品リサーチから発送準備までをすべて自宅で完結できます。

FBAや楽ロジなどのECサイトの倉庫を利用すれば、商品リサーチにのみ専念できますね!

 

このように、中国輸入せどりにはさまざまなメリットがあり、輸入をしたことがない方にも注目されています。

また、受注件数が増えれば増えるほど国際送料の単価が下がり、さらに利益が見込める体質を構築することも可能になります。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入せどりの注意点

注意点は3つです。

 

1つは、注文から商品到着までに時間を要することです。

中国から仕入れをするため、日本国内のやりとりと比べると時間がかかります。

特に、季節ものは早めの準備が必要です。

 

2つ目は、不具合品にあたる可能性もあることです。

中国市場は仕入れ値が安い代わりに、不具合品の存在もやむを得ません。

中国内需をターゲットにしている商品を日本へ輸入しているため、中国人の感覚では不具合ではないこともよくあることなのです。

 

3つ目は、中国の祝日が日本と異なり納期へ影響することです。

中国では、旧正月や国慶節などの大型連休があります。

大型連休と仕入れ予定日が重なってしまうと、到着が遅れたり破損・紛失の原因になることもあります。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

中国せどりとは、仕入れ先が中国であり、日本のECサイトで販売する手法です。

国内せどりと比べて仕入れ値を安く、販売価格は高く設定できます。

中国語が堪能でなくとも、輸入代行サービスを利用することで、店舗とのやりとりや国際発送を代行してもらうこともできます。

 

不具合品や納期といった懸念点もありますが、うまく対処することで回避することもできます。

また、日本国内仕入れに比べ取り扱える商品点数が圧倒的に多く、利益率も高いです。

物販ビジネスに興味がある方は、中国輸入せどりからはじめてみるのはいかがでしょうか。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう