【真の代行手数料とは?】中国国内送料が一律10元なら大きな利益改善ができる!

こんにちは!
中国輸入代行「誠」の代表の酒井です^^

中国輸入ビジネスを行う上で、代行業者の存在は不可欠です。代行業者はあなたに変わって、仕入れ先との折衝や注文から検品、国際発送まで、中国国内でのタスクを代行してくれる存在です。

代行業者が代行するタスクに対し支払う対価は、俗に三大手数料と呼ばれます。1つ目は「月額利用料」、2つ目は「代行手数料」、3つ目は「国際送料」です。他には有料オプションとして、製品に特化した特別な検品や梱包であったり、複数の商品やメッセージカードを同梱するようなセット組であったり、梱包箱を指定の箱へ変えたりといったものもありますが、三大手数料の中で大概のタスクは賄うことができます。

三大手数料のうち、「月額利用料」や「国際送料」についてはこれまでに解説・紹介してきました。今回は特に、「代行手数料」にフォーカスし、「代行手数料」の種類や相場感、注意点について簡単なシミュレーションを交え解説いたします^^

 

 

2つの代行手数料

2つの代行手数料

代行手数料には大まかに2つの手数料があります。2つの手数料は、あなたが「有在庫」で販売なされているのか、「無在庫」で販売なされているかによって決まります。そのため、はじめに「有在庫」と「無在庫」の違いについて、要点をおさらいします。

「有在庫」とは、日本で商品を販売する際に在庫を持って販売する手段です。在庫を保管する場所は、あなたの自宅や会社でもよいですし、発送代行をサポートする日本の倉庫会社でも構いません。また、送料を抑えるために、商品が代行業者の倉庫へ貯まったのち、まとめて国際発送することがほとんどです。

一方、「無在庫」とは、日本で商品を販売する際に在庫を持たないで販売する手段です。エンドユーザーから受注したあとに、代行業者へ商品手配を依頼(=注文)するため、在庫を持つ必要がないのが特徴です。一度に複数点を購入なさるエンドユーザーもいらっしゃいますが、一度の国際発送点数は1点のことがほとんどです。

 

 

代行手数料の相場感

代行手数料の相場感

代行手数料の相場感は、「有在庫」と「無在庫」とでそれぞれ次の通りです。

  • 有在庫:(商品代+中国国内送料実費)の7%
  • 無在庫:1点につき一律15元

 

「有在庫」と「無在庫」とで手数料が異なる理由

「有在庫」と「無在庫」とで手数料が異なる理由

次に、「有在庫」と「無在庫」とで手数料が異なる理由について解説します。

例えば、「有在庫」として50元の商品を10点購入した方がいたとします。簡単のため、中国国内送料が無料だったとすると、代行手数料は35元(=50元*10点*7%)です。一方、「無在庫」として50元の商品を1点購入した方がいたとします。同じく、中国国内送料が無料だったとすると、代行手数料は、15元(=15元*1点)です。

仮に、「無在庫」で「有在庫」の代行手数料を適用すると、代行手数料は3.5元(50元*1点*7%)です。代行業者としては、同じ商品を1点購入するのも10点購入するのも労力はさほど変わりません。1点での注文が基本となる「無在庫」で、「有在庫」と同じ手数料の取り方をしますと代行業者は事業として成り立たなくなります。

また国際発送の点では、「有在庫」ではまとまった物量を一度に決まった住所へ配送するのに対し、「無在庫」では商品1点ずつを配送先が異なる住所へ配送します。

 

つまり、「有在庫」と「無在庫」とで手数料が異なる理由は、それぞれのビジネスモデルの違いに起因するということです。代行業者にとって、「無在庫」は「有在庫」よりもはるかに労力を要します。そのため、「有在庫」と同じ歩合制(=パーセンテージ制)ではなく、一律制を採用することになります。

 

 

中国国内送料は代行手数料の一部

中国国内送料は代行手数料の一部

代行手数料の相場感は、「有在庫」で7%、「無在庫」で15元/点と述べました。代行業者選びで、代行手数料をチェックするときには、「有在庫」では7%と「無在庫」では15元の数字を基準にしてください。

ただし、この数字は「真の代行手数料」ではない!のです。

なぜなら、代行業者の中には中国国内送料として、1点あたり一律10元~20元を加算しているところもあるからです。例えば、無在庫」での代行手数料が15元/点と謳っている中で中国国内送料が20元だったとすると、「真の代行手数料」は35元/点です。

「無在庫」で利用することが多いタオバオの多くの店舗は、中国国内送料は無料です。また、「有在庫」で利用することが多い「アリババ」はロット販売のため、中国国内送料が生じるケースが多いですが1点あたり10元~20元まではかからないことがほとんどです。

分かりやすく言いますと、中国国内送料は店舗側では無料ですが、代行業者のルールで1点につき一律10元~20元を徴収する設定になっていることもあるということです。

 

 

物販の利益に与えるインパクト

物販の利益に与えるインパクト

「真の代行手数料」=「代行手数料」+「中国国内送料」と理解してください。「中国国内送料」があなたの利益に与える影響はいかほどでしょうか。「代行手数料」の相場を使って、シミュレーションしてみましょう。

無在庫の場合

「代行手数料」は1点あたり15元でした。「中国国内送料」が一律20元だったとすると、「真の代行手数料」は35元です。

  • 代行手数料:15元/点
  • 真の代行手数料:35元/点

 

1点購入すると20元の差が生じます。月に100点販売したとすると2,000元の差です。代行業者を変えるだけで、あなたは月に約35,000円の利益が増えることになります。リサーチ基準を変えたり商品登録を増やすのではなく、代行業者を変えるだけです。

「中国国内送料」が一律制の代行業者と「中国国内送料」が無料の代行業者ならあなたはどちらを選びますか?

 

有在庫の場合

「有在庫」の場合は、「代行手数料」は歩合制のため少し複雑です。

「代行手数料」は(商品代+中国国内送料実費)の7%でした。50元の商品を100点購入し、中国国内送料の実費0元、中国国内送料の代行業者設定値20元だったとします。

  • 代行手数料:350元(={50元*100点}*7%)
  • 真の代行手数料:490元(={50元*100点+20元*100点}*7%)

 

この例の場合、中国国内送料を一律20元で設定している代行業者への支払いは、中国国内送料が実費制(=ほぼ無料)の代行業者に比べ、140元(=490元-350元)多いことがわかります。約2,500円の差をどう考えるかですが、取引金額が多くなればなるほど、あなたの利益へのインパクトは大きくなることはお察しいただけるかと思います。

 

まとめ

まとめ

代行手数料は「有在庫」と「無在庫」とで異なります。「有在庫」は(商品代+中国国内送料)の7%で、「無在庫」は1点につき15元が2021年9月時点での相場です。

なお、「有在庫」と「無在庫」とで手数料が異なる理由は、それぞれのビジネスモデルの違いに起因します。具体的には、「有在庫」に比べ「無在庫」は、受注から発注~検品~梱包の一連の流れにおいて代行業者側での労力が多くかかるためであります。

さらに、代行手数料を比べるときに注意が必要なことは、中国国内送料が「実費制(=ほぼ無料)」か「一律制」かを把握しておくことです。実費制の場合、店舗が指定した送料ですからどうすることもできませんが、一律制の場合、送料無料の店舗であっても代行業者によっては1点あたり一律10元~20元を加算します。

取引件数が増えると、この10~20元の差は非常に大きいです。当社中国輸入代行誠は、中国国内送料は「実費制」を採用しています。もしあなたが利用なされている代行業者様が「一律制」を採用している場合、当社へお切替いただくだけで、大きな利益改善が見込めます!

月額は「無料」で中国国内送料は「実費制」の中国輸入代行誠を検討してみるのはいかがでしょうか?

 

本日もお読みいただき、誠にありがとうございました^^!

追伸.1:中国輸入代行「誠」
中国輸入代行「誠」は、中国での製品手配から検品、国際物流業務に精通した輸入代行業者です。

 月額利用料を払いたくない、検品の不良率を下げたい、ブラウザ上で注文管理したい、スプレッドシードでの管理を止めたい、国際送料を抑えたい、注文~到着までのリードタイムを短くしたい、コミュニケーションを日本語で円滑に行いたい、中国輸入に代行業者が欠かせない今、代行業者選びにお悩みを持つ全ての個人事業家様や法人企業様に中国輸入代行「誠」をオススメします!


追伸.2:コンサル先生を(勝手に^^)ご紹介
中国輸入代行「誠」では、経験と実績が豊富なコンサルティングの先生をご紹介させていただいております。


 詳しくは、先生方のブログ記事をご参照くださいませ。
気になる点やご不明点がございましたら、直接先生方へお尋ねしてみてくださいね!
あなたの人生が変わる出会いがあるかも?しれませんね^^(実際に、「人生が変わりました!」とのお声をいただきます^^;)

※ 先生⇔当社間や当社⇔貴店間、貴店⇔先生間でのキックバックや特別優待は一切設けてございません。純粋な紹介したい気持ちです^^

あなたは今の中国輸入代行業者に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう