中国輸入代行「誠」をオススメする3つの特徴

こんにちは!
じょにです^^

中国輸入の代行業者を選定する際に、みなさんはどのような基準で判断されていますか?

 

わたしは、個人パートナーを含め、さまざまな代行業者を利用させていただき、2017年に中国輸入代行「誠」としてサービスを開始するまでに、幾多の想いがありました。

 

そして、代行業者の立場ではなく現役の物販プレーヤーの立場から、中国輸入代行「誠」を通じ当時の想いを体現させてきました。

 

今回は、そのような想いが詰まった中国輸入代行「誠」の特徴について紹介いたします。

 

1. 初心者から中級者にやさしくわかりやすい料金設定

はじめて代行業者を選定する際、もっとも気になることは料金(手数料)ではありませんか?

 

中国輸入ビジネスが初心者の方ほどその傾向にあります。一方、玄人になりますと、代行業者の料金設定を前提に商品リサーチを行いますから、よほど料金が高くない限り(このあたりの判断が玄人の経験によるものです)、「配送スピード」や「検品精度」、「注文のしやすさ」といった観点から総合的に考えて代行業者を選定する傾向にあります。そして、玄人の方は代行業者との関係においてよほどのことがない限り、代行業者を変えることはありません。つまり、新参の中国輸入代行業者を玄人の方は利用されにくいことになります。(現状の代行業者に満足していれば他社を探す必要はないですしね...)

 

そこで、中国輸入代行「誠」では、「高品質のサービスを適度な価格で」をモットーに、初心者から中級者の方にとってやさしくわかりやすさを念頭に料金設定をしています。

 

他社との違いは、中国国内送料が実費であること

タオバオやアリババなどの店舗から代行業者まで商品を発送する場合にかかる中国国内での送料は、店舗側の設定に依存します。

 

そして、ほとんどの店舗の場合、無料であることが多いです。

 

しかし、ほとんどの輸入業者が、中国国内送料として一律15~20元/点を徴収しています。料金表に記載がなかったり、表記かわかりづらい代行業者もありますので注意して調べてみてください。

 

その点、中国輸入代行「誠」は実費です。つまり、ほとんどの注文が0元なわけですから、中国輸入代行「誠」を利用することで1商品につき15~20元をコストカット(=利益アップ)することが可能になります。

 

交渉でも1点あたり0.何元や1元下がればという中で、中国国内送料で15元/点がコストカットできるのはお客様にとって非常に魅力的ではないでしょうか。(これだけコストカットできれば、玄人の方であっても「誠」を利用する価値は十分にあるかと思います。配送スピードも検品精度も他社には劣っていないですし...)

 

 

2. 注文から日本到着までのリードタイムが短い

注文から到着までのリードタイムが思っていたよりも遅くて困った経験はないでしょうか?

 

遅いと思う感覚は人それぞれですが、特に、国際間の貿易では、双方の国での通関や物流などで国内での取引以上に商品がさまざまな形で中継し、それによりリードタイムも長くなりやすいのも事実です。中国輸入の場合ですと、注文から日本の指定住所へ到着までの流れは、一般的に下記のようになります。

 

注文(お客様) → 発注(代行業者) → 発送(タオバオ店舗や工場など) → 検品・梱包・発送(代行業者) → 中国物流会社 → 中国通関 → 国際発送(飛行機/船) → 日本通関 → 日本物流会社 → 日本の指定住所

 

代行業者ですべての工程をコントロールするのは現実的ではありません。配送スピードにおいて代行業者として改善ができるのは、赤字の部分になります。

 

なぜ注文から到着までの納期が短いのか

中国輸入代行「誠」の考えの根底として、「システムで対応できることはすべてシステム化する」という考えがあるからです。

 

システム化することで、「リアルタイム受注」「リアルタイム決済」「QRコードにより商品仕分け」「スマートフォンによる検品」「パッキングリスト作成の自動化」「宛名ラベル発行の自動化」などが実現できており、人の手がかからない分、料金面でお客様へ還元したり、人的ミスの削減に繋げられています。

 

3. 無在庫直送に対応し、コスパもよいこと

中国輸入における無在庫転売ビジネスは、エンドユーザーより購入があった後にタオバオ等の中国のネットショップで買付を行うため、在庫リスクを持たずに実践できるビジネスであることは間違いございません。そのため、個人輸入の物販ビジネスをこれから始める方にとって、取り組みやすいビジネスモデルであることも事実です。

 

しかし、中国輸入で無在庫転売を行ってみますと、いくつかのハードルがあることに気付くはずです。販売前に発生するいくつかのハードル(例えば、リサーチ精度や商品登録量)をクリアしたあと、いよいよ輸入代行へ注文依頼を行う段階になってからが大変なのです。

 

  • なかなか商品が発送されない・・・
  • 不具合品が多い・・・
  • 違う商品が届いた・・・
  • 同梱されていない・・・、同梱に対応できない・・・

 

代行手数料に詳細検品料金が含まれている!

無在庫の代行手数料の相場は15元です。

 

中国輸入代行「誠」では、この15元に詳細検品料金が含まれています

 

詳細検品とは、簡易検品(「数量」「色」「サイズ」「紙タグ切り」の4項目に加え、「破損」「傷」「汚れ」「色褪せ」「糸切り」が含まれています。

 

これだけの検品項目が込みで15元という価格設定はなかなかお目にかかれないはずです。

 

無在庫もどき?ではなく、無在庫直送に対応している!

無在庫直送をうたっている代行業者は多くありますが、本当の意味でのエンドユーザー直送ができる代行業者は多くありません。

 

  1. 無在庫転送: 代行業者 → お客様の自宅や倉庫 → エンドユーザー
  2. 無在庫直送: 代行業者 → エンドユーザー

 

システム化を推進することで、中国輸入代行「誠」では、エンドユーザー直送に対応できます。(2.の流れ)

 

配送スピードが早い!

代行業者に商品が到着してもすぐに発送されないケースは比較的よくあります。

 

中国輸入代行「誠」では、当日~翌日までに検品・梱包が完了し、通関業者へ引き渡ししています。

 

これもシステム化のたまものです。

 

 

まとめ

今回は3つの特徴としてまとめてみましたが、わたしが実現したいことは他にもあります。

 

たとえば、「日本以外の海外発送」や、「配送業者を選択式にする」、「検品精度を向上」、「商品提案の推進」など書いているだけでもどんどん出てきます。

 

現在、中国輸入代行「誠」をご利用のお客様のご意見を伺いながら、これからも改善を行っていきます。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【ブログランキングに参加しています】


この記事をお読みいただき、
「役に立った!」「参考にしたい!」「応援しています!」など感じていただいた方は、
応援の意味で、下記バナーアイコンをポチっとお願いできませんか。
読者様からのポチが、とても励みになります!
中国輸入代行 
中国輸入代行
あなたは今の輸入代行に満足していますか?

中国輸入代行「誠」のバナー

検品精度や配送スピード、担当とのやり取りに満足ですか?あなたが今一番やらなければならないことは商材選定やスタッフの育成、新規ビジネスの開発ではないでしょうか。
「中国輸入代行 誠」をご利用頂くことで、きっと今あなたがお悩みの問題が解決できるはず。当社には、検品所出身のエキスパートや日本の大手企業出身のSEが多数在籍しております。そして何よりも、いつも「誠」の気持ちで誠意をもってお客様のご要望に耳を傾けております。「できないと言う前にまずはやってみる。」これができるのは「誠」だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事