中国輸入ビジネスは失敗した方がうまくいく話【自転車に乗れた】

こんにちは!

中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

中国輸入ビジネスで失敗することを心配している子侍
「中国輸入ビジネス 失敗」でググってみました。失敗談の多さに驚いて、何だからやる気がなくなってきました。ひとまず、これから仕入れしようとしているところです。ただ、うまく商品リサーチできなかったり、不良品が届いたり、クレーム、配送遅延など失敗することが脳裏に浮かんで、何だか中国輸入ビジネスが怖くなってきました。

ずばり疑問にお答えします。

 

中国輸入での失敗に関するtweet

自転車に乗れるようになった時のこと。補助輪なしで乗れましたか?転んだことはないですか?乗れるようにサポートしてくれた人がいませんでしたか?いつの間にかスピードを出したり、急カーブが曲がれるようになりませんでしたか?

中国輸入ビジネスも同じですよ。失敗しても続けることが大事😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

▼この記事でわかること▼

  • 中国輸入ビジネスでよくある失敗事例
  • 中国輸入ビジネスで失敗しない唯一の方法
  • 補足:中国輸入ビジネスと自転車の共通性

パンダ社長
中国輸入がうまくいっている人で、失敗したり、痛い目に合ったことがない人に会ったことがないですよ。

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入ビジネスでよくある失敗事例

はじめに、中国輸入ビジネスで、よくある失敗事例を9つ紹介しますね。

今の時点で、全部覚えておく必要は全くありませんよ。

当てはまる人もそうでない人も、ひとまずは、こういう失敗があるのか程度にとどめてください。

パンダ社長
他人の失敗に影響され、不安になる必要は全くありませんよ。

 

  • 不具合品を仕入れた
  • 偽物を仕入れた
  • 想定数より売れなかった
  • 価格競争に巻き込まれた
  • 関税が想定以上だった
  • 権利侵害で訴えられた
  • 法律上、販売できなかった
  • 輸入できなかった
  • 先生や教材を信じすぎた

 

詳しくみていきましょう。

 

不具合品を仕入れた

1つ目は、不具合品を仕入れたです。

中国輸入に不具合品は付きものです。

大企業でも検品専門工場へ依頼します。

大企業が依頼しているSランクの検品工場でも、不具合率1%は生じるものです。

パンダ社長
2021年度の当社の不具合率は、0.22%です。

 

不具合品は、あなただけでコントロールできる部分ではないです。

代行選びの基準を見直すことで、ある程度解決できますよ。

参考:中国輸入代行誠をオススメしたい5つの理由【痒いところに手が届く】

 

偽物を仕入れた

2つ目は、偽物を仕入れたです。

中国には、偽造品や模倣品がまだまだあります。

権利関係の知識を要すため、代行でも判断がなかなか難しいです。

ひとまず、ハイブランド品やキャラクターものの取扱いは避けるのが無難です。

参考: 利用規約 > 取り扱いが出来ない商品

パンダ社長
当社の利用規約が参考になると思いますよ。

 

想定数より売れなかった

3つ目は、想定数より売れなかったです。

売れると思って仕入れた数よりあまり売れなかった。

よくあることです。

ツールはあくまで参考として、少量からはじめ、実績に応じ増やすのが無難です。

 

また、低単価な商品で利益率が高ければ、多く仕入れてしまうのもわかります。

ただ、売れないと不良在庫となり、お金を捨てることになります。

パンダ社長
有在庫販売の場合、どのような商売でも在庫リスクは付き物です。大企業でも中小企業でも、前年の廃棄実績から原価率を予測して利益計算を行っています。廃棄は、予め予算へ組み込んでおきましょう。

 

価格競争に巻き込まれた

4つ目は、価格競争に巻き込まれたです。

最近は、エンドユーザーも賢くなっています。

アマゾンでもメルカリでもBASEでも、同じ商品を出品していれば画像検索や価格.comで調べられます。

中国輸入ビジネスをはじめて0~12ヵ月までは、転売で売れ筋やリサーチの価格を掴むのがよいです。

そうこうしながら、他店との差別化について考えておくことが、中国輸入を長く続けるコツです。

 

関税が想定以上だった

5つ目は、関税が想定以上だったです。

関税率は8%~20%です。

品目ごとに関税率が異なります。

リサーチ時は、20%として計算するのが無難です。

あとは、通関実績を作ることであなたの取扱商品にあったおおよその関税率がわかってきます。

パンダ社長
パンダ社長は、1点1点関税率を調べることはしないです^^

 

参考:中国輸入での関税を免税にする方法【計算方法や税率も解説です】

 

権利侵害で訴えられた

6つ目は、権利侵害で訴えられたです。

商標権や著作権であれば、J-PlatPatで調べることで事前に回避できます。

特許権や意匠権はちょっと難しいです。

あやしいなと思ったら取り扱わないのが無難です。

参考:J-PlatPatで商標権を調べる方法【中国輸入では必須スキルです】

 

法律上、販売できなかった

7つ目は、法律上、販売できなかったです。

中国輸入ビジネスでよく出てくるのは次の法律です。

パンダ社長
法に触れそうな商品ほど利益率が高いです。全部理解しようとするのは大変です。食品やコンセント、ナイフ。リサーチの対象外にするのが手っ取り早いです。もう少し踏み込んで知りたい人は、上記のブログでやさしく紹介していますよ。

 

輸入できなかった

8つ目は、輸入できなかったです。

中国税関または日本税関で滅却または差し戻しになるケースです。

中国側では、液体系や可燃性系の商品で止まることが多いです。

日本側では、食品衛生届けや食品販売届けや食品衛生法に基づく営業許可の資料がなく止まることが多いです。

パンダ社長
中国側の税関は代行業者側である程度はコントロールできますけれど、日本側の税関はあなたが対応することになりますよ。

 

先生や教材を信じすぎた

9つ目は、先生や教材を信じすぎたです。

「中国輸入ビジネスで、寝てても月100万円稼げる!」

「メルカリでらくらく月10万円稼ぐ!」

これらは、販売するためのキャッチです。

わかっていても、信じてコンサルを受けたり書籍を買ってしまうのが人間です。

結局のところ、失敗した時に助けてくれるのは自分だけなんですね。

先生や教材はサポーターとして考えておくのがちょうどよいです。

パンダ社長
サポーターの応援は力になります。しかし、サポーターがゴールを決めることはできませんよね。

 

中国輸入ビジネスで失敗しない唯一の方法

中国輸入ビジネスで失敗することに、怖れや不安を抱く人もいるかもしれません。

そのような人は、子侍くんのように「中国輸入ビジネス 失敗」でググったり、コンサル先生に事あるごとに質問します。

ググったり、質問すること自体は全然問題ありませんし、普通のことです。

 

ただ、他人の失敗談は、なかなか自分の血肉になりにくいです。

ですから、他人と同じような失敗を繰り返します。

「中国輸入ビジネス 失敗」でググってみればわかります。

だいたい似たようなことが書かれています。

パンダ社長
自身が失敗を経験することが最も身に沁みますよ。それが、血肉や教訓になります。

 

 

中国輸入ビジネスで失敗しない唯一の方法は、次の通りです。

  • 失敗を前向きに捉えられるようになること
  • 失敗を恐れないこと
  • 失敗の先にしか成功がないことを理解すること
  • 失敗しても挑戦し続けること

 

▼ 中国輸入ビジネスと自転車の共通性 ▼

自転車に乗れるまでの過程 中国輸入ができるようになるまので過程
1 補助輪付きの自転車に乗り始めた 中国輸入ビジネスをはじめた
2 補助輪をはずし、後ろを両親が支えてくれた コンサル先生がサポートしてくれた、自分でもたくさんググった
3 たくさん転んだ たくさん失敗した
4 気付いたら乗れるようになっていた 気付いたら売上が経っていた
5 スピードを出せるようになった、急カーブも曲がれるようになった 売上がどんどん上がり、OEMもしたり、無在庫もしたり、教える立場になっていた

パンダ社長
そういうことです^^

 

結論:中国輸入ビジネスは失敗しても大丈夫!

まとめます。

  • 中国輸入ビジネスでよくある失敗事例
    ①不具合品を仕入れた
    ②偽物を仕入れた
    ③想定数より売れなかった
    ⓸価格競争に巻き込まれた
    ⑤関税が想定以上だった
    ⑥権利侵害で訴えられた
    ⑦法律上、販売できなかった
    ⑧輸入できなかった
    ⑨先生や教材を信じすぎた
  • 中国輸入ビジネスで失敗しない唯一の方法は、失敗を失敗と思わず成功への過程と思うこと。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:中国輸入ビジネスを始める前にやるべきこと【下準備が大事です】