タオバオ・天猫
タオバオ・天猫
アリババ(1688)
アリババ(1688)
AliExpress
AliExpress
はじめての中国輸入|人気記事
Amazonで中国輸入!初心者でもできるやり方や仕入れ方を徹底解説

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

パンダ娘
中国輸入について調べていると、販売先はAmazonを前提にしている記事や動画をよく見かけます。初心者なのであまりに詳しい内容はよくわかりません。これからAmazon×中国輸入をはじめる人でもわかりやすくやり方や全体イメージを教えていただけないでしょうか。いつもブログ、楽しみにしています。

 

このような疑問にお答えします。

 

Amazonに関するtweet

日本でどのECサイトが売れますか?といわれれば、「Amazonです‼️」と即答します。現実として日本で最も流入が多い(=ユーザーが多い)サイトがAmazonですから、他モールに比べ売れやすいんだろうな。ということは想像できるはず。売れやすいサイトに出品する。これだけで成功の確率が上昇します。

この記事は、長年、中国との貿易仲介業を営むパンダ社長が書いています。

 

パンダ社長
過去のことですが、Amazonはわたしの主戦場で、年商1億ほどやっていましたよ。

 

それでは見ていきましょう。

 

Amazon×中国輸入の流れ

もしあなたが中国輸入ビジネスが初心者であれば、もっとも集客しやすいECサイトであるAmazonへ出品することをオススメします。

ここでは、中国から商品を輸入してAmazonで販売する流れを紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

商品リサーチをする

商品リサーチは、輸入ビジネス成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

市場の需要やライバル会社の分析などデータにもとづいた商品リサーチをおこないましょう。

「自分が売りたい商品」ではなく「売れる商品」を売ることが大切です。

 

通年で売れやすい商品や季節商品に対し、同じ商品を売っている競合他者の数や一日の売上点数などを調査します。

売れる候補が決まれば、次にその商品(もしくはカテゴリー)の市場について調査をおこない、問題なさそうであれば仕入れます。

Amazonでの商品リサーチは、出品者の販売実績を抽出できます。そのため、転売であれば市場調査をおこなわずとも、商品に乗っかるだけでも売れやすいです。

 

商品を仕入れる

中国の国内向けのECサイトから日本へ輸入するやり方がもっとも費用を抑えられます。

日本の工場や卸売業者から仕入れるよりも、おおむね安く仕入れることができます。

 

ただし、中国国内向けECサイトでのやり取りは、中国語です。

配送も、国際発送に対応していない店舗(や工場)も多く、代行業者を通して仕入れる方法がスタンダードです。

代行業者経由で、テスト輸入して工場の品質を確かめましょう。

 

事業者登録をしてページを作る

Amazonへ新規商品を登録するためには「GS1事業者コード(一般財団法人流通システム開発センター)」の取得が必要です。

Amazon上でまだ売られていない商品を出品することで、利益を大きく伸ばすことも可能です。

商品を新規登録する際に、商品の識別に必要なコード(JANコード=GS1事業者コード)を登録して商品のページを作ります。

ノーブランドとして登録するなら、JANコードは不要です。あったらあったで相乗り予防になります。

 

一方、Amazonで相乗り出品をする場合は新規出品ではないため、GS1事業者コードがなくても出品が可能です。

初心者ですと、相乗り出品からはじめる人も多くいます。

 

納品方法を選択する

Amazonでは、2つの納品方法があります。

自分自身で納品する方法(=自己出品)とFBA出品のどちらかを選択します。

Amazonへの出品数が数十から数百以上なら「FBA納品プラン」を利用することがおすすめです。

月額無料の小口出品(=自己出品)からはじめて、売れてきたらFBA出品に切り替えるのもアリです。

 

FBAを利用すると、倉庫保管料を支払うことで商品の管理から発送までの工程をAmazonへ委託できます。

また、FBAで出品した商品はAmazon Prime商品としても登録されるため、購入されやすくなるというメリットもあります

 

さらに、中国の工場から直接Amazonの倉庫へ納品する方法もあります。

直納は、通関や納品に関する手間が省けるため、副業で出品している方や忙しい方は検討するのもよいでしょう。

FBAの使い方や注意点については、次の記事でも解説しています。

 

販売開始

販売を開始します。

Amazonの専用管理ページであるセラーセントラルへログインし、アクセス数やカ注文状況などを確認しましょう。

売れ行きが芳しくない場合は、商品ページの内容をみなおしたり、価格を変え出品しなおしたりと、トライ&エラーを繰り返していきます。

出品すればすぐに売れる商品もあります。機会ロスしないよう追加注文も大事ですね。

目次に戻る▶▶

 

中国輸入における仕入れ先

中国での仕入れ先は、ECサイトです。

中でもアリババ系列のサイトは手堅いです。

商品が多種多様であることはもとより、日本人利用者が多いため、トラブル時の対応や裏技などの記事や動画が多くヒットすることもおすすめの理由です。

 

輸入代行サービスの利用の仕方からFBA倉庫へ直接送る方法などを、中国語が分からなくても自分で検索できます。

Web上に情報が少ないプラットフォームですと、トラブル時にお手上げ状態になることもあります。

初心者なら、日本人ユーザーの多いアリババの1688.com(中国国内向け)や、Alibaba.com(中国国外向け)がおすすめです。

目次に戻る▶▶

 

Amazonで中国商品を販売するメリット

Amazonでは、倉庫に自社製品をあずけ発送までを管理してもらえる「FBA倉庫」を利用できます。

そのため、副業の方でも、少ない労力で商品を販売できます。

また、Amazonは利用者が多いため、そもそも売れやすいといったメリットもあります。

 

ここでは、Amazonで販売をするメリットについて解説します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

開始までの敷居が低い

Amazonでは相乗り出品が可能なため、商品ページを作り込むことなく、手軽に出品が可能です。

商品の写真や商品の詳細説明を自分で書く必要はありません。

 

また、セラー登録は申請から約3日程度で審査が完了するため、登録から販売までスピーディにおこなえます。

Amazonは利用者が多く商品が売れやすい傾向にあり、FBA利用で配送までの工程を任せられるため、初心者でも始めやすく敷居が低いといえるでしょう。

 

利益率が高い

ハイテク製品や新製品など、中国商品は利益率のよい製品があります。

また、大量に仕入れることで割引が適応されることもあるため、利益率の低い商品でも利益を伸ばすことが可能です。

Amazonで売れ行きのよい商品や、人気が高く流通の少ない商品のリサーチをして、利益率を上げましょう。

 

一般的には、売値2000円以上で利益が取れる商品を取り扱うことで、利益を伸ばしやすいといわれています。

転売なら少なくとも利益率15~20%は取りたいところです。課税事業者になると、決算時に利益から消費税が徴収されますからね。

 

OEM商品の出品ができる

Amazonでは、自社商品の販売が可能です。

偽ブランド品の類似する模倣品は販売が規制されている一方、OEM商品は販売ができます。

自社製品としてOEM商品を売るなら、商品を新規登録できます。

 

OEM商品を出品する場合、タグの付け方や商品ページの決まりが定められているため、出品の決まりをよく読んでから仕入れをしましょう。

剥がれやすいタグや簡易的なシールを貼っただけの商品は、OEM商品として認められないこともあります。

楽天やヤフーなどの他モールに比べ、OEM商品が最も売れやすいのがAmazonです。

 

FBAなら発送も早めに対応できる

Amazonの強みの1つに、Amazonの倉庫へ自社製品を預けるFBAプランがあります。

注文が入ると最短で発送が可能で、発送までの期間が短い商品の方が売れやすい傾向にあるため、利用しているセラーは多くいます。

自社の休日や夜間に商品が売れたときもAmazonが発送するため、急用が入っても発送の心配をする必要はありません

 

商品の発送が遅くなるとキャンセルが発生することもあり、FBAは利用価値が高い納品方法でもあります。

FBA会員であれば、Amazonがカスタマーサポートも対応してくれるのもよいですね!

目次に戻る▶▶

 

Amazonでの中国輸入は仕組み・利益計算を加味した価格設定が肝

FBA倉庫を利用時の在庫保管手数料や代行手数料、関税などの料金を加味して料金設定をするようにしましょう。

在庫保管料や関税を計算しておらずに赤字になることもあります。

在庫保管手数料は、売れない場合でも大きさや商品カテゴリー、時期によっても変動するため、定期的に計算をして余計な経費が生じないよう注意を払いましょう。

売れない商品を保管するよりも廃棄した方が、コストを抑えられることもありますよ。

 

また、輸入規制品やAmazonで販売できない商品を輸入した場合、出品ができません。

法律で禁止されておらず、Amazonでの販売が可能な商品であるかを確認してからの仕入れをおすすめします。

目次に戻る▶▶

 

Amazonで中国輸入販売をすることのリスク・デメリット

商品を中国のECサイトから安く仕入れ、Amazonで高く売る物販ビジネスは、参入するハードルが低く、利益を生みやすいです。

一方で、リスクが伴うことにも気を配りましょう。

5つのデメリットについて解説します。

 

 

詳しくみていきましょう

 

競合との価格競争が起こる

Amazonでの中国輸入販売は、少ない資金で利益を上げられるものであり、競合する相手が多く存在します。

同じ商品を扱う店舗が増えれば、価格競争が起きるでしょう。

競合店舗との間で価格競争が起きると、値下げが止まらなくなる恐れがあります。

このような状況に陥ると、利益の出ない値段での販売になりかねません。

 

中国語でやり取りがおこなわれる

商品を中国のECサイトから仕入れる際、中国語でやりとりをします。

値引き・数量・納期の交渉・トラブルへの対処など、中国語でコミュニケーションをとる必要があります。

翻訳ツールを使って自力でやりとりもできますが、細かなニュアンスを慣れない中国語で伝えることは困難です。

言葉の壁を感じるでしょう。

 

不具合品や商品未達のリスクがある

中国のECサイトから仕入れた商品には、3割ほど不具合品が混ざっているといわれています。

仕入れ後の検品作業が重要です。

しかし、検品には時間と手間がかかるうえに、中国国内でしなければなりません。

自力での対応は難しいでしょう。

検品作業がサービスに含まれる輸入代行への委託を検討してください。

 

また、中国のECサイトでは、注文した商品が配達されないリスクもあります。

その原因は「輸送中に何らかの事情で止まっている」「荷物が行方不明になった」「そもそも商品が発送されていない」など、さまざまです。

仕入れをするときは、このようなリスクも想定し、できるだけ荷物の追跡機能を利用しましょう。

 

販売してはならない商品を輸入してしまう可能性がある

中国輸入販売では、輸入してはならない商品を輸入するリスクがあります。

たとえば、偽ブランド品です。中国のECサイトで販売されているブランド品は、本物かどうかを判別できません。

ブランド品は避け、ノーブランドの商品を選びましょう。

 

また、日本や中国の法令で輸出入が禁止されているものや、販売が規制されているものの購入は避けてください。

偽ブランド品も輸入禁止品も、税関の検査で見つかると没収・破棄されます。

その損失は自分で補填しなければなりません。

赤字を避ける目的でも、輸入禁止品の確認は怠らないようにしましょう。

 

サービス利用には計画性が求められる

Amazonには、倉庫での商品の管理や梱包・発送までをすべておこなってくれる、FBA(フルフィルメント)というシステムがあります。

このようなサービスを利用すると、梱包や発送の手間が削減できます。

しかし、手数料がかかる点に注意しましょう。

有料のサービスを利用するときは、手数料を含めた利益計算をします。

費用対効果を考えたうえで、本当に必要なサービスかどうかを見極めてください。

目次に戻る▶▶

 

代行業者は必須?Amazonで中国輸入販売をするときの仕入れ方法

中国のECサイトから商品を仕入れるには、店舗との交渉やトラブルへの対応など、さまざまな手続きをしなくてはなりません。

その3つの方法について紹介します。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

個人で輸入する方法

仕入れに関する手続きをすべて個人でおこなう方法について見てみましょう。

中国のECサイトには、AliExpress(アリエクスプレス)のような海外向けの卸サイトがあります。

こうしたサイトを利用するのであれば、個人で輸入することも可能です。

海外への発送に対応していますし、英語や日本語のWebサイトが用意されています。

そのため、中国語がわからなくても利用しやすいでしょう。

 

ただし、店舗との値引き交渉や輸入の手続きなどは、すべて自分でおこなう必要があります。

またトラブルが起きた際、店舗とのやりとりは基本的に中国語です。

中国語が堪能でないと難しい場面もあるでしょう。

 

中国人パートナーに依頼する方法

中国人のパートナーに依頼する方法もあります。

中国在住の友人・知人にサポートを依頼すれば、海外への発送に対応していないECサイトからも仕入れが可能です。

 

ただし、ビジネスに関する話であるため、たとえ友人であっても頼みにくいおそれがあります。

クラウドソーシングサイトや中国人向け掲示板を利用して、ビジネスパートナーを見つける方法もあります。

しかし、出会ったばかりの相手とコミュニケーションをとり、信頼関係を構築することは、簡単ではないでしょう。

 

代行業者を使う方法

中国からの仕入れに、輸入代行業者を利用する方法もあります。

店舗とのやりとりは業者に中国語でおこなってもらえますし、業者とのやりとりは日本語です。

輸入に関する煩雑な手続きを輸入代行に任せられますし、支払いも日本円でできます。

 

そのほか検品や梱包など、業者によって委託できるサービスは多様です。

自分に必要なサービスを選んで利用すれば、仕入れの手間や時間を大幅に軽減できます。

代行手数料は発生しますが、トータルで見れば輸入代行を使うメリットは大きいでしょう。

目次に戻る▶▶

 

おすすめは代行業者の利用

Alibaba.comは海外向けの卸売ECサイトのため英語や日本語でやり取りが可能です。

海外発送にも対応している一方、同じ商品でも中国国内向け卸売ECサイトの1688.comの方が安く仕入れられることもあります。

 

1688.comに同じ商品がある場合、代行手数料を加味しても利益を伸ばしやすく、「代行+1688.com」の利用がおすすめです。

代行業者を利用すれば、検品サービスやトラブル対応もしてもらえるため、不良品が送られてくるリスクも減らせるメリットがあります。

また、輸入規制品やAmazonで販売できない商品を誤って輸入するというリスクを減らすこともできます。

目次に戻る▶▶

 

Amazonでの中国輸入販売に関するよくある質問

Amazonでの中国輸入販売に関して、さまざまな面から解説してきました。

ここからは、よくある質問についてお答えします。

 

 

詳しくみていきましょう

 

中国から注文した商品が届くまでの日数は?

注文した商品が中国から日本に届くまでの日数は、利用するECサイトや注文する時期にもよりますが、一般的な目安は次のとおりです。

輸送方法 日数の目安 特徴
EMS(国際スピード郵便) 2~4日 速い

料金が高め

追跡サービスが付いて安全・確実

航空便 5~8日 EMSに次いで速い

EMSよりは安い

追跡サービスが選べる

サイズや重量制限に注意

SAL便(Surface Air Lifted) 2週間 一部、航空機を利用

航空便より遅いが安い

速さと料金のバランスがとれている

追跡機能はあるが精度は高くない

船便(Surface Mail)> 1か月以上 日数がかかる

安い

重量がある品物を送るのに適している

精密機器のような繊細な品物には向いていない

 

これらはあくまでも目安です。

次のような要因でさらに日数がかかることがあります。

  • 中国の長期休暇時期に重なった
  • 混雑や書類の不備によって税関で止まっている
  • 悪天候や事故によって物流が滞っている

 

人気のある輸入品はなんですか?

中国からの輸入販売で人気のある商品、すなわち、よく売れて利益が出やすい商品は、次のとおりです。

  • アパレル・アクセサリーなどのファッション製品
  • ベビー・キッズ用品
  • インテリア小物
  • スマートフォン関連商品
  • ペット用品
  • カー・バイク用品
  • アウトドア用品
  • DIY関連用品
  • 防災・防犯用品
  • コスプレ用品
  • サバイバルゲーム関連グッズ

 

需要が高く流行に左右されにくいものが人気です。

また、配送料が抑えられるサイズの小さい商品や、輸送中の破損が少ない商品も人気が高い傾向にあります。

 

一方で、届いた商品とECサイトの写真が異なっていたというケースもあります。

本格的に仕入れる前に、少量をテスト的に仕入れするのがおすすめです。

色やサイズの種類があるなら、各種すべて事前に仕入れて確認しましょう。

 

中国の商品が安い理由は何ですか?

中国で作られる商品の安さには理由があります。

安さの理由は、主に次の4つです。

 

①材料費が安い

製品の材料を一度に大量に仕入れることで、材料費が安く済み、生産コストを抑えられます。

 

②輸送費の安さ

中国は日本に比較的近く、ほかの国や地域と比べて輸送費を抑えられます。

空路や海路など、目的に合った輸送手段を選択可能です。

 

③仲介業者を挟んでいない

中国の多くのECサイトでは、メーカーが直接出店して商品を販売しています。

仲介業者がおらず、卸値に近い価格で販売できます。

 

また、ECサイトや各店舗が発行する割引クーポンを利用すれば、さらに安く購入できるでしょう。

「安い=品質が低い」というわけではなく、安さには相応の理由があります。

目次に戻る▶▶

 

まとめ

Amazonは、商品登録や出品方法が分かりやすいです。

また、FBA倉庫やカスタマーサポート、独自の集客力があり、初心者でも売上を伸ばしやすいです。

輸入ビジネスは、「Amazon×中国輸入」で手堅くはじめてみてはいかがでしょうか。

 

ご質問、いつも歓迎です!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

目次に戻る▶▶

Xでフォローしよう