中国輸入の代行業者を探すための5つの方法【ググるが基本ですよ】

こんにちは!
中国輸入代行「誠」のパンダ社長こと酒井(@makoto1688)です^^

 

中国輸入の代行業者を探している子侍
中国輸入の代行業者を探しています。中国語がわからないですし、どうやって探せばよいかアドバイスがほしいです。

ずばりこの疑問にお答えします。

 

中国輸入の代行業者の探す方法に関するtweet

中国輸入が初心者の人は、代行はスパっと決めた方がよいですよ。代行を探す方法は、①ググる、②メンターからの紹介、③ブログやYoutubeでの紹介、⓸メール広告やWEB広告などが考えられますけれど、その中でも「中国輸入代行 口コミ」でググって、その中から選ぶのが最良な気がします😌

この記事は、長年、貿易業を営むパンダ社長が書いています。

 

この記事でわかること

  • 中国輸入の代行業者を探す5つの方法
  • 中国輸入の代行業者が見つかるキーワード

パンダ社長
中国輸入ビジネスで成功するためには、自分に合った代行業者を見つけることが不可欠です。中国の代行業者は、オーナーが日本人の場合と中国人の場合があり、合わせると法人で約50社あります。その他、個人や個人事業主の代行も相当数存在しましたが、2019年施行の电子商务法により、2022年2月現在は、激減しています。税金を払っていないため、事業を止める代行が増えていますよ。

 

それでは見ていきましょう。

 

中国輸入の代行業者を探す5つの方法

中国輸入の代行業者を探すには、次の5つの手段があります。

  • キーワード検索(ググる)
  • メンターからの紹介
  • ブログやYoutubeでの紹介
  • メール広告やWEB広告
  • トレードチャイナで探す

 

詳しく見ていきましょう。

 

キーワード検索(ググる)

1つ目は、キーワード検索(ググる)です。

次のようなキーワードで検索して、ヒットした代行業者のサイトを調べる方法です。

この方法が最もスタンダードだと思います。

  • 中国輸入代行
  • 中国輸入 代行
  • 中国輸入代行 口コミ
  • タオバオ代行
  • タオバオ 代行
  • アリババ代行
  • アリババ 代行
  • 中国 無在庫 代行
  • 無在庫 直送

パンダ社長
「検索上位=信頼できる」とも限らないですよ。SEOの知識もしくはお金を出せば、検索上位は比較的容易に狙えます。裏を返せば、それだけ自然検索に時間や資金を投資しているということですから、サービスがしっかりしている可能性もありますね!

 

メンターからの紹介

2つ目は、メンターからの紹介です。

メンター(=コンサル先生)から紹介のあった代行業者は、メンターが利用したことがある。もしくは、現在も利用している。ことが多いはずです。

はじめての代行業者探しであれば、メンターに相談してみるのもよいと思います。

パンダ社長
過去の事例として、「誠」を紹介いただいていたメンターさんの中で、「他社さんは利用したことがあるけれどm誠さんは利用したことはない。コンサル生からの情報で判断してオススメさせていただいている。」という人がいましたよ。自身が利用したことがない代行を、コンサル生からの情報を元に精査して紹介するって、一体どういうこと?と思いましたが、そのような紹介の仕方もあることもわかりました。

 

ブログやYoutubeでの紹介

3つ目は、ブログやYoutubeでの紹介です。

中国輸入の情報発信をされている方のブログやYoutubeは多くあります。

「キーワード検索(ググる)」で紹介したキーワードで検索してみましょう。

また、人気ブログランキングブログ村でも中国輸入について書かれたブログを見つけることができます。

 

 

それらのブログの中に検索ボックスがありましたら、「代行」で検索してみてください。

オススメの代行や過去に紹介した代行がヒットするはずです。

パンダ社長
ただし、信憑性は「メンターからの紹介」よりは薄れるかもしれません。見極めが重要です。といっても、感です。あなたの好みや感性で決めるのが一番です^^

 

メール広告やWEB広告

4つ目は、メール広告やWEB広告です。

例えば、hotmailやgmailに届いたメール本文の上に、広告が二行くらい表示されていませんか。

いわゆる、広告主が広告費を払って出稿しているリスティング広告と呼ばれるものです。

日頃から、「中国輸入代行」やそれに近いキーワードで検索していると、Googleが自動判断して、ターゲット(我々)にマッチした広告が表示されるしくみです。

 

このような代行業者は、広告にお金をかけられるだけ資金があり、代行業者としてのシステムも比較的整備されている可能性が高いです。

一方で、広告を出稿している分コストも嵩みますから、その分を利用者が負担する可能性も高くなりがちです。

ただし、広告をかけるくらい真剣に取り組んでいる証とも考えられます。

一度、話を聞いてみたり、何度か利用してみてもよいと思います。

パンダ社長
当社データですと、メール広告はクリック単価が比較的安価ですが成約に繋がりにくいです。一方、google広告に代表されるようなweb広告は、年々取得単価が上がってあり、2022年現在は、資金力がある代行業者か集客に困っている代行業者が出稿しているといった肌感覚があります。パンダ社長の考えとしては、広告はお金を払えばどんな代行業者でも出稿でき、サービスがいまいちの代行業者やSEOが利きづらい最近サービスをはじめた代行業者も紛れているので、見極めが必要だと感じます。経験がないと見極めが難しいです。それこそ、自身の感が頼りです^^!

 

トレードチャイナで探す

5つ目は、トレードチャイナで探すです。

中国輸入の代行業者を探すことに特化すしたサイトといえば、トレードチャイナが定番です。

個人の代行業者が登録していることが多く、どちらかというと中国輸入をはじめたばかりの日本人の投稿が多いサイトです。

メアドさえあればどなたでも無料で登録でき、何と言っても、中国輸入をやりたい方と輸入代行をやりたい方のマッチングサイトの意味合いが強いサイトですので、比較的簡単に業者やパートナーを見つけることができます。

参考:中国輸入情報サイト「TRADE CHINA」で代行業者を探す方法

パンダ社長
トレードチャイナ。2022年1月頃に、突然閉鎖になりましたよ。トレードチャイナは、個人の代行業者が多く、税金を納めていないであろう個人も多かったと思います。それで、电子商务法によって、サイトが閉鎖になったのではないかと推察します。

 

結論:信頼できる中国輸入の代行業者を探す方法は、口コミがベター!

まとめます。

  • 中国輸入の代行業者を探す5つの方法
    - キーワード検索(ググる)
    - メンターからの紹介
    - ブログやYoutubeでの紹介
    - メール広告やWEB広告
    - トレードチャイナで探す

 

編集後記

中国輸入ビジネスにおいて、代行業者は切っても切れない関係です。

まずは代行業者がどういうものなのか経験してみることをオススメします。

コロコロと代行業者を変えることはあまりオススメはしませんが、一度経験がありますとその経験が次のステップに繋がります。

上記の方法で調べてみて、ひとまずよさそうな代行業者の選定をしてみていかがでしょうか。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました^^

参考:代行業者を経由する中国輸入の方法【アリエクスプレス経由も解説】